「投資の神様」バフェット氏のポートフォリオは?アップル株5%買い増し

「投資の神様」バフェット氏のポートフォリオは?アップル株5%買い増し 

ウォーレン・バフェットが率いる投資会社バークシャー・ハサウェイは2四半期に「アップル」とイスラエルの製薬会社「テバ・ファーマスーティカル・インダストリーズ」の株式を買い増していたことがわかった。

米証券取引委員会(SEC)によると、バークシャー・ハサウェイが6月時点で保有しているアップル株は2億5200万株で3月末の保有高2億3957万株より5%増えた。テバ株も1四半期の4050万株より6.7%増加した4320万株となった。

バークシャーはITへの投資に消極的だったが、アップルは例外で、去年の上半期に保有高を2倍に増やしてからは積極的な姿勢を見せている。

また、同社は「サウスウェスト航空」と「デルタ航空」の持ち分を増やした。バフェット氏は1989年、USエアウェイズの株に3億5800万ドルを投じたが、数年後に価値が下がり損失を被った。以来、航空会社への投資には慎重な姿勢を見せている。同氏はUSエアウェイズの価値が回復した1998年に株を売却したが、マスコミとのインタビューなどを通じてUSエアウェイズに投資したことを後悔していると明かした。その後、バフェット氏は2016年に4つの航空会社株を買い、それをきっかけに航空会社への投資を再開している。

「金融」関連セクターについては、ゴールドマン・サックスの持ち分を1100万株から1330万株まで買い増したが、ウェルズ・ファーゴの株は450万株を売却した。また米ケーブルテレビ(CATV)大手の「チャーター・コミュニケーションズ」や石油精製・製品販売大手の「フィリップス66」の持ち分は減らした。

一方で、同社は「USバンコープ」のような銀行や「アメリカン航空グループ」「ユナイテッド・コンチネンタル」などの一部の航空会社への投資を減らした。これについては「持ち分比率が10%を超えないように株を一部売却した」と説明している。

翻訳:尹怡景

info@fnnews.jp

Copyright © The financial news japan. All rights reserved.
ファイナンシャルニュースジャパン

 

関連記事

ピックアップ記事

  1. 韓国政府が対北制裁の例外となる観光事業などを進めるとの考えを明らかにした事について、米ホワイトハウス…
  2. 米国と中国の「第1段階の貿易合意」にもかかわらず、貿易をめぐる両国の緊張はまだ終わっていないという意…
  3. イラン司法当局が14日(現地時間)、ウクライナ機の撃墜と関連し、多数の容疑者を逮捕したと発表した。…
  4. 仮想通貨情報サイトのコインマーケットキャップによると、15日午前11時基準でビットコインの価額は過去…
  5. 中国の湖北省武漢市で発生したウイルス性肺炎の感染事例が香港、台湾に続き、タイでも確認されるなど、徐々…

おすすめ記事

  1. 「火の手から逃れたカンガルーの避難場所となっていたゴルフ場が"死の大地(キリング・フィールド)"にな…
  2. 昨年、韓国と隣国との国際関係は例年以上に多事多難だった。昨年7月の日本の輸出管理厳格化により韓国国内…
  3. イランがイラク西部の米軍基地をミサイルで攻撃したならないか、国際原油価格と安全資産である金の価格が急…
  4. オーストラリア南東部の史上最悪の森林火災で、今まで野生動物5億匹が死んだと推定された。米CNBCによ…
  5. 中国政府が湖北省・武漢市で集団発生した原因不明の肺炎について重症急性呼吸器症候群(SARS)ではな…
ページ上部へ戻る