韓国政府「金与正氏の訪米を計画?…事実ではない」

国政府は、11月の米大統領選挙前に北朝鮮の金与正(キム·ヨジョン)労働党第1副部長の訪米を韓国政府が計画したという読売新聞の報道を強く否定した。

政府関係者は7日、同新聞の報道について「全く事実ではない」と明らかにした。

これに先立ち、読売新聞は複数の消息筋の話として、韓国政府が難航している米朝非核化協議を再開するため、米大統領選挙直前に米朝間高官級会談の開催を検討したと報じた。

国は当初、米朝首脳間で大胆な決断を下せる「トップダウン」の会談を模索したが、昨年2月のハノイでの米朝首脳会談に続き、再び会談が決裂することを懸念し、高官による会談を推進したと同紙は説明した。

金第1副部長の訪米案が浮上したのは、知名度が高く、北朝鮮内での権力基盤も堅固であるため、トランプ米大統領およびポンペイオ国務長官の会談相手になれると判断したからだと同紙は分析した。

しかし韓国政府の関係者はこれに対し「韓国政府が米朝間高位級会談開催を推進したことも、金与正副部長の訪米を取り持ったこともない」と否定した。

Copyright © The financial news japan. All rights reserved.

 

関連記事

ピックアップ記事

  1. 写真はバイデン候補のツイッタから 米国大統領選挙が2週後に迫った状況で、民主党のジョー・バイデン候…
  2. 中国経済が新型コロナショックを乗り越えV字回復へ向かっている。不振を抜け出せなかった消費が元に戻り…
  3. 韓国行政安全部は16日、OECD(経済協力開発機構)が初めて実施した「デジタル政府評価」で韓国政府が…
  4. 米中摩擦の間で、BTSが予想外の災難に見舞われた。 中国のネットユーザーらは「BTSが好きなら売国…
  5. 米テスラのイーロン·マスク最高経営者(CEO)が、今年創立以来初めて、年間50万台を超える自動車を…

おすすめ記事

  1. -コロナ19状況下、オフラインからオンラインマーケティングにシフト 済州経済通商振興院東京通商代表…
  2. 世界で新型コロナウイルス感染症による死亡者はこれまで約100万人。世界各国が防疫に力を入れているが、…
  3. 済州経済通商振興院(院長:文寬永)がコロナ19によるパンデミック(世界的大流行)の中でも、オンライ…
  4. 韓国の昨年の出生数が最低水準の30万人台序盤に下がった事で、合計出生率も0.92人まで下落した。この…
  5. −S&P500、ダウ平均株価も上昇で終了−アップル時価総額2兆ドル、テスラ株2000ドル突…
ページ上部へ戻る
Translate »