コカ・コーラが”大麻飲料”を生産する?

コカ・コーラが”大麻飲料”を生産する?

コカ・コーラがカナダのオーロラ・カンナビスと共にマリファナ(大麻)入りの飲み物を開発することを検討していると、米経済専門メディアCNBCが17日に報道した。報道によると、両社は炎症、痛み、痙攣などに働く一種の健康飲料の開発を議論しているという。

コカ・コーラは「神経に作用しないCBD(カンナビジオール)を健康飲料の成分として活用する方案を注意深く調査している」とし「多くの飲料メーカーがCBD市場を注視している」と述べた。
CBDはマリファナで抽出する固体成分で、コカ・コーラ側の説明によると、痛みの解消に効果がある一種の医療用マリファナだ。

コカ・コーラとオーロラ・カンナビスのコラボレーションは、メジャー飲料市場でマリファナ入りの関連製品を商用化する初の試みになると見られる。しかし、両社は「まだ決定したわけではない。最終的な決定前までは具体的に飲料の開発について言及しない方針だ」とまだ慎重な態度を見せた。

これに先立って、コロナ(Corona)で知られるビールメーカー「コンステレーション・ブランズ(Constellation Brands)が世界最大のマリファナ栽培企業「キャノピー・グロース(Canopy Growth)」に約40億ドルを投資し、医療用飲料事業への進出を準備中だ。

info@fnnews.jp

Copyright © The financial news japan. All rights reserved.
ファイナンシャルニュースジャパン

関連記事

ピックアップ記事

  1. 価格上昇が続く仮想通貨ビットコイン(BTC)は現地時間24日、1万9000ドルを突破した。コインデ…
  2. 仮想通貨ビットコイン(BTC)が留まる事無く上昇を続けている。現地時間16日以降は1日に1000ド…
  3. 米モデルナの新型コロナワクチンが現地時間16日、ニューヨーク株式市場を再び史上最高値に引き上げた。…
  4. 韓国で13日より室内公共施設などでマスクを着用しなかった場合、10万ウォン(約9400円)の過料が…
  5. 11月11日午前、ソウルにある汝矣島漢江公園のムルビッステージで「都市、空を開く」との副題で開かれ…

おすすめ記事

  1. 済州経済通商振興院東京通商代表部(所長:崔 滄勳)は、11月16日から日本最大の韓流通りである東京…
  2. 韓国のモバイルラーニングシステム開発会社Newin Inc.が日本法人として「株式会社Newin J…
  3. 世界で新型コロナウイルス感染症による死亡者はこれまで約100万人。世界各国が防疫に力を入れているが、…
  4. 済州経済通商振興院(院長:文寬永)がコロナ19によるパンデミック(世界的大流行)の中でも、オンライ…
  5. 韓国の昨年の出生数が最低水準の30万人台序盤に下がった事で、合計出生率も0.92人まで下落した。この…
ページ上部へ戻る
Translate »