9月米失業率が3.7%…50年ぶりの低水準

9月米失業率が3.7%…50年ぶりの低水準

ハリケーン被害により新規雇用規模が低調したにもかかわらず、米国の9月失業率が50年ぶりの低水準を記録した。

米労働省は5日、9月の失業率が前月より0.2%低の3.7%を記録したと発表した。3.7%は1969年12月以来の低水準。
新規雇用規模は予想規模の18万5000人増を大きく下回り、13万4000人増となった。労働省は「ハリケーン“フローレンス”が一部産業の雇用に影響したとみられる」と説明した。

米全国紙「USAトゥデイ」は「トランプ政権が、中国の輸入製品に2000億ドル規模の関税を追加で賦課。中国もそれに合わせ報復に出ることによって、企業信頼感指数や雇用に支障を与えている。しかし、このようなハードルにも今年平均新規雇用人数は約20万人で、昨年の同じ期間の18万2000人より増加した」と伝えた。

【注目の記事】

「海上自衛隊の観艦式参加中止理由は独島艦」=韓国メディア
仮想空間の不動産も売買する時代…ブロックチェーンとVR技術を活用
M&A資金がインドに移動…中国を乗り越えるか?
台風25号、韓国南海に接近…上陸後日本側に

関連記事

ピックアップ記事

  1. 韓国で新型コロナウイルス感染症(コロナ19)が急増している中、米疾病対策センター(CDC)が韓国への…
  2. 新型コロナウイルスの感染拡大により中国国内にある工場の正常稼働が遅れ、経営への影響が憂慮される。新型…
  3. 韓国外交部の康京和長官がドイツで開かれるミュンヘン安全保障会議(MSC)に参席し、現地時間15日午前…
  4. 中国湖北省武漢市で発生した新型コロナウイルス(COVID-19)の感染者と死者の数が減少した。しかし…
  5. 韓国外交省が日韓軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の効力終了について「いつでも可能だ」とし、日本…

おすすめ記事

  1. 世界的に7万人に近い感染拡大を招いた新型コロナウイルス感染症(コロナ19)の震源地について、当初知ら…
  2. 中国から来る宅配便は果たして新型コロナウイルスに安全だろうか。…
  3. Googleの親会社であるアルファベットの時価総額が16日(現地時間)、1兆ドル(約110兆円)を突…
  4. 「火の手から逃れたカンガルーの避難場所となっていたゴルフ場が"死の大地(キリング・フィールド)"にな…
  5. 昨年、韓国と隣国との国際関係は例年以上に多事多難だった。昨年7月の日本の輸出管理厳格化により韓国国内…
ページ上部へ戻る
Translate »