グーグル、自律走行車の商用サービス2ヶ月以内に開始予定

写真:WIKIMEDIA COMMONS (作者 Steve Jurvetson)

グーグル、自律走行車の商用サービス2ヶ月以内に開始予定

米グーグルの自律走行車開発社ウェイモが自社開発の自律走行車を利用した運行サービスの計画を発表した。発表によると、2ヶ月以内に特定地域で商用のタクシー配車サービスを開始する。

ウェイモのジョーン・クラフチック最高経営責任者(CEO)はカリフォルニア州で開催された情報技術(IT)会議「WSJテックDライブ」に参加し「2ヶ月以内にアリゾナ州のフェニックスで小規模で有料運行サービスを始め、顧客の輸送などを行う計画」とし「また、企業を対象に輸送サービスを拡大していく計画だ」と述べた。

何百万キロメートルの試験走行を通じて自律走行車の技術を開発してきたウェイモは、昨年から米アリゾナ州のフェニックス地域で自律走行が可能なバンを用いた試験走行プログラム「アーリー・ライダー(Early Rider)」を実施していた。同経験をもとに、ウェイモはフェニックス地域で限定された人を対象に有料サービスを始めた後、サービスの対象顧客を拡大していく方針だ。

また、貨物運送の実施も視野に入れている。クラフチック氏は「自律走行車の試験運行期間中、たくさんの企業が有料運行サービスに関心を示した」とし、「アトランタでは既に貨物を輸送する試験運行を始めるなど、大きく進展している。数年内にウェイモが世界中で物資輸送をすることを目撃するようになるだろう」と語った。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 日本の対韓国貿易収支が約1兆8000億円(前年比19.0%減)の黒字を記録したが、欧州の財政危機直後…
  2. 投資銀行ゴールドマン・サックスは、武漢市で発生した新型肺炎が国際原油価格を引き下げるほどの脅威になっ…
  3. 中国湖南省武漢市で発生した新型コロナウイルスの感染者が571人まで増加し、死者も17人となった。この…
  4. 米ネットフリックスが21日(現地時間)、昨年第4四半期の実績を発表した。発表によると、海外の新規会員…
  5. ロシア極東ウラジオストクに輸入された日本製の自動車から基準値を超える放射線が検出され、日本に返送した…

おすすめ記事

  1. Googleの親会社であるアルファベットの時価総額が16日(現地時間)、1兆ドル(約110兆円)を突…
  2. 「火の手から逃れたカンガルーの避難場所となっていたゴルフ場が"死の大地(キリング・フィールド)"にな…
  3. 昨年、韓国と隣国との国際関係は例年以上に多事多難だった。昨年7月の日本の輸出管理厳格化により韓国国内…
  4. イランがイラク西部の米軍基地をミサイルで攻撃したならないか、国際原油価格と安全資産である金の価格が急…
  5. オーストラリア南東部の史上最悪の森林火災で、今まで野生動物5億匹が死んだと推定された。米CNBCによ…
ページ上部へ戻る