ニューヨーク株式市場、新型コロナ第2波憂慮で暴落

ニューヨーク株式市場は現地時間11日、新型コロナウイルス感染拡大の第2波への憂慮から暴落した。ダウ平均株価指数は1800ポイント下落し、今年3月以降の1日の下げ幅として最大を記録した。

前日10000ポイントを突破し、過去最高値を記録していたナスダック指数は5.3%、市況を最も反映すると言われるS&P500数は5.9%下落し、今年316以降で最悪の1日となった。

ヨーロッパの株式市場も同様で、ヨーロッパの市況を反映するストックス欧州600数は4.1%の急落となっている。

ウォール街の「恐怖指数」と呼ばれるCBOE(シカゴ・オプション取引所)のVIX数はこの日、14ポイント上がり、41ポイントにまで上昇している。これは今年3月以降の1日基準で最大の上げ幅。

この日の株価を引き下げた背景のひとつとして、米国の新型コロナウイルス感染拡大の第2波が上げられる。

一番始めに経済活動を再開したテキサス州と隣接するアリゾナ州をはじめ、カリフォルニア州など米国の西南部一帯で新型コロナウイルスの感染者数が増加、入院患者数は3日連続で最高値を記録しているとのニュースが投資家心理を冷え込ませた。

AP通信によると、米50州のうち、約半分の州で新型コロナウイルスの感染者数が増加している。

アリゾナ州は各病院に対し、最悪に備えるように求め、テキサス州の新型コロナウイルス感染症の入院患者数は過去最多となっている。ノースカロライナ州は学校や企業の再開を再検討する事も考慮している。

アリゾナ州は新型コロナウイルス感染者増加の新たな拠点となっており、カリフォルニア州でも感染者数が急増している。

アラスカ、アリゾナ、アーカンソー、カリフォルニア、ケンタッキー、ミシシッピ、モンタナ、ノースカロライナ、オレゴン、サウスカロライナ、テキサス、ユタなど、12の州で新型コロナウイルス感染症の入院患者数が増加している。

翻訳:水野卓

Copyright ©The financialnewsjapan. All rights reserved

関連記事

ピックアップ記事

  1. アンニョンハセヨ。 去年から自粛生活が続くなかで家にいる間に韓国ドラマに、はまった方が多いそうです…
  2. −24時間で約100万円下落−ビットコインの変動性に対する憂慮発言相次ぐ ビットコイン(BTC)が…
  3. −「アップルと自動運転車の開発協議を進めていない」−現代自動車・KIA・現代モービス、公式に発表−…
  4. 軍部に監禁されたアウンサンスーチー国家顧問 今月1日、クーデターでミャンマー政府を掌握した軍部指導…
  5. - inno.N胃食道逆流疾患新薬ケイキャップ錠、中国許可審査着手- 2015年に中国ロシン(Lu…

おすすめ記事

  1. 私たち人類を苦しめた2020年が終わり、約1年経過した新型コロナウイルスが、未だに私たちを脅かして…
  2. 趙善玉料理研究院の韓国語料理教室案内 最近、本当に韓国のテレビで料理番組やタレントさん達がいろいろ…
  3. 養子となって僅か10ヶ月、養父母による虐待で死亡したジョンインちゃん(養子縁組後の名前:アン・ユル…
  4. 韓国で初めて猫の新型コロナウイルス感染事例が発生した。写真は本社DB −「人への感染事例は無い」 …
  5. ニューヨーク・タイムズに掲載されたキムチの広告。写真は徐敬德教授が提供。 韓国誠信女子大の徐敬德教…
ページ上部へ戻る
Translate »