ビットコイン、6000ドル支持線割れ… イーサリアムも急落中

ビットコイン急落 6000ドル支持線割れ… イーサリアムも下落中

ビットコイン価額が6000ドルを割り込んだ。今月初め、米国証券取引委員会(SEC)が「ビットコイン上場指数ファンド(ETF)」への承認決定を延期した時も「6000ドルが支持線として機能するだろう」という観測が支配的だったが、期待外れの結果になった。

仮想通貨の市場データを提供する仮想通貨情報会社コインマーケットキャップによると、14日11時50分、ビットコイン価額は5996.06ドル(約68万円)で取引されている。前日比で約6%ほど下がった数値だ。

イーサリアムなど時価総額上位のアルトコインもすべて急落の動きを見せている。特に、ビットコインに続いて時価総額2位のイーサリアムは前日比で17.04%も急落した262.47ドルで取引され、今年最安値を記録した。

仮想通貨の急落の原因について専門家らは、ビットコインETFの承認をめぐる投資家らの異様な投資熱気が仮想通貨市場の不確実性を高めていると分析している。

ビットコインETF取引が認可されれば、機関投資家が合法的に仮想通貨市場に参加出来るため、仮想通貨業界は希望を抱いている。しかしビットコインの価格操作を防止する法制度が未だ不十分だとして、米国証券取引委員会はビットコインETFの承認決定を延期している。

info@fnnews.jp

Copyright © The financial news japan. All rights reserved.
ファイナンシャルニュースジャパン

関連記事

ピックアップ記事

  1. 日本の対韓国貿易収支が約1兆8000億円(前年比19.0%減)の黒字を記録したが、欧州の財政危機直後…
  2. 投資銀行ゴールドマン・サックスは、武漢市で発生した新型肺炎が国際原油価格を引き下げるほどの脅威になっ…
  3. 中国湖南省武漢市で発生した新型コロナウイルスの感染者が571人まで増加し、死者も17人となった。この…
  4. 米ネットフリックスが21日(現地時間)、昨年第4四半期の実績を発表した。発表によると、海外の新規会員…
  5. ロシア極東ウラジオストクに輸入された日本製の自動車から基準値を超える放射線が検出され、日本に返送した…

おすすめ記事

  1. Googleの親会社であるアルファベットの時価総額が16日(現地時間)、1兆ドル(約110兆円)を突…
  2. 「火の手から逃れたカンガルーの避難場所となっていたゴルフ場が"死の大地(キリング・フィールド)"にな…
  3. 昨年、韓国と隣国との国際関係は例年以上に多事多難だった。昨年7月の日本の輸出管理厳格化により韓国国内…
  4. イランがイラク西部の米軍基地をミサイルで攻撃したならないか、国際原油価格と安全資産である金の価格が急…
  5. オーストラリア南東部の史上最悪の森林火災で、今まで野生動物5億匹が死んだと推定された。米CNBCによ…
ページ上部へ戻る