「投資の神様」バフェット氏のポートフォリオは?アップル株5%買い増し

「投資の神様」バフェット氏のポートフォリオは?アップル株5%買い増し 

ウォーレン・バフェットが率いる投資会社バークシャー・ハサウェイは2四半期に「アップル」とイスラエルの製薬会社「テバ・ファーマスーティカル・インダストリーズ」の株式を買い増していたことがわかった。

米証券取引委員会(SEC)によると、バークシャー・ハサウェイが6月時点で保有しているアップル株は2億5200万株で3月末の保有高2億3957万株より5%増えた。テバ株も1四半期の4050万株より6.7%増加した4320万株となった。

バークシャーはITへの投資に消極的だったが、アップルは例外で、去年の上半期に保有高を2倍に増やしてからは積極的な姿勢を見せている。

また、同社は「サウスウェスト航空」と「デルタ航空」の持ち分を増やした。バフェット氏は1989年、USエアウェイズの株に3億5800万ドルを投じたが、数年後に価値が下がり損失を被った。以来、航空会社への投資には慎重な姿勢を見せている。同氏はUSエアウェイズの価値が回復した1998年に株を売却したが、マスコミとのインタビューなどを通じてUSエアウェイズに投資したことを後悔していると明かした。その後、バフェット氏は2016年に4つの航空会社株を買い、それをきっかけに航空会社への投資を再開している。

「金融」関連セクターについては、ゴールドマン・サックスの持ち分を1100万株から1330万株まで買い増したが、ウェルズ・ファーゴの株は450万株を売却した。また米ケーブルテレビ(CATV)大手の「チャーター・コミュニケーションズ」や石油精製・製品販売大手の「フィリップス66」の持ち分は減らした。

一方で、同社は「USバンコープ」のような銀行や「アメリカン航空グループ」「ユナイテッド・コンチネンタル」などの一部の航空会社への投資を減らした。これについては「持ち分比率が10%を超えないように株を一部売却した」と説明している。

翻訳:尹怡景

info@fnnews.jp

Copyright © The financial news japan. All rights reserved.
ファイナンシャルニュースジャパン

 

関連記事

ピックアップ記事

  1. 韓国の鄭景斗(チョン・ギョンドゥ)国防部長官は22日、北朝鮮の金与正(キム・ヨジョン)朝鮮労働党第…
  2. トランプ米大統領は3ヵ月ぶりに開催した支持者集会が興行に失敗すると、激怒した。 21日(現地時間)…
  3. ジョン・ボルトン元・米国国家安全保障問題担当大統領補佐官の回顧録の内容が更に公開され、トランプ政権の…
  4. サーモンが新型コロナウイルスの感染源だという濡れ衣を晴らした。ノルウェーと中国の両国は、サーモンは新…
  5. 安価で広く使われている抗炎症治療剤「デキサメタゾン」が、新型コロナウイリスの治療剤として急浮上した。…

おすすめ記事

  1. 北朝鮮から脱北し韓国で国会議員に当選した池成浩(チ・ソンホ)議員は4日、「北朝鮮住民の知る権利も保障…
  2. 令和2年5月27日時点で日本政府と自治体が実施している支援金・給付金制度をまとめました。実施予定の…
  3. 韓国で新型コロナウイルス感染拡大防止のための自宅隔離命令に従わなかった日本人男性が拘束された。外国人…
  4. 韓国でデジタル性犯罪処罰を強化する関連法改正案が19日から施行された。今後、違法なアダルト動画を単純…
  5. 今月、米国の野球ファンの間でのホットイシューは、夜中に中継される韓国プロ野球KBOリーグだった。米国…
ページ上部へ戻る
Translate »