第2のフランス革命?マクロン大統領が白旗…改革路線は維持

第2のフランス革命?マクロン大統領が白旗…改革路線は維持

昨年の就任以降、帝王的国政運営でヨーロッパの中に巨大なフランスを夢見ていた、フランスのエマニュエル・マクロン大統領が、革命を彷彿させる「黄色いベスト」のデモ隊に白旗を掲げ、これまでの緊縮政策を大幅に取り下げる事になった。ただし、マクロン大統領は自身の改革路線は諦めないとして、今後に火種を残した。

大統領は、4回目の黄色いベストデモが発生してから2日後となる10日、生放送された国民に対する演説で、自身が国民の意見をしっかり聞いていなかったと謝罪した。大統領は13分程の演説で、「たくさんのフランス国民が一様に怒りを感じていた」と、「集会の初期局面できちんとした答えを出せず、安易な発言で国民を傷付けてしまった。責任を痛感している」と述べた。

■福祉削減白紙化、最低賃金引き上げ
今回の演説でマクロン大統領は、来年1月から、現在手取りで月1185ユーロ(約15万円)の最低賃金を100ユーロ引き上げ、更に超過勤務手当に課される税金を無くす事を明らかにした。また、来年から退職者らに適用される社会保障寄与金の引き上げ(1.7%)から、月収2000ユーロ未満の退職者は除外するとした。

マクロン大統領は、既に今月1日の3回目のデモ直後に、黄色いベストデモの導火線となっていた、油類税の追加引き上げ案を取り下げている。しかし今回のデモで争点となっていた、富裕税(ISF)の復活は拒否した。

■大統領の「皇帝気取り」、革命魂に火をつける
パリ政治学院のトマス・スネガロフ政治学教授は、「黄色いベストのデモ隊に、マクロン政権退陣を求める声が大きくなっている」と、「人々は‟王の首を斬らなければならない”という、フランス革命の雰囲気を醸し出している」と指摘した。

歴代最年少で当選したマクロン大統領は昨年、国家的非常事態でないにも関わらず、ベルサイユ宮殿に全ての議員を呼び、就任記念演説をした。マスコミは「皇帝気取り」をしているとマクロン大統領を非難した。また今年9月には働き場を求める失業者に、「道の向こうに散らばっている」と、非現実的な言葉を発し問題となっていた。ニューヨーク・タイムズは、「マクロン大統領がただただ自身の最側近らとばかり疎通している」と指摘している。

更にマクロン大統領は、国内の懸案よりもナポレオンやかつての絶対王政の様に、ヨーロッパ内での影響力拡大に力を注いでいる。大統領はヨーロッパ防衛軍創設、ユーロ圏(ユーロ使用19ヶ国)共同予算構築などを主張し、影響力が薄まりつつあるドイツに代わって、ヨーロッパのリーダーになろうとしている。

こういった国政運営に国内で不満の声が高まっているが、海外メディアは黄色いベストデモが、フランス革命の様にはならないだろうと見ている。マクロン大統領には、まだ3年も任期が残っており、議会でも圧倒的な勢力を誇っているためだ。なお、最後に行われた4回目のデモの参加者は13万6000人で、29万人が通りに現れた先月の1回目のデモに比べ、半分以上減少した。

翻訳:水野卓

関連記事

ピックアップ記事

  1. 日本の対韓国貿易収支が約1兆8000億円(前年比19.0%減)の黒字を記録したが、欧州の財政危機直後…
  2. 投資銀行ゴールドマン・サックスは、武漢市で発生した新型肺炎が国際原油価格を引き下げるほどの脅威になっ…
  3. 中国湖南省武漢市で発生した新型コロナウイルスの感染者が571人まで増加し、死者も17人となった。この…
  4. 米ネットフリックスが21日(現地時間)、昨年第4四半期の実績を発表した。発表によると、海外の新規会員…
  5. ロシア極東ウラジオストクに輸入された日本製の自動車から基準値を超える放射線が検出され、日本に返送した…

おすすめ記事

  1. Googleの親会社であるアルファベットの時価総額が16日(現地時間)、1兆ドル(約110兆円)を突…
  2. 「火の手から逃れたカンガルーの避難場所となっていたゴルフ場が"死の大地(キリング・フィールド)"にな…
  3. 昨年、韓国と隣国との国際関係は例年以上に多事多難だった。昨年7月の日本の輸出管理厳格化により韓国国内…
  4. イランがイラク西部の米軍基地をミサイルで攻撃したならないか、国際原油価格と安全資産である金の価格が急…
  5. オーストラリア南東部の史上最悪の森林火災で、今まで野生動物5億匹が死んだと推定された。米CNBCによ…
ページ上部へ戻る