電気車のワイヤレス充電、早ければ22年に商用化へ

2022年には電気車のワイヤレス充電が大衆化されると予想されている。

経済専門放送CNBC8(現地時間)「現在、複数のスタートアップ(創業初期企業)と大学が、電気自動車や消費者向け次世代ワイヤレス充電技術を開発している」とし、「22年になれば、駐車の状態で電線無しに車に電力を充電できるようになる」と報じた。

これまでの無線充電は一定の距離を要求しているが、今年4月にスタンフォード大学が公開した技術では、腕の長さ程度の距離でも無線充電が可能であることが確認された。

スタンフォード大学の研究チームは、「かつては送信機から送る電力のうち、約10%のみが伝達されたが、新技術では60センチ離れた距離で10Wを送ると、92%伝達された」と説明した。

また、別のワイヤレス充電技術開発会社であるワイトライシティのグルゼン最高経営者(CEO)は、「技術開発は長くて険しい」としながらも、「電気車のワイヤレス充電技術は商用化できる」と明らかにした。

国は先月、同社が開発した充電用磁気コイルを全国ワイヤレス充電標準に採択した。グルゼンCEO説明によると、この技術で電気スポーツカーやスポーツ·ユーティリティ·ビークル(SUV)などを1.2-3メートルの距離からも無線で充電できるという。

一方、ワイヤレス充電の国際標準化作業も進められている。CNBCによると、今後同分野の市場規模は年間30%成長し、25年には市場規模が270億ドルに拡大する。

Copyright ©The financialnewsjapan. All rights reserved

関連記事

ピックアップ記事

  1. 世界保健機関(WHO)は13日(現地時間)、新型コロナウイリス新規患者が19日、全世界で30万79…
  2. 孫正義会長率いるソフトバンクグループ(SBG)が半導体企業アームを米エヌビディアに売却する。…
  3. 北朝鮮の金正恩国務委員長が米国のドナルド・トランプ大統領に送った親書で、2人の友情を「魔法の力」と表…
  4. ソウルなどの首都圏地域を対象にした韓国政府のソーシャルディスタンス強化措置が更に延長される事となり、…
  5. ビットコイン(BTC)が1日で700ドルも急落した。特に今回の急落の背景として、韓国最大の仮想資産取…

おすすめ記事

  1. 済州経済通商振興院(院長:文寬永)がコロナ19によるパンデミック(世界的大流行)の中でも、オンライ…
  2. 韓国の昨年の出生数が最低水準の30万人台序盤に下がった事で、合計出生率も0.92人まで下落した。この…
  3. −S&P500、ダウ平均株価も上昇で終了−アップル時価総額2兆ドル、テスラ株2000ドル突…
  4. 米国のドナルド・トランプ大統領がマスクをするのが「愛国」だとツイートし、マスク着用推進に動いた。…
  5. 世界の新型コロナウイルスの累積感染者数が1000万人を超え、感染再拡大の恐怖が現実化している。ワクチ…
ページ上部へ戻る
Translate »