米アップル、再び店を閉鎖…「黒人死亡」でデモ激化

新型コロナウイリスの影響でしばらくドアを閉めて最近営業を再開したばかりの米アップルストア。しかし米全域で人種差別デモが激しくなったことをうけ、再び店の閉鎖を決定した。

現地メディアによると、アップルは5月31日(現地時間)に声明を発表し、「多数の店舗を閉鎖することを決めた」と明らかにした。

新型コロナの感染拡大によって今年3月、米国内の全店舗を閉鎖したアップルは先月26日、100以上の店舗で営業を再開した。アップルは米全域で271店舗を運営している。そのうち130店舗が部分的に運営を正常化した。しかし今回のデモ拡散で、複数の店舗の窓ガラスが割れたり、製品が盗まれた被害が続出したという。

一方、先月25日に米ミネソタ州・ミネアポリスで白人警察官が黒人男性を逮捕する過程で、膝で首を押さえつけ男性が死亡する事件が起きた。同事件をきっかけに米全域で激しい抗議デモが行われている。デモは放火、略奪などの犯罪につながり、アップルストアだけでなく、ホールフード、ウォルマートなどの大型マートチェーンも多数の店舗を暫定閉鎖することにした。

Copyright ©The financialnewsjapan. All rights reserved.

関連記事

ピックアップ記事

  1. 日韓関係が冷え込む中、第3次、第4次とも言われる韓流ブームを盛り上げる動きが本格化している。…
  2. 米国のドナルド・トランプ大統領が日本の菅義偉新首相に対し、就任を祝福するツイートを投稿した。…
  3. 前マイクロソフト共同創業者のビル・ゲイツ氏が、来年夏までに世界の全ての国が新型コロナウイルスのワク…
  4. - コロナ渦の中でも輸出の道を積極開拓- 現地大型流通網、SNS品評会、ユーチューバーを活用した輸…
  5. 世界保健機関(WHO)は13日(現地時間)、新型コロナウイリス新規患者が19日、全世界で30万79…

おすすめ記事

  1. 済州経済通商振興院(院長:文寬永)がコロナ19によるパンデミック(世界的大流行)の中でも、オンライ…
  2. 韓国の昨年の出生数が最低水準の30万人台序盤に下がった事で、合計出生率も0.92人まで下落した。この…
  3. −S&P500、ダウ平均株価も上昇で終了−アップル時価総額2兆ドル、テスラ株2000ドル突…
  4. 米国のドナルド・トランプ大統領がマスクをするのが「愛国」だとツイートし、マスク着用推進に動いた。…
  5. 世界の新型コロナウイルスの累積感染者数が1000万人を超え、感染再拡大の恐怖が現実化している。ワクチ…
ページ上部へ戻る
Translate »