中国、アフリカ諸国に急接近…米牽制のため?

【写真】中国の習近平国家主席/Foreign and Commonwealth Officeより
中国、アフリカ諸国に急接近…米牽制のため?

中国の習近平国家主席が米国を牽制する「援軍確保」に乗り出した。インフラ投資支援を渇望するアフリカ諸国を莫大な経済支援で中国寄りにする計画が着々と進行している。

中国共産党機関紙の人民日報によると、習主席は3〜4日に北京で開催される「中国アフリカ協力フォーラム首脳会合」に先立って、アフリカの首脳らと相次いで個別首脳会談を開いた。習主席は同席で中国のシルクロード経済圏構想「一帯一路」と連携したインフラ支援を約束したという。

習主席は1日、ガボンとモザンビークの大統領とそれぞれ会談し、「一帯一路」への参加決定に歓迎の意を表した。また両国にインフラ建設や産業・近代化などに積極的に支援することを明らかにした。ガーナのアクフォ・アドゥ大統領との会談では、中国主導のアジアインフラ投資銀行(AIIB)への加入を歓迎した。

また、ギニアのアルファ・コンデ大統領との会談では、「多国間貿易システムの守護とアフリカの平和・安全の問題で緊密にコミュニケーションして、両国と途上国の利益を守らなければならない」とし、米国の保護貿易主義に対抗した自由貿易主義の連帯を強調した。先月31日にはコートジボワール、シエラレオネ、ソマリアの大統領たと首脳会談し、大規模な経済支援を武器に外交面での協力を引き出した。

習主席の‟援軍”作りは3日から始まる「アフリカ協力フォーラム首脳会合」でさらに活発になると予想される。「保護主義反対」を強調し、2000億ドルの中国産製品に対する関税賦課で中国を圧迫するドナルド・トランプ米大統領を牽制する機会として同フォーラムを利用するとみられる。

info@fnnews.jp

Copyright © The financial news japan. All rights reserved.
ファイナンシャルニュースジャパン

関連記事

ピックアップ記事

  1. 世界保健機関(WHO)は13日(現地時間)、新型コロナウイリス新規患者が19日、全世界で30万79…
  2. 孫正義会長率いるソフトバンクグループ(SBG)が半導体企業アームを米エヌビディアに売却する。…
  3. 北朝鮮の金正恩国務委員長が米国のドナルド・トランプ大統領に送った親書で、2人の友情を「魔法の力」と表…
  4. ソウルなどの首都圏地域を対象にした韓国政府のソーシャルディスタンス強化措置が更に延長される事となり、…
  5. ビットコイン(BTC)が1日で700ドルも急落した。特に今回の急落の背景として、韓国最大の仮想資産取…

おすすめ記事

  1. 済州経済通商振興院(院長:文寬永)がコロナ19によるパンデミック(世界的大流行)の中でも、オンライ…
  2. 韓国の昨年の出生数が最低水準の30万人台序盤に下がった事で、合計出生率も0.92人まで下落した。この…
  3. −S&P500、ダウ平均株価も上昇で終了−アップル時価総額2兆ドル、テスラ株2000ドル突…
  4. 米国のドナルド・トランプ大統領がマスクをするのが「愛国」だとツイートし、マスク着用推進に動いた。…
  5. 世界の新型コロナウイルスの累積感染者数が1000万人を超え、感染再拡大の恐怖が現実化している。ワクチ…
ページ上部へ戻る
Translate »