「新型コロナワクチン年内実用化」トランプ氏の言葉が実現?

−再び青信号灯った新型コロナワクチン開発、実用化に向け前進

ファイザーやモデルナ、アストラゼネカなどによる新型コロナワクチンの開発スピードが増している。この様なニュースが伝わると、ニューヨーク株式市場は現地時間20日、モデルナ株が0.5%上昇するなど、世界的なワクチン開発企業の株価が一斉に上昇した。

ファイザーは来月にも米国食品医薬局(FDA)に対しワクチン緊急使用の申請が可能になると発表し、モデルナも年内に緊急使用の申請をするとみられる。副作用により中断していたアストラゼネカの臨床試験も再開された。

主な海外メディアによると現地時間20日、ファイザーは新型コロナワクチンに対する緊急使用の承認を11月中旬以降に申請する予定だ。

10月承認申請、113日大統領選前の実用化」というトランプ氏のタイムスケジュールよりは遅くなったものの、年内の実用化は可能だとみられる。ファイザーのアルバート・ブーラCEOは「ワクチンの効能に対する予備臨床試験の結果は今月末までに出るだろう」と話した。また「臨床試験の結果がポジティブなものであれば、直ちにFDA対し緊急使用の申請をする」と話している。

国で第3相を進行中のワクチン開発企業4社の中では、ファイザーが最も進んでいるとの評価。ファイザーは日本での新型コロナワクチンの臨床試験の計画も発表している。

モデルナは11月に予定されている新型コロナワクチンの効能の結果が良ければ、12月に緊急使用の承認を申請する方針だ。

モデルナのステファン・バンセルCEOは現地時間19日、ウォール・ストリート・ジャーナルのアニュアル・テック・ライブ・カンファレンスでこの様に発表した。

国の製薬企業アストラゼネカもオックスフォード大学研究陣と共同で開発した新型コロナワクチンの臨床試験を再開する。

FDAはアストラゼネカの臨床試験で現れた異常な症状の事例に対する検討を済ませた。アストラゼネカの臨床試験は既に英国とブラジル、インド、南アフリカ共和国などで再開されている。

翻訳:水野卓
Copyright © The financial news japan. All rights reserved.

 

関連記事

ピックアップ記事

  1. ‐ビットコイン、1万6000ドル台まで下落‐大口投資家による大量売却の可能性も‐OKEx出金再開で…
  2. 価格上昇が続く仮想通貨ビットコイン(BTC)は現地時間24日、1万9000ドルを突破した。コインデ…
  3. 韓国ではすでに約25万人のユーザーが使用しているモバイルラーニングソリューション「タッチクラス」が日…
  4. 仮想通貨ビットコイン(BTC)が留まる事無く上昇を続けている。現地時間16日以降は1日に1000ド…
  5. 米モデルナの新型コロナワクチンが現地時間16日、ニューヨーク株式市場を再び史上最高値に引き上げた。…

おすすめ記事

  1. 済州経済通商振興院東京通商代表部(所長:崔 滄勳)は、11月16日から日本最大の韓流通りである東京…
  2. 韓国のモバイルラーニングシステム開発会社Newin Inc.が日本法人として「株式会社Newin J…
  3. 世界で新型コロナウイルス感染症による死亡者はこれまで約100万人。世界各国が防疫に力を入れているが、…
  4. 済州経済通商振興院(院長:文寬永)がコロナ19によるパンデミック(世界的大流行)の中でも、オンライ…
  5. 韓国の昨年の出生数が最低水準の30万人台序盤に下がった事で、合計出生率も0.92人まで下落した。この…
ページ上部へ戻る
Translate »