ビットコインが11ヶ月振りに1万1000ドル突破

ビットコイン(BTC)が11000ドルラインを突破した。ビットコインの価格が11000ドルを超えたのは20198月以来で、約11ヶ月振りとなる。

コイン360の集計によると28日午前8時現在、ビットコインは24時間前より13.18%上昇し11247ドルで取引された。現在午後1時時点では上昇の勢いが鈍くなり11千ドルを下回っている。

またイーサリアム(ETH)もイーサリアム2.0のローンチへの期待感から急騰し、5%以上上昇し320ドル前後で推移している。

主要海外メディアは今回のビットコイン価格の上昇について、安全資産としての役割が理由だと分析。米経済チャンネルCNBCは「投資家らがヘッジ手段の投資を増やす中、(金やビットコインなどの)資産価格が取引時間中に急騰した」と報じた。

最近の米中摩擦の激化、新型コロナウイルスの感染再拡大、米国の追加景気刺激策推進など、様々なイシューの中で安全資産を求める動きが目立っているが、この日の取引時間中にもその様な動きが現れていた。

一方、新型コロナウイルス感染症の世界的な大流行の中、今年上半期に米国で仮想資産への投資が急増したという分析が発表された。米経済専門誌フォーブスはコーナーストーン・アドバイザーのアンケート結果を引用し、「米国成人の15%仮想資産を保有しており、この内の半分以上が今年上半期に初めて仮想資産への投資を始めた」と伝えた。

新規投資家の仮想資産への投資額は675億ドルで、1人あたりの平均投資額は約4000ドル。今年上半期に仮想資産への投資を始めた人の内、80%以上が男性で平均年間所得は13万ドル以上である事が分かった。

更に同誌はコイン・メトリックスを引用し、「ビットコインが今の上昇傾向を維持した場合、1日の取引量基準で、4年以内に米国の株式市場を超越し、5年以内に米国の債券市場を上回る」との予測を伝えた。

翻訳:水野卓

関連記事

ピックアップ記事

  1. 米モデルナの新型コロナワクチンが現地時間16日、ニューヨーク株式市場を再び史上最高値に引き上げた。…
  2. 韓国で13日より室内公共施設などでマスクを着用しなかった場合、10万ウォン(約9400円)の過料が…
  3. 11月11日午前、ソウルにある汝矣島漢江公園のムルビッステージで「都市、空を開く」との副題で開かれ…
  4. ‐2018年1月以来の1万5000ドル超え‐コロナ禍に米大統領選の不確実性加わり‐大統領選不服によ…
  5. 写真はトランプ氏のツイッタ 大統領選主要地域での勝利、不正開票などを主張したドナルド・トランプ米国…

おすすめ記事

  1. 済州経済通商振興院東京通商代表部(所長:崔 滄勳)は、11月16日から日本最大の韓流通りである東京…
  2. 韓国のモバイルラーニングシステム開発会社Newin Inc.が日本法人として「株式会社Newin J…
  3. 世界で新型コロナウイルス感染症による死亡者はこれまで約100万人。世界各国が防疫に力を入れているが、…
  4. 済州経済通商振興院(院長:文寬永)がコロナ19によるパンデミック(世界的大流行)の中でも、オンライ…
  5. 韓国の昨年の出生数が最低水準の30万人台序盤に下がった事で、合計出生率も0.92人まで下落した。この…
ページ上部へ戻る
Translate »