米テスラ、コロナ禍でも黒字達成

米国のEV車メーカー、テスラが新型コロナウイルス感染拡大の状況下でも第1四半期の黒字を達成した。

金融情報サイトのマーケットウォッチなどによると現地時間29日、テスラはこの日、第1四半期の売上高が59億8500万ドル(約6414億円)と、前年同期の45億4100万ドルから32%の増加となった事を発表した。

営業利益は2億8300万ドル(約303億円)。前年同期は5億2200万ドルの営業損失を記録していた。

純利益は1600万ドル(約17億円)で3四半期連続の黒字となった。ひと株あたりの純利益は9セント(約10円)。

ただし黒字額の規模は1600万ドルで、前年度第3四半期の4300万ドル、第4四半期の1億500万ドルから大幅に縮小している。

テスラは四半期末の車両引き渡しが困難になった事が収益に悪影響を与えたとの説明。

テスラは第1四半期に8万8500台を引き渡し、10万3000台を生産している。生産車両の85%は「モデル3」と「モデルY」。

テスラはこの日、「今年、50万台の車両を納品出来る能力を持っている」としながら、「新型コロナウイルスの規制により組立工場と部品の需給がいつ正常化するか、予測する事は難しい」と明かしている。

テスラは一部車両の引き渡しが来年に持ち越される可能性もあるとのコメントも残している。

テスラは今年2月、中国上海にある組立工場の稼働を2週間停止した。米国のフリーモント工場も先月25日から閉鎖している。ネバダ州とニューヨーク州にあるバッテリー工場も同様に稼働を停止した状態だ。

米国メディアはテスラが市場の展望を上回るサプライズ業績を上げたと評価している。

ただし工場稼働停止の影響が第2四半期には反映されるとの見方だ。

翻訳:水野卓
Copyright ©The financialnewsjapan. All rights reserved.
ファイナンシャルニュースジャパン

関連記事

ピックアップ記事

  1. 韓国政府が今年6月まで仮想通貨取引を集中的に取り締まる。韓国金融委員会は仮想通貨の出金モニタリング…
  2. 写真は総理官邸ホームページから 米国のジョー・バイデン大統領は今月16日に米国で開かれる、日本の菅…
  3. 主要産油国が新型コロナウイルス感染症の世界的な流行解消と大々的な景気反騰に備え、今後3ヶ月の間に原…
  4. ―韓国疾病庁、予定より3ヶ月前倒しで実用化―丁世均首相「海外でも使える様に推進」 韓国版のブロック…
  5. 「美容大国」である韓国独自の特殊化粧品技術とビューティー商品を日本に紹介している株式会社TEISH…

おすすめ記事

  1. 年初から半導体不足への対応を強調してきた米国政府が今月、主な半導体及び自動車業界関係者を招請し、こ…
  2. ―先月、韓国最高裁「有罪」趣旨、控訴審破棄差し戻し―日常的な服装の撮影にも性暴力処罰法適用―同意得…
  3. −新韓金融投資「CBDCが描く貨幣の未来」報告書−「取引手段としては縮小…価値を貯蔵する手段として…
  4. 東京渋谷に位置する有名デパートであるマルイで「KOREA PARK」イベントが2月23日~3月28…
  5. 私たち人類を苦しめた2020年が終わり、約1年経過した新型コロナウイルスが、未だに私たちを脅かして…
ページ上部へ戻る
Translate »