北朝鮮、韓国との軍事合意破棄も示唆… 金剛山・開城工業団地に軍部隊展開か

北朝鮮軍総参謀部は17日、金剛山観光地区と開城工業団地に連隊級部隊と火力区分隊を展開し、軍事境界線地域での軍事訓練を再開すると明らかにした。

これにより今月16日に言及していた「北南合意により非武装化された地域への進出」の意味が明白になり、9.19南北軍事合意を守らないという北朝鮮当局の意志もはっきりした。

北朝鮮軍総参謀部はこの日、朝鮮中央通信を通じて公開した「代弁人発表」で、「北南(南北)軍事合意により非武装地帯から撤収していた監視哨所などを再び進出、展開し、前線警戒勤務を鉄桶のごとく強化する」と話した。

また「共和国の主権が行使される金剛山観光地区と開城工業団地に、この地域防御任務を遂行する連隊級部隊と必要な火力区分隊を展開する事になるだろう」とも話している。

更に「この様な対敵軍事行動計画を更に細部化し、早期の内に党中央軍事委員会の批准に提起する」と話した。

北朝鮮は前日となる16日、開城にある南北共同連絡事務所を一方的に爆破し、朝鮮半島の緊張を高めた。北朝鮮に融和的だった韓国政府も今回の事態に対しては強硬な対北対応を取る事を明らかにしている。

翻訳:水野卓
Copyright ©The financialnewsjapan. All rights reserved.

関連記事

ピックアップ記事

  1. 価格上昇が続く仮想通貨ビットコイン(BTC)は現地時間24日、1万9000ドルを突破した。コインデ…
  2. 仮想通貨ビットコイン(BTC)が留まる事無く上昇を続けている。現地時間16日以降は1日に1000ド…
  3. 米モデルナの新型コロナワクチンが現地時間16日、ニューヨーク株式市場を再び史上最高値に引き上げた。…
  4. 韓国で13日より室内公共施設などでマスクを着用しなかった場合、10万ウォン(約9400円)の過料が…
  5. 11月11日午前、ソウルにある汝矣島漢江公園のムルビッステージで「都市、空を開く」との副題で開かれ…

おすすめ記事

  1. 済州経済通商振興院東京通商代表部(所長:崔 滄勳)は、11月16日から日本最大の韓流通りである東京…
  2. 韓国のモバイルラーニングシステム開発会社Newin Inc.が日本法人として「株式会社Newin J…
  3. 世界で新型コロナウイルス感染症による死亡者はこれまで約100万人。世界各国が防疫に力を入れているが、…
  4. 済州経済通商振興院(院長:文寬永)がコロナ19によるパンデミック(世界的大流行)の中でも、オンライ…
  5. 韓国の昨年の出生数が最低水準の30万人台序盤に下がった事で、合計出生率も0.92人まで下落した。この…
ページ上部へ戻る
Translate »