「投資の神様」バフェット氏のポートフォリオは?アップル株5%買い増し

「投資の神様」バフェット氏のポートフォリオは?アップル株5%買い増し 

ウォーレン・バフェットが率いる投資会社バークシャー・ハサウェイは2四半期に「アップル」とイスラエルの製薬会社「テバ・ファーマスーティカル・インダストリーズ」の株式を買い増していたことがわかった。

米証券取引委員会(SEC)によると、バークシャー・ハサウェイが6月時点で保有しているアップル株は2億5200万株で3月末の保有高2億3957万株より5%増えた。テバ株も1四半期の4050万株より6.7%増加した4320万株となった。

バークシャーはITへの投資に消極的だったが、アップルは例外で、去年の上半期に保有高を2倍に増やしてからは積極的な姿勢を見せている。

また、同社は「サウスウェスト航空」と「デルタ航空」の持ち分を増やした。バフェット氏は1989年、USエアウェイズの株に3億5800万ドルを投じたが、数年後に価値が下がり損失を被った。以来、航空会社への投資には慎重な姿勢を見せている。同氏はUSエアウェイズの価値が回復した1998年に株を売却したが、マスコミとのインタビューなどを通じてUSエアウェイズに投資したことを後悔していると明かした。その後、バフェット氏は2016年に4つの航空会社株を買い、それをきっかけに航空会社への投資を再開している。

「金融」関連セクターについては、ゴールドマン・サックスの持ち分を1100万株から1330万株まで買い増したが、ウェルズ・ファーゴの株は450万株を売却した。また米ケーブルテレビ(CATV)大手の「チャーター・コミュニケーションズ」や石油精製・製品販売大手の「フィリップス66」の持ち分は減らした。

一方で、同社は「USバンコープ」のような銀行や「アメリカン航空グループ」「ユナイテッド・コンチネンタル」などの一部の航空会社への投資を減らした。これについては「持ち分比率が10%を超えないように株を一部売却した」と説明している。

翻訳:尹怡景

info@fnnews.jp

Copyright © The financial news japan. All rights reserved.
ファイナンシャルニュースジャパン

 

関連記事

ピックアップ記事

  1. -日本最大500以上の企業が出展- (社)済州経済通商振興院東京通商代表部(所長:崔滄勳)は、日本…
  2. 北朝鮮の金正恩国務委員長の妹であり北朝鮮のナンバー2としても知られる金与正氏が朝鮮労働党中央委員会…
  3. 韓国の生活水準を表す昨年の1人あたりの国民総所得(GNI)がG7(主要先進国)構成国家のイタリアを…
  4. 米テスラのCEO(最高経営者)イーロン·マスク氏が世界最高の富豪となった。世界最高の富豪順位が変わ…
  5. −英国、1日で約6万人の感染者−ジョンソン首相「絶望的…怖い」−ワクチンが無用の長物となる危機−ド…

おすすめ記事

  1. −年末年始を前に特段の対策が必要−ソウル市、5人以上の集合禁止方針決まる 新型コロナウイルス…
  2. 米国の新型コロナウイルス感染症による1日の死亡者数が過去最悪のテロ事件に上げられる911テロの犠牲…
  3. 済州経済通商振興院東京通商代表部(所長:崔 滄勳)は、11月16日から日本最大の韓流通りである東京…
  4. 韓国のモバイルラーニングシステム開発会社Newin Inc.が日本法人として「株式会社Newin J…
  5. 韓国の中古品売買サイト「ニンジンマーケット」で問題となった出品のキャプチャ ‐該当出品は現在削除、…
ページ上部へ戻る
Translate »