ボルボ、年内上場推進…300億ドル規模?

ボルボ、年内上場推進…300億ドル規模?

スウェーデンの自動車大手ボルボ・カーズが今年中に新規株式公開(IPO)を推進すると伝えられた。ボルボはIPO で300億ドル(約3.4兆円)の評価を得られると期待している。

英紙フィナンシャル・タイムズによると、ボルボは当初の計画通り年内に新規株式公開を実施する。まずは本拠地のスウェーデン・ストックホルムで上場した後、アジアの金融都市で2次上場を行う計画で、報道などによると、香港が有力視されている。

ブルームバーグの分析では、予想上場規模が120億〜180億ドルと市場の予想を下回った。しかし、ボルボの筆頭株主で中国自動車大手の浙江吉利控股集団(吉利集団)は300億ドルが保証されない限り、ボルボを上場しない方針で、ボルボと協議を進めているという。多くのアナリストは、このような評価額が過度に高いと指摘しているが、ボルボの未来成長は明るいとして〝無理ではない数字"と評価する声もある。

ボルボは中長期計画を通じて、2020年代半ばまでに売上高を現在の2倍に、収益は50%増やすことを目標にしている。このために内燃機関車の生産を中断し、2025年まで電気自動車の販売高を50%以上に増やす計画だ。また自社車両の約70%は完全自動運転技術を搭載する方針。

ボルボは昨年に車両共有メーカーUber(ウーバー)と2万4000台の販売契約を締結し、今後の企業価値上昇のための基盤を固めた。また、親会社吉利集団が中国企業であるため、世界最大の自動車市場である中国進出にも利点を持っている。

info@fnnews.jp

Copyright © The financial news japan. All rights reserved.
ファイナンシャルニュースジャパン

関連記事

ピックアップ記事

  1. ‐ビットコイン、1万6000ドル台まで下落‐大口投資家による大量売却の可能性も‐OKEx出金再開で…
  2. 価格上昇が続く仮想通貨ビットコイン(BTC)は現地時間24日、1万9000ドルを突破した。コインデ…
  3. 韓国ではすでに約25万人のユーザーが使用しているモバイルラーニングソリューション「タッチクラス」が日…
  4. 仮想通貨ビットコイン(BTC)が留まる事無く上昇を続けている。現地時間16日以降は1日に1000ド…
  5. 米モデルナの新型コロナワクチンが現地時間16日、ニューヨーク株式市場を再び史上最高値に引き上げた。…

おすすめ記事

  1. 済州経済通商振興院東京通商代表部(所長:崔 滄勳)は、11月16日から日本最大の韓流通りである東京…
  2. 韓国のモバイルラーニングシステム開発会社Newin Inc.が日本法人として「株式会社Newin J…
  3. 世界で新型コロナウイルス感染症による死亡者はこれまで約100万人。世界各国が防疫に力を入れているが、…
  4. 済州経済通商振興院(院長:文寬永)がコロナ19によるパンデミック(世界的大流行)の中でも、オンライ…
  5. 韓国の昨年の出生数が最低水準の30万人台序盤に下がった事で、合計出生率も0.92人まで下落した。この…
ページ上部へ戻る
Translate »