米エネルギー省「2020年に『エネルギー独立』」

米エネルギー省「2020年に『エネルギー独立』」

米国が2020年に「エネルギー独立」を宣言できるようだ。米エネルギー省(DOE)によると、米国の昨年石油生産と輸出量は歴代最高を記録した。米エネルギー情報局(EIA)は、石油生産量が2020年までに日量基準で200万バレルがさらに増加し、輸出量も輸入量を上回ると予想した。

米国は昨年、一日平均1090万バレルを生産した。今年の石油生産量予想値は日量1210万バレルで、2020年には1290万バレルに達すると予想されている。米エネルギー情報局のリンダ・カプアノ氏は「1月の展望値によると、テキサス州とニューメキシコ州にまたがるパーミアン盆地からの石油生産量が今後2年間、米国の全原油生産量を牽引するものと見られる」とし「2020年頃には、一日平均石油生産量が1300万バレルに達すると予想される」と述べた。

パーミアン盆地には約463億バレルの原油をはじめ、天然ガスなどが埋蔵されていると推定されている。米放送局CNBCは、「パーミアン盆地のシェールオイルは、外国で輸入される石油への依存度を下げてくれるだろう」と伝えた。実際に昨年の石油純輸入量は一日平均380万バレルから240万バレルに減少した。2020年の輸入量は一日平均で90万バレルになると推算される。

関連記事

ピックアップ記事

  1. パウエル議長がまたも利下げ示唆…「適切に行動していく」 パウエル連邦準備制度理事会(FRB)…
  2. “リブラ衝撃”にBTCが急落…一部では6000ドルまで後退も予想 Facebookの独自仮想…
  3. 米国のドナルド・トランプ大統領は16日、北朝鮮問題について「制裁は引き続き維持されている」と、急ぐ事…
  4. 台風5号「ダナス」発生…日本への影響は? 台風5号「ダナス」がフィリピンの東海上で発生した。…
  5. 17日の仮想通貨市場は、ほとんどの銘柄が前日比10%以上の暴落を見せるなど重い雰囲気が漂っている。米…

おすすめ記事

  1. ユーザーがアプリに提供するデータに対し、報酬として仮想通貨を付与する「報酬型ブロックチェーンアプリケ…
  2. トランプ米大統領が12日、就任以来初めて仮想通貨についての見解を示した。…
  3. 10日、「日本の輸出規制」への対応策を講じるための韓国大統領府緊急懇談会に参加した韓国主要企業らは「…
  4. 「徴用工賠償判決」による日韓間の対立に触発された経済摩擦で日韓関係が最悪の状況に陥っている。この様な…
  5. 政府トップの林鄭月娥行政長官が、香港を揺るがしている「逃亡犯条例」改正案の完全廃棄を宣言した。…
ページ上部へ戻る