新しいK-FOODが新大久保に登場…「鉄板焼き味在(あぜ)」が披露する韓国の味は?

様々な韓国料理店が軒を連ね、K-FOODの聖地と呼ばれる東京・新大久保に今までになかった新しい韓国の味を披露するレストランが登場し関心を集めている。

6月8日にオープンした「鉄板焼き 味在(あぜ)」で人気を得ているメニューは、サムギョブサルと豚カルビ。すでに多くのお店で扱っている定番のメニューだが、味在(あぜ)では韓国でも珍しい“釜蓋”を積極的に活用した「釜蓋サムギョブサル」と「釜蓋豚カルビ」を披露し、客を魅了している。

また今では日本でも定着したトッポッキを日本人の口に合うよう新たに開発した「オマカセトッポキ」と「鉄板白スンデ」で、新大久保に訪問している日本の若い世代から支持を得ている。他にも「サントミ水カルビ」、「コチュジャン豚ブルゴギ」、「サントミカムジャタン」など本場の味に忠実なメニューを用意し、すでに新大久保の新しいグルメという評価を得ている。

鉄板焼き 味在(あぜ)の尹・賢星(ユン・ヒョンソン)社長は「日本ではなかなか接することのできない韓国本場の食スタイル。味にも徹底してお客の五感を満足させていきたい」と抱負を明らかにした。

「 鉄板焼き 味在(あぜ)」
東京都新宿区百人町1-24-10-1階
03-5358-9252
https://www.instagram.com/aje20204/

Copyright ©The financialnewsjapan. All rights reserved.

関連記事

ピックアップ記事

  1. 価格上昇が続く仮想通貨ビットコイン(BTC)は現地時間24日、1万9000ドルを突破した。コインデ…
  2. 仮想通貨ビットコイン(BTC)が留まる事無く上昇を続けている。現地時間16日以降は1日に1000ド…
  3. 米モデルナの新型コロナワクチンが現地時間16日、ニューヨーク株式市場を再び史上最高値に引き上げた。…
  4. 韓国で13日より室内公共施設などでマスクを着用しなかった場合、10万ウォン(約9400円)の過料が…
  5. 11月11日午前、ソウルにある汝矣島漢江公園のムルビッステージで「都市、空を開く」との副題で開かれ…

おすすめ記事

  1. 済州経済通商振興院東京通商代表部(所長:崔 滄勳)は、11月16日から日本最大の韓流通りである東京…
  2. 韓国のモバイルラーニングシステム開発会社Newin Inc.が日本法人として「株式会社Newin J…
  3. 世界で新型コロナウイルス感染症による死亡者はこれまで約100万人。世界各国が防疫に力を入れているが、…
  4. 済州経済通商振興院(院長:文寬永)がコロナ19によるパンデミック(世界的大流行)の中でも、オンライ…
  5. 韓国の昨年の出生数が最低水準の30万人台序盤に下がった事で、合計出生率も0.92人まで下落した。この…
ページ上部へ戻る
Translate »