テスラ、黒字転換…時価総額で米GMとの格差広げる

テスラ、黒字転換…時価総額で米GMとの格差広げる

米電気自動車メーカーのテスラの実績が第3四半期に黒字に転換した。上場廃止の計画を公表したツイートでピンチに追い込まれたテスラのマスク最高経営責任者(CEO)にとっては危機脱出の機会となる模様だ。

テスラは24日(現地時間)、第3四半期の決算を発表。「普及型電気自動車モデル3の生産量の増加に支えられ、第3四半期の最終損益が3億1150万ドル(約349億円)を記録した」と伝えた。8四半期ぶりの黒字で、約6億2000万ドルの赤字を記録した前年同期より2倍以上増加した。

モデル3はテスラの勝負手。比較的低価格のモデル3を通じて世界の自動車メーカーと競争するということがテスラの戦略だった。マスク氏もモデル3の継続的な生産量の増加を介して黒字転換と流動性の確保を達成できると自信を見せてきた。

株価も急騰している。最近、時価総額で米自動車最大手のゼネラル・モーターズ(GM)を超えた。実績発表同日の株価は引け後の取引で13%以上急騰した。同日の終値基準でテスラの時価総額は492億ドル。GMは431億ドルだった。

テスラとマスク氏に対するウォール街の否定的な認識にも変化が見え始めた。16年第3四半期以降、赤字が続いたテスラの財政状況とマスク氏の軽率な言動を懸念してきたウォール街の専門家らは今回の実績をアーニングサプライズと評価し、さらなる株価上昇を期待する雰囲気だ。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 現地の人材をブロックチェーン専門のエンジニアとして育成し、技術開発に投入する目的で、インドでの事業展…
  2. 米テスラは、中国・上海工場で生産する電気自動車にLG化学のバッテリーを搭載することを決定した。LG化…
  3. ドイツの自動車メーカー「フォルクスワーゲン」は22日(現地時間)、同社が電気自動車メーカー「テスラ」…
  4. 済州経済通商振興院東京通商代表部(所長:崔 滄勳)は、済州企業の日本市場進出拡大のため、8月21日(…
  5. 韓国政府が22日、日韓軍事情報保護協定(GSOMIA)破棄を電撃決定したなか、河野太郎外務大臣はこの…

おすすめ記事

  1. 韓国の食品医薬品安全処は21日、放射能が微量検出されて返送履歴がある輸入食品の安全性検査件数を2倍に…
  2. 昨年6月に第2次世界大戦以降初めて、西ヨーロッパ最初の大衆迎合主義(ポピュリズム) 政府がイタリアに…
  3. 韓国国民の4人に3人は、日本が経済報復措置を撤回しない限り日本製品の不買運動は続くと予想した。…
  4. 日本製品の不買運動の影響でユニクロなど日本ブランドの韓国モバイルアプリケーション(アプリ)の利用率が…
  5. 日本が福島第一原発に保管されている高濃度の放射能汚染水100万トン以上を太平洋に放流する計画だとする…
ページ上部へ戻る