朝鮮半島で大規模地震の可能性か…海外メディアが報じる

写真は韓国気象庁から

最近、朝鮮半島で小規模な地震が多発している事で、韓国の地震の専門家らが大型地震発生の可能性を警告していると、ドイツ国営メディアのドイチェ・ヴェレ(DW)が現地時間20日、報じた。

DWは、朝鮮半島は地震活動が活発な「環太平洋火山帯」に含まれてはいないものの、小さな規模の地震が最近2度発生した事で、地震の専門家らが地殻運動により今後地震が増える可能性を調査中だと報じた。

朝鮮半島にマグニチュード2.0の地震が発生したのは、2014年12月以降で初めての事。韓国気象庁によると今月14日、朝鮮半島では今年だけでも今月13日までにマグニチュード2.0以上の地震が計27回発生している。

今月だけでも11日に北朝鮮の江原道平康から北北西に32km離れた場所でマグニチュード3.8の地震が発生したのに続き、13日には朝鮮半島の南部である全羅北道完州郡の北東27kmの地点でマグニチュード2.8の地震が起きている。

平康での地震はソウルや京畿道地域でも揺れが感じられるものだった。

地震専門家らは、南部の全羅南道地域だけで4月26日以降に400回を超す微震が発生している事にも注目している。延世大学校地球システム科学科のホン・テギョン教授はDWとのインタビューで「全羅南道地域で短期間に地震活動が増加しており、特に地下深くで発生している事が特異」だと話した。通常朝鮮半島での地震は主に地下10km付近で発生するが、最近では20km深い場所で起きているという。

ホン教授は「最近の地震の原因は更なる研究が必要だ」と、「個人的な意見としては、2011年の日本の東日本大震災による影響で起きていると考えている」とも話している。

翻訳:水野卓
Copyright ©The financialnewsjapan. All rights reserved.

関連記事

ピックアップ記事

  1. 韓国政府が日本の輸出規制強化措置について、世界貿易機関(WTO)に提訴する手続きを再開すると発表した…
  2. 新型コロナウイリスの影響でしばらくドアを閉めて最近営業を再開したばかりの米アップルストア。しかし米全…
  3. 新型コロナウイリスの世界的大流行(ファンデミク)が5ヶ月以上続いているなか、全世界の感染者数が600…
  4. 民間宇宙旅行時代の幕が上がった。米国の宇宙企業スペースXが現地時間5月30日に初の有人宇宙船発射に成…
  5. 米国電気自動車メーカー「テスラ」の最高経営責任者(CEO)イーロン・マスク氏が800億円を超える成果…

おすすめ記事

  1. 令和2年5月27日時点で日本政府と自治体が実施している支援金・給付金制度をまとめました。実施予定の…
  2. 韓国で新型コロナウイルス感染拡大防止のための自宅隔離命令に従わなかった日本人男性が拘束された。外国人…
  3. 韓国でデジタル性犯罪処罰を強化する関連法改正案が19日から施行された。今後、違法なアダルト動画を単純…
  4. 今月、米国の野球ファンの間でのホットイシューは、夜中に中継される韓国プロ野球KBOリーグだった。米国…
  5. 韓国の産業通商資源部は12日、日本の対韓国輸出規制強化措置について「我々は日本が提起した事由を全て解…
ページ上部へ戻る
Translate »