「新型コロナワクチン年内実用化」トランプ氏の言葉が実現?

−再び青信号灯った新型コロナワクチン開発、実用化に向け前進

ファイザーやモデルナ、アストラゼネカなどによる新型コロナワクチンの開発スピードが増している。この様なニュースが伝わると、ニューヨーク株式市場は現地時間20日、モデルナ株が0.5%上昇するなど、世界的なワクチン開発企業の株価が一斉に上昇した。

ファイザーは来月にも米国食品医薬局(FDA)に対しワクチン緊急使用の申請が可能になると発表し、モデルナも年内に緊急使用の申請をするとみられる。副作用により中断していたアストラゼネカの臨床試験も再開された。

主な海外メディアによると現地時間20日、ファイザーは新型コロナワクチンに対する緊急使用の承認を11月中旬以降に申請する予定だ。

10月承認申請、113日大統領選前の実用化」というトランプ氏のタイムスケジュールよりは遅くなったものの、年内の実用化は可能だとみられる。ファイザーのアルバート・ブーラCEOは「ワクチンの効能に対する予備臨床試験の結果は今月末までに出るだろう」と話した。また「臨床試験の結果がポジティブなものであれば、直ちにFDA対し緊急使用の申請をする」と話している。

国で第3相を進行中のワクチン開発企業4社の中では、ファイザーが最も進んでいるとの評価。ファイザーは日本での新型コロナワクチンの臨床試験の計画も発表している。

モデルナは11月に予定されている新型コロナワクチンの効能の結果が良ければ、12月に緊急使用の承認を申請する方針だ。

モデルナのステファン・バンセルCEOは現地時間19日、ウォール・ストリート・ジャーナルのアニュアル・テック・ライブ・カンファレンスでこの様に発表した。

国の製薬企業アストラゼネカもオックスフォード大学研究陣と共同で開発した新型コロナワクチンの臨床試験を再開する。

FDAはアストラゼネカの臨床試験で現れた異常な症状の事例に対する検討を済ませた。アストラゼネカの臨床試験は既に英国とブラジル、インド、南アフリカ共和国などで再開されている。

翻訳:水野卓
Copyright © The financial news japan. All rights reserved.

 

関連記事

ピックアップ記事

  1. 韓国政府が今年6月まで仮想通貨取引を集中的に取り締まる。韓国金融委員会は仮想通貨の出金モニタリング…
  2. 写真は総理官邸ホームページから 米国のジョー・バイデン大統領は今月16日に米国で開かれる、日本の菅…
  3. 主要産油国が新型コロナウイルス感染症の世界的な流行解消と大々的な景気反騰に備え、今後3ヶ月の間に原…
  4. ―韓国疾病庁、予定より3ヶ月前倒しで実用化―丁世均首相「海外でも使える様に推進」 韓国版のブロック…
  5. 「美容大国」である韓国独自の特殊化粧品技術とビューティー商品を日本に紹介している株式会社TEISH…

おすすめ記事

  1. フェイクニュースが仮想通貨市場を揺さぶっている。世界最高のオフライン流通企業ウォルマートと時価総額…
  2. (写真:SUNOCSの太川玉緒代表(左)で大韓障礙人体育会のイ・ヒョンオク訓練本部本部) 日韓両国…
  3. (写真は、SUNOCSの太川玉緒会長(左)と大韓障礙人体育会の朴容奭(パク・ヨンソク)現地支援団長…
  4. -企業評価額は約122億円に到達、国内の事業多角化と組織基盤の強化へ 株式会社HYPERITHM(…
  5. 1回目のワクチン接種(5/9)では当日就寝後に注射を受けた部位付近に張りを感じ、以後2日間は腕を伸…
ページ上部へ戻る
Translate »