仏ノートルダム大聖堂火災…工事中の失火か

写真はユーチューブ映像から

仏ノートルダム大聖堂火災…工事中の失火か

フランスのパリで15日に発生したノートルダム大聖堂の火災は、現在のところ最悪の状況は免れたと見られている。現地当局は火災の原因についての捜査に入り、テロではなく、尖塔の補修工事により発生した火災である可能性が高いと見ている。

AP通信などの海外メディアによると、フランスのマクロン大統領はこの日、「最悪は避けられた」と、「国民と共に聖堂を再建する」と話した。マクロン大統領は、ノートルダム大聖堂の火勢がある程度治まった午後11時30分頃、ノートルダム大聖堂の近くで、「ノートルダムは私達の歴史であり、文化、精神の一部であり、偉大な出来事が起こった場所、そして私達の生活の中心」と話した。

また、「悲しみで我が国民が動揺している事は分かっているが、今日私は希望を口にしたい」と、大聖堂の火災被害収拾と再建に向けた全国民的募金活動を始める事を発表した。

同日、ローラン・ヌネズ内務次官はメディアのインタビューで、「火災の原因が何なのか断定するには早い」と話した。しかしAP通信などの海外メディアによると、パリの消防当局は、今回の火災が現在のところ、改修作業に関連していると見ている。

ノートルダム大聖堂は600万ユーロ(約7億6千万円)を投じ、尖塔改修プロジェクトを進行していた。パリ市のエマニュエル・グレゴワール副市長も現地メディアとのインタビューで、尖塔から火が出た事に言及している。消防当局は、改修作業が火災の原因なのか、あるいは火災が拡がった要因なのか、調査を進めている。

翻訳︰水野卓

マクロン仏大統領「ノートルダム、最悪は避けた」…再建への意志
第2のフランス革命?マクロン大統領が白旗…改革路線は維持
フランス政府「黄色いベスト」に降伏、油類税引き上げ延期
フランス国民が燃料価格高騰に不満爆発…マクロン大統領の支持率は26%に急落

関連記事

ピックアップ記事

  1. 韓国の鄭景斗(チョン・ギョンドゥ)国防部長官は22日、北朝鮮の金与正(キム・ヨジョン)朝鮮労働党第…
  2. トランプ米大統領は3ヵ月ぶりに開催した支持者集会が興行に失敗すると、激怒した。 21日(現地時間)…
  3. ジョン・ボルトン元・米国国家安全保障問題担当大統領補佐官の回顧録の内容が更に公開され、トランプ政権の…
  4. サーモンが新型コロナウイルスの感染源だという濡れ衣を晴らした。ノルウェーと中国の両国は、サーモンは新…
  5. 安価で広く使われている抗炎症治療剤「デキサメタゾン」が、新型コロナウイリスの治療剤として急浮上した。…

おすすめ記事

  1. 北朝鮮から脱北し韓国で国会議員に当選した池成浩(チ・ソンホ)議員は4日、「北朝鮮住民の知る権利も保障…
  2. 令和2年5月27日時点で日本政府と自治体が実施している支援金・給付金制度をまとめました。実施予定の…
  3. 韓国で新型コロナウイルス感染拡大防止のための自宅隔離命令に従わなかった日本人男性が拘束された。外国人…
  4. 韓国でデジタル性犯罪処罰を強化する関連法改正案が19日から施行された。今後、違法なアダルト動画を単純…
  5. 今月、米国の野球ファンの間でのホットイシューは、夜中に中継される韓国プロ野球KBOリーグだった。米国…
ページ上部へ戻る
Translate »