「トロン」、LINEの仮想通貨取引所「ビットボックス」に上場

「トロン」、LINEの仮想通貨取引所「ビットボックス」に上場

NAVER系列の株式会社ラインは15日、運営中のグローバル仮想通貨取引所ビットボックス(BITBOX)に新規コインの「トロン(TRON/TRX)」を上場したと発表した。「トロン」は、ビットボックスの開設時点で取引されていた約30種のコイン以外に、初めて上場されたコインとなる。

「トロン」はエンタテイメント産業に特化してデザインされた、ブロックチェーン・プラットホーム基盤のコイン・プロジェクト。ビットボックスはトロン上場について、「審査委員会の厳重かつ徹底的な審議を経て、初のコイン・プロジェクトとして選ばれた」と説明した。

分散型インターネットのためのインフラ整備を目指しているトロンは、今年3月にテストネット、5月にメインネットをそれぞれ成功的にリリースしている。特に6月に独自のネットワークを整った以来、先月にはデータ共有サイトの「ビットトレント(BitTorrent)」を買収するなど、積極的に事業を拡大している。

ライン側は、今回のトロン上場について「取引可能な仮想通貨の種類は多様化し、取引所の拡張を多角化するために決定した」と伝えた。また「取引所への上場を希望する全ての仮想通貨関連プロジェクトに対し同等のチャンスを与える」と強調した。

ビットボックスは今後、トロン以外にも様々なコイン・プロジェクトに関する提案を積極的に反映していく予定で、全てのコイン・プロジェクトについては上場に適しているかを判断するため、内部審査委員会の徹底的な審議を経て選ぶ方針だ。

ライン・テックプラス(LINE Tech Plus)の最高経営責任者(CEO)コ・ヨンス氏は「今回トロンの上場により世界でもっとも早く成長しているブロックチェーン・プロジェクトを紹介することが出来た」とし「トロンは堅固な技術を備えたプラットホームやビットトレントを保有しているため、今回の戦略的パートナーシップでビットボックス利用者らに、よりグレードアップしたサービスを提供することになる」と述べた。

トロンの創設者でCEOのジャスティン・サン氏は「ラインの仮想通貨取引所であるビットボックスの初のプロジェクト・パートナーとして選ばれ、とても嬉しい。業界最高の専門性を発揮し、ラインの安全で効率的な取引所運営に寄与したい」と意欲を示した。

翻訳:尹怡景

info@fnnews.jp

Copyright © The financial news japan. All rights reserved.
ファイナンシャルニュースジャパン

 

関連記事

ピックアップ記事

  1. 韓国政府が対北制裁の例外となる観光事業などを進めるとの考えを明らかにした事について、米ホワイトハウス…
  2. 米国と中国の「第1段階の貿易合意」にもかかわらず、貿易をめぐる両国の緊張はまだ終わっていないという意…
  3. イラン司法当局が14日(現地時間)、ウクライナ機の撃墜と関連し、多数の容疑者を逮捕したと発表した。…
  4. 仮想通貨情報サイトのコインマーケットキャップによると、15日午前11時基準でビットコインの価額は過去…
  5. 中国の湖北省武漢市で発生したウイルス性肺炎の感染事例が香港、台湾に続き、タイでも確認されるなど、徐々…

おすすめ記事

  1. 「火の手から逃れたカンガルーの避難場所となっていたゴルフ場が"死の大地(キリング・フィールド)"にな…
  2. 昨年、韓国と隣国との国際関係は例年以上に多事多難だった。昨年7月の日本の輸出管理厳格化により韓国国内…
  3. イランがイラク西部の米軍基地をミサイルで攻撃したならないか、国際原油価格と安全資産である金の価格が急…
  4. オーストラリア南東部の史上最悪の森林火災で、今まで野生動物5億匹が死んだと推定された。米CNBCによ…
  5. 中国政府が湖北省・武漢市で集団発生した原因不明の肺炎について重症急性呼吸器症候群(SARS)ではな…
ページ上部へ戻る