「トロン」、LINEの仮想通貨取引所「ビットボックス」に上場

「トロン」、LINEの仮想通貨取引所「ビットボックス」に上場

NAVER系列の株式会社ラインは15日、運営中のグローバル仮想通貨取引所ビットボックス(BITBOX)に新規コインの「トロン(TRON/TRX)」を上場したと発表した。「トロン」は、ビットボックスの開設時点で取引されていた約30種のコイン以外に、初めて上場されたコインとなる。

「トロン」はエンタテイメント産業に特化してデザインされた、ブロックチェーン・プラットホーム基盤のコイン・プロジェクト。ビットボックスはトロン上場について、「審査委員会の厳重かつ徹底的な審議を経て、初のコイン・プロジェクトとして選ばれた」と説明した。

分散型インターネットのためのインフラ整備を目指しているトロンは、今年3月にテストネット、5月にメインネットをそれぞれ成功的にリリースしている。特に6月に独自のネットワークを整った以来、先月にはデータ共有サイトの「ビットトレント(BitTorrent)」を買収するなど、積極的に事業を拡大している。

ライン側は、今回のトロン上場について「取引可能な仮想通貨の種類は多様化し、取引所の拡張を多角化するために決定した」と伝えた。また「取引所への上場を希望する全ての仮想通貨関連プロジェクトに対し同等のチャンスを与える」と強調した。

ビットボックスは今後、トロン以外にも様々なコイン・プロジェクトに関する提案を積極的に反映していく予定で、全てのコイン・プロジェクトについては上場に適しているかを判断するため、内部審査委員会の徹底的な審議を経て選ぶ方針だ。

ライン・テックプラス(LINE Tech Plus)の最高経営責任者(CEO)コ・ヨンス氏は「今回トロンの上場により世界でもっとも早く成長しているブロックチェーン・プロジェクトを紹介することが出来た」とし「トロンは堅固な技術を備えたプラットホームやビットトレントを保有しているため、今回の戦略的パートナーシップでビットボックス利用者らに、よりグレードアップしたサービスを提供することになる」と述べた。

トロンの創設者でCEOのジャスティン・サン氏は「ラインの仮想通貨取引所であるビットボックスの初のプロジェクト・パートナーとして選ばれ、とても嬉しい。業界最高の専門性を発揮し、ラインの安全で効率的な取引所運営に寄与したい」と意欲を示した。

翻訳:尹怡景

info@fnnews.jp

Copyright © The financial news japan. All rights reserved.
ファイナンシャルニュースジャパン

 

関連記事

ピックアップ記事

  1. アンニョンハセヨ。 去年から自粛生活が続くなかで家にいる間に韓国ドラマに、はまった方が多いそうです…
  2. −「アップルと自動運転車の開発協議を進めていない」−現代自動車・KIA・現代モービス、公式に発表−…
  3. 軍部に監禁されたアウンサンスーチー国家顧問 今月1日、クーデターでミャンマー政府を掌握した軍部指導…
  4. - inno.N胃食道逆流疾患新薬ケイキャップ錠、中国許可審査着手- 2015年に中国ロシン(Lu…
  5. イメージはゲームストップの公式Twitterより。 米株式市場で最近、機関投資家らに対抗してゲーム…

おすすめ記事

  1. 趙善玉料理研究院の韓国語料理教室案内 最近、本当に韓国のテレビで料理番組やタレントさん達がいろいろ…
  2. 養子となって僅か10ヶ月、養父母による虐待で死亡したジョンインちゃん(養子縁組後の名前:アン・ユル…
  3. 韓国で初めて猫の新型コロナウイルス感染事例が発生した。写真は本社DB −「人への感染事例は無い」 …
  4. ニューヨーク・タイムズに掲載されたキムチの広告。写真は徐敬德教授が提供。 韓国誠信女子大の徐敬德教…
  5. −年末年始を前に特段の対策が必要−ソウル市、5人以上の集合禁止方針決まる 新型コロナウイルス…
ページ上部へ戻る
Translate »