「脱エネルギー宣言」のサウジ…海外での原油・ガス開発へ

「脱エネルギー宣言」のサウジ…海外での原油・ガス開発へ

-アラムコの世界的競争力強化へ…「経済改革が順調でない」

エネルギーに対する経済依存脱却を推進して来たサウジアラビアが、これまで国内に限られていた石油・ガスの生産を、今後は海外にまで範囲を広げる計画を発表した。この間推進して来た「脱石油経済政策」が、順調でない事を意味していると考えられる。

サウジアラビアの国有石油企業「アラムコ」の会長兼エネルギー産業鉱物資源相のハリド・アル=ファリハ氏は12日、英紙フィナンシャル・タイムズとのインタビューで、「世界がアラムコの遊び場になるだろう」と話し、海外でもエネルギー生産を始める事を表明した。世界最大の石油生産企業でもあるアラムコは、これまで国内生産にのみ注力していた。

これまでにサウジアラビアが、海外での石油精製・石油化学部門に投資をした事はあるものの、アル=ファリハ大臣は、エネルギー開発から生産事業までを計画していると、「この事は今後アラムコの将来の重要な部分を占めるだろう」と話した。また「アラムコを、海外で石油とガスを生産するロイヤルダッチ・シェルやエクソン・モービルの様な、国際エネルギー市場の担い手に育て上げる」と強調し、石油より近年需要が増しているガスに対してより集中する事を示唆した。

サウジアラビアは、ロシアの液化天然ガス(LNG)開発や、米国のガス輸出資本への投資を検討中である事が、既に知られている。アル=ファリハ大臣は、オーストラリアに対する投資の可能性にも言及している。またサウジアラビアのムハンマド・ビン・サルマン皇太子は、サウジアラビアが「危険なレベルの石油中毒になっている」という表現を用いて、改革を経てエネルギー産業への依存度を減らし、伝統経済に対する投資拡大を推進して来た。

しかしアル=ファリハ大臣が、海外にまで石油・ガスの生産範囲を拡大し、引き続きエネルギーへの依存を示唆した事は、新たな分野へ経済を多様化させようとする事が、容易ではない事を意味している。

アル=ファリハ大臣は、経済改革が進んだとしても、これまでサウジアラビア経済の大きな比重を占めて来た石油・ガスは、今後も少なくとも政府収入の40〜50%を占めると見込んでいる。アラムコは過去最大規模になると見られるIPOの計画を発表し、注目を集めている。サウジアラビア政府が約1000億ドル(約11兆1000億円)を調達する事が予想される、アラムコの上場時期についてサルマン皇太子は、昨年10月のブルームバーグ社とのインタビューで、2020年末か2021年の初めになり、規模は2兆ドル程になるだろうと楽観していた。

昨年トルコで発生した、反体制派ジャーナリストのジャマル・カショギ氏死亡事件により、一部海外企業がサウジアラビアへの投資計画を削減したり中止したりしている。日本のソフトバンクのケースでは、サウジアラビア政府と共同で推進して来た、2000億ドル規模の太陽光発電所プロジェクト事業を、妥当性の不足を理由として中止している。

しかしアル=ファリハ大臣は、カショギ氏事件により、外国人がサウジアラビアへの投資を避けているとは考えていないと、今後の展望を楽観視している。

翻訳:水野卓

【踊る原油市場】

国際原油市場、ベネズエラの事態で変動性拡大は不可避
ベネズエラ石油制裁本格化…事実上最大の被害国は米?
サウジ、追加減産計画を発表
米エネルギー省「2020年に『エネルギー独立』」
混沌の石油市場、米国‐OPEC‐ロシアの‟パワーゲーム”

関連記事

ピックアップ記事

  1. 電車の中で大変そうに立っている老人と席に座っていた若者の写真をめぐり非難の声が殺到している。…
  2. 犬を放置して死なせたペットショップの店主が控訴審でも執行猶予付きの判決を言い渡された。…
  3. 韓国繊維産業の中心地「慶尚北道」に拠点を置く繊維企業が、日本の東京で輸出商談会を開催する。参加企業は…
  4. アップルが今年4月の公開を目標にしている、動画配信サービスが最終段階に入った。…
  5. 世界最大の電子商取引企業アマゾンは14日(現地時間)、米国・ニューヨークに設立する第2本社建設計画を…

おすすめ記事

  1. 2019-2-12

    韓国、海外ポルノサイトへの接続遮断でネット民が悲鳴

    韓国のネット民、特に男性ユーザーが悲鳴を上げている。韓国政府が海外ポルノサイトへの接続を遮断する強力…
  2. 2019-2-8

    イエレン前FRB議長、「FRBの次の一手は金利引き下げ」

    米FRBが次に取る政策は、金利引き上げではなく金利引き下げになると、ジャネット・イエレン前FRB議長…
  3. 2019-1-31

    ベネズエラ石油制裁本格化…事実上最大の被害国は米?

    トランプ政権によるベネズエラへの経済制裁は、全世界の石油業界、特に米国の石油業界に深刻な打撃を与える…
  4. 2019-1-30

    またも歴代最低出生数を更新…加速する韓国の少子化

    韓国の出生数がまたも歴代最低数値を更新した。政府は少子化対策のためここ13年間130兆ウォン(約12…
  5. 2019-1-28

    日韓再婚カップル、子供の相続分は?

    国際結婚の場合は、まずどちらの国の法律が適用されるかを考えなければなりません。亡くなられた方が韓国国…

アーカイブ

ページ上部へ戻る