米ボルトン氏、「トランプの対北戦略は韓国の創造物」

ジョン・ボルトン元・米国国家安全保障問題担当大統領補佐官の回顧録の内容が更に公開され、トランプ政権の対北戦略が韓国の「創造物」だったという主張が浮上した。

CNNなどの現地メディアは現地時間18日、前日流出したボルトン氏の回顧録「The Room Where It Happened : A White House Memoir」(それが起きた部屋:ホワイトハウス回顧録)の内容の深層を報じた。この回顧録は今月23日に発売が予定されている。

ボルトン氏は回顧録で「(米朝の)全ての外交的ファンダンゴ(スペイン起源のダンス)は韓国の創造物」だと、「金正恩北朝鮮国務委員長や我々(米国)側に関する真摯な戦略よりも、韓国の統一アジェンダにより多く関連していた」と明かした。

また「トランプと金正恩が当時のシンガポール会談でお互いをおだて上げ、金正恩がトランプを釣った」と言及している。ボルトン氏はトランプ氏が周囲の反対にも関わらず、2018年の1回目の米朝会談を必死に推し進めたと評している。

ボルトン氏は「我々は、北朝鮮の政治犯収容所の司令官である金正恩にトランプと自由な会談を提供する事で、彼を正当化していた」と、「私は金正恩に会おうというトランプの熱意に胸が痛かった」と記している。

また「北朝鮮は米国から求めていた物を得たし、トランプは個人的に求めていた物を得た」と、「これはトランプの外交観に対する非対称性を表している。彼は個人的な利益と国家的な利益を区別出来ていなかった」と批判した。

一方、前日ボルトン氏の回顧録で明らかになったマイク・ポンペオ国務長官のメモについては、メディアごとに意見が分かれた。

ボルトン氏は回顧録でポンペオ氏が1回目の米朝会談当時、自身に「彼は嘘つきだ」と書かれたメモを渡したと記している。これについてCNNやフォックスニュースはポンペオ氏のメモが意味する人物はトランプ氏だと解説したが、ワシントン・ポストは当時の会談の文脈上、金正恩氏を想定した表現である可能性を論じた。

翻訳:水野卓

Copyright ©The financialnewsjapan. All rights reserved.

関連記事

ピックアップ記事

  1. アンニョンハセヨ。 去年から自粛生活が続くなかで家にいる間に韓国ドラマに、はまった方が多いそうです…
  2. −「アップルと自動運転車の開発協議を進めていない」−現代自動車・KIA・現代モービス、公式に発表−…
  3. 軍部に監禁されたアウンサンスーチー国家顧問 今月1日、クーデターでミャンマー政府を掌握した軍部指導…
  4. - inno.N胃食道逆流疾患新薬ケイキャップ錠、中国許可審査着手- 2015年に中国ロシン(Lu…
  5. イメージはゲームストップの公式Twitterより。 米株式市場で最近、機関投資家らに対抗してゲーム…

おすすめ記事

  1. 趙善玉料理研究院の韓国語料理教室案内 最近、本当に韓国のテレビで料理番組やタレントさん達がいろいろ…
  2. 養子となって僅か10ヶ月、養父母による虐待で死亡したジョンインちゃん(養子縁組後の名前:アン・ユル…
  3. 韓国で初めて猫の新型コロナウイルス感染事例が発生した。写真は本社DB −「人への感染事例は無い」 …
  4. ニューヨーク・タイムズに掲載されたキムチの広告。写真は徐敬德教授が提供。 韓国誠信女子大の徐敬德教…
  5. −年末年始を前に特段の対策が必要−ソウル市、5人以上の集合禁止方針決まる 新型コロナウイルス…
ページ上部へ戻る
Translate »