米ホワイトハウス、一歩遅れて「全職員のマスク着用」義務化

米国ホワイトハウスが11日(現地時間)、すべての職員にマスクの着用が義務付けられる指示を下した。最近トランプ大統領の側近2人が相次いで新型コロナウイリスの感染が確定したからだ。

CNNなど米メディアによると、ホワイトハウスは同日、ウェストウィング(大統領執務棟)に出入りするすべての人はマスクを着用しなければならないという内容のガイドラインを配布した。また、参謀陣は自分の机で作業する場合を除いて、常にマスクを使わなければならない。

トランプ大統領とホワイトハウスの最高位参謀らがカメラの前でマスクを着用することをこれまで控えていたという点を考慮すると、注目に値する決定。これまでトランプ大統領は、自分は健康だという理由で、マスクを着用していなかった。新柄コロナと関連する記者会見などでもマスクを一度も着用していなかった。

しかし、先週トランプ大統領を密着補佐する派遣軍人とペンス副大統領のスポークスマンが最近相次いで感染確定判定を受け、ホワイトハウスに赤信号が灯った。ただし、今回のガイドラインは、トランプ大統領は適用されないことが分かった。

特にペンス副大統領は側近が確定判定を受けたにもかかわらず、マスクを着用しないまま出勤を強行する姿が捉えられ批判の声が上がっている。

Copyright ©The financialnewsjapan. All rights reserved.

関連記事

ピックアップ記事

  1. 韓国政府が日本の輸出規制強化措置について、世界貿易機関(WTO)に提訴する手続きを再開すると発表した…
  2. 新型コロナウイリスの影響でしばらくドアを閉めて最近営業を再開したばかりの米アップルストア。しかし米全…
  3. 新型コロナウイリスの世界的大流行(ファンデミク)が5ヶ月以上続いているなか、全世界の感染者数が600…
  4. 民間宇宙旅行時代の幕が上がった。米国の宇宙企業スペースXが現地時間5月30日に初の有人宇宙船発射に成…
  5. 米国電気自動車メーカー「テスラ」の最高経営責任者(CEO)イーロン・マスク氏が800億円を超える成果…

おすすめ記事

  1. 令和2年5月27日時点で日本政府と自治体が実施している支援金・給付金制度をまとめました。実施予定の…
  2. 韓国で新型コロナウイルス感染拡大防止のための自宅隔離命令に従わなかった日本人男性が拘束された。外国人…
  3. 韓国でデジタル性犯罪処罰を強化する関連法改正案が19日から施行された。今後、違法なアダルト動画を単純…
  4. 今月、米国の野球ファンの間でのホットイシューは、夜中に中継される韓国プロ野球KBOリーグだった。米国…
  5. 韓国の産業通商資源部は12日、日本の対韓国輸出規制強化措置について「我々は日本が提起した事由を全て解…
ページ上部へ戻る
Translate »