トランプ氏、米中監査監督の協定を破棄か

ドナルド·トランプ米大統領が2013年に締結された米中の監査監督当局間で結んだ協定(AuditAgreement)を近いうちに破棄する予定だという見通しが出た。

13日(現地時間)、米国務省のキース·クラーク経済次官はあるメディアとの書面インタビューで、同協定の破棄が「差し迫った」と明らかにした。

また「この問題は米国の株主を危険にさらし、米国企業を不利にさせ、金融市場での米国の優位を弱める国家安保の問題だ」と説明した。

国と中国は2013年、自国の企業が相手国の株式市場に上場する際、該当国の会計規定順守義務を免除する協定を締結した。

これを受け、中国企業は米上場企業会計監督委員会(PCAOB)の会計規定を遵守しなくてもニューヨーク証券市場に上場できるようになり、米国企業も中国市場への進出が容易になった。

しかし最近になって、米証券市場に上場した中国企業の会計不正問題が提起され、中国企業の米証券市場上場を規制すべきだという声が高まっている。

同協定が破棄されれば、中国企業の未上場はさらに難しくなると予想される。

Copyright ©The financialnewsjapan. All rights reserved.

関連記事

ピックアップ記事

  1. 中国経済が新型コロナショックを乗り越えV字回復へ向かっている。不振を抜け出せなかった消費が元に戻り…
  2. 韓国行政安全部は16日、OECD(経済協力開発機構)が初めて実施した「デジタル政府評価」で韓国政府が…
  3. 米中摩擦の間で、BTSが予想外の災難に見舞われた。 中国のネットユーザーらは「BTSが好きなら売国…
  4. 米テスラのイーロン·マスク最高経営者(CEO)が、今年創立以来初めて、年間50万台を超える自動車を…
  5. 米国ホワイトハウスでの新型コロナウイルス感染拡大が止まらない。日々新たな感染者が発生し、現在までホ…

おすすめ記事

  1. -コロナ19状況下、オフラインからオンラインマーケティングにシフト 済州経済通商振興院東京通商代表…
  2. 世界で新型コロナウイルス感染症による死亡者はこれまで約100万人。世界各国が防疫に力を入れているが、…
  3. 済州経済通商振興院(院長:文寬永)がコロナ19によるパンデミック(世界的大流行)の中でも、オンライ…
  4. 韓国の昨年の出生数が最低水準の30万人台序盤に下がった事で、合計出生率も0.92人まで下落した。この…
  5. −S&P500、ダウ平均株価も上昇で終了−アップル時価総額2兆ドル、テスラ株2000ドル突…
ページ上部へ戻る
Translate »