米テスラ、コロナ禍でも黒字達成

米国のEV車メーカー、テスラが新型コロナウイルス感染拡大の状況下でも第1四半期の黒字を達成した。

金融情報サイトのマーケットウォッチなどによると現地時間29日、テスラはこの日、第1四半期の売上高が59億8500万ドル(約6414億円)と、前年同期の45億4100万ドルから32%の増加となった事を発表した。

営業利益は2億8300万ドル(約303億円)。前年同期は5億2200万ドルの営業損失を記録していた。

純利益は1600万ドル(約17億円)で3四半期連続の黒字となった。ひと株あたりの純利益は9セント(約10円)。

ただし黒字額の規模は1600万ドルで、前年度第3四半期の4300万ドル、第4四半期の1億500万ドルから大幅に縮小している。

テスラは四半期末の車両引き渡しが困難になった事が収益に悪影響を与えたとの説明。

テスラは第1四半期に8万8500台を引き渡し、10万3000台を生産している。生産車両の85%は「モデル3」と「モデルY」。

テスラはこの日、「今年、50万台の車両を納品出来る能力を持っている」としながら、「新型コロナウイルスの規制により組立工場と部品の需給がいつ正常化するか、予測する事は難しい」と明かしている。

テスラは一部車両の引き渡しが来年に持ち越される可能性もあるとのコメントも残している。

テスラは今年2月、中国上海にある組立工場の稼働を2週間停止した。米国のフリーモント工場も先月25日から閉鎖している。ネバダ州とニューヨーク州にあるバッテリー工場も同様に稼働を停止した状態だ。

米国メディアはテスラが市場の展望を上回るサプライズ業績を上げたと評価している。

ただし工場稼働停止の影響が第2四半期には反映されるとの見方だ。

翻訳:水野卓
Copyright ©The financialnewsjapan. All rights reserved.
ファイナンシャルニュースジャパン

関連記事

ピックアップ記事

  1. 11月11日午前、ソウルにある汝矣島漢江公園のムルビッステージで「都市、空を開く」との副題で開かれ…
  2. ‐2018年1月以来の1万5000ドル超え‐コロナ禍に米大統領選の不確実性加わり‐大統領選不服によ…
  3. 写真はトランプ氏のツイッタ 大統領選主要地域での勝利、不正開票などを主張したドナルド・トランプ米国…
  4. ティーウェイ航空は日韓線の再開を記念し、成田、関西発着の仁川線で「Tway FREE wayキャンペ…
  5. グローバル決済大手「ペイパル」が来年、グローバル市場を対象に仮想資産サービスを開始する一方、現在1…

おすすめ記事

  1. -コロナ19状況下、オフラインからオンラインマーケティングにシフト 済州経済通商振興院東京通商代表…
  2. 世界で新型コロナウイルス感染症による死亡者はこれまで約100万人。世界各国が防疫に力を入れているが、…
  3. 済州経済通商振興院(院長:文寬永)がコロナ19によるパンデミック(世界的大流行)の中でも、オンライ…
  4. 韓国の昨年の出生数が最低水準の30万人台序盤に下がった事で、合計出生率も0.92人まで下落した。この…
  5. −S&P500、ダウ平均株価も上昇で終了−アップル時価総額2兆ドル、テスラ株2000ドル突…
ページ上部へ戻る
Translate »