トランプ氏、「金正恩氏と2次米朝首脳会談?可能性あり」

トランプ氏、「金正恩氏と2次米朝首脳会談?可能性あり」

ドナルド・トランプ米大統領が第2次米朝首脳会談の開催について言及した。

トランプ大統領は20日、ロイター通信とのインタビューで、「金正恩委員長とまた会える可能性はあるのか?」という質問に「そうなる可能性が高い」と語った。しかし、具体的な時期と場所についての言及は避けた。また、「北朝鮮が核実験場爆破のほか、他の具体的な非核化措置を取ったのか」という質問には「私はそう信じている」と答えた。

トランプ大統領は「金委員長とは"ケミストリー(相性)”が良く、北朝鮮と関連しては良いことばかりだが、中国は、米国との貿易摩擦で過去のように北朝鮮問題について協力していない」と、中国への不満を表した。

info@fnnews.jp

Copyright © The financial news japan. All rights reserved.
ファイナンシャルニュースジャパン

関連記事

ピックアップ記事

  1. ‐ビットコイン、1万6000ドル台まで下落‐大口投資家による大量売却の可能性も‐OKEx出金再開で…
  2. 価格上昇が続く仮想通貨ビットコイン(BTC)は現地時間24日、1万9000ドルを突破した。コインデ…
  3. 韓国ではすでに約25万人のユーザーが使用しているモバイルラーニングソリューション「タッチクラス」が日…
  4. 仮想通貨ビットコイン(BTC)が留まる事無く上昇を続けている。現地時間16日以降は1日に1000ド…
  5. 米モデルナの新型コロナワクチンが現地時間16日、ニューヨーク株式市場を再び史上最高値に引き上げた。…

おすすめ記事

  1. 済州経済通商振興院東京通商代表部(所長:崔 滄勳)は、11月16日から日本最大の韓流通りである東京…
  2. 韓国のモバイルラーニングシステム開発会社Newin Inc.が日本法人として「株式会社Newin J…
  3. 世界で新型コロナウイルス感染症による死亡者はこれまで約100万人。世界各国が防疫に力を入れているが、…
  4. 済州経済通商振興院(院長:文寬永)がコロナ19によるパンデミック(世界的大流行)の中でも、オンライ…
  5. 韓国の昨年の出生数が最低水準の30万人台序盤に下がった事で、合計出生率も0.92人まで下落した。この…
ページ上部へ戻る
Translate »