仏ノートルダム大聖堂火災…工事中の失火か

写真はユーチューブ映像から

仏ノートルダム大聖堂火災…工事中の失火か

フランスのパリで15日に発生したノートルダム大聖堂の火災は、現在のところ最悪の状況は免れたと見られている。現地当局は火災の原因についての捜査に入り、テロではなく、尖塔の補修工事により発生した火災である可能性が高いと見ている。

AP通信などの海外メディアによると、フランスのマクロン大統領はこの日、「最悪は避けられた」と、「国民と共に聖堂を再建する」と話した。マクロン大統領は、ノートルダム大聖堂の火勢がある程度治まった午後11時30分頃、ノートルダム大聖堂の近くで、「ノートルダムは私達の歴史であり、文化、精神の一部であり、偉大な出来事が起こった場所、そして私達の生活の中心」と話した。

また、「悲しみで我が国民が動揺している事は分かっているが、今日私は希望を口にしたい」と、大聖堂の火災被害収拾と再建に向けた全国民的募金活動を始める事を発表した。

同日、ローラン・ヌネズ内務次官はメディアのインタビューで、「火災の原因が何なのか断定するには早い」と話した。しかしAP通信などの海外メディアによると、パリの消防当局は、今回の火災が現在のところ、改修作業に関連していると見ている。

ノートルダム大聖堂は600万ユーロ(約7億6千万円)を投じ、尖塔改修プロジェクトを進行していた。パリ市のエマニュエル・グレゴワール副市長も現地メディアとのインタビューで、尖塔から火が出た事に言及している。消防当局は、改修作業が火災の原因なのか、あるいは火災が拡がった要因なのか、調査を進めている。

翻訳︰水野卓

マクロン仏大統領「ノートルダム、最悪は避けた」…再建への意志
第2のフランス革命?マクロン大統領が白旗…改革路線は維持
フランス政府「黄色いベスト」に降伏、油類税引き上げ延期
フランス国民が燃料価格高騰に不満爆発…マクロン大統領の支持率は26%に急落

関連記事

ピックアップ記事

  1. 北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長が17日、新型戦術誘導兵器の射撃実験を視察したと、朝鮮中央通信が報じた…
  2. 韓国南部の晋州市(チンジュし)で17日、通り魔事件が発生した。40代男性が自身の部屋に火をつけた後、…
  3. 経済専門メディア「フォーブス」は16日、ブロックチェーンの分野で将来10億ドル以上の価値を持つと評価…
  4. 膠着状態に陥った米朝対話の勢いを取り戻すべく、文在寅大統領が4回目の南北首脳会談を計画しているものの…
  5. フランスの消防当局が16日(現地時間)、ノートルダム大聖堂の火災原因調査に本格的に着手した。…

おすすめ記事

  1. 2019-4-15

    仮想通貨業界で今年注目の4大ワードは?

    仮想通貨専門メディアのビットコインエクスチェンジガイドは最近、今年の仮想通貨の成長傾向を予測する4大…
  2. 2019-4-11

    実際のブラックホール写真が初公開…「我々の理論と予測が正しかった」

    世界で初めてブラックホールの存在とその姿が公開された。EHT(イベント・ホライズン・テレスコープ)理…
  3. 2019-4-9

    グーグルとアップルの覇権争いが勃発…5Gゲームコンテンツが収益源として浮上

    グーグルとアップルが5G常用化を前に、新たなゲーム・プラットフォーム開発を宣言した。グーグルとアップ…
  4. 2019-4-6

    スターバックス、真の目的はビットコイン銀行

    昨年8月、スターバックスがICEのBakkt(ビットコイン先物取引などを行うことができるプラットフォ…
  5. 2019-4-5

    没落した英雄…ゴーン会長が4度目の逮捕

    日本の検察は、保釈金を支払い先月6日に釈放されたカルロス・ゴーン前日産自動車会長を4日、特別背任容疑…

アーカイブ

ページ上部へ戻る