【レーダー照射問題】冷え込む日韓関係…激しくなる対立

【レーダー照射問題】冷え込む日韓関係…激しくなる対立

昨年12月20日に韓国海軍艦艇と日本海上自衛隊の哨戒機のレーダー照射問題が起きてからすでに一ヶ月が経った。しかし、問題は解決されず両国の葛藤の溝だけが深くなっている。

防衛省は21日、ホームページに韓国艦艇からレーダー照射を受けた当時の「音の記録」を公開した。「射撃管制用レーダー(攻撃用レーダー)」との比較のため、サンプルとして「捜索用レーダーの音」も公開し、両方の音の違いを主張した。動画では射撃管制用レーダーの音の特徴である高い音が長く鳴り続き、日本側は「照射されたのは捜索用レーダーではなく射撃管制用レーダーだ」と主張している。

しかし、韓国側は、「日本が提示した資料は証拠能力が足りない」という立場。国防部の関係者は22日、防衛省が公開した電波信号の音について「加工された機械音」という見解を示した。同関係者は「(本当に当時の電波信号であれば)当時救助活動をしていた海警艦や周りの漁船などの音がすべて含まれなければならない」とし「我々がずっと求めてきた(レーダー)の検出時刻と方位角などを公開していない」と指摘した。別の関係者も「日本が公開した電波信号の接触音は様々なレーダー関連情報の一つ」とし「それ以外に周波数情報や方位、信号の大きさなど残りの情報まですべて確認してからこそ『照射された』ことが判明できる」と付け加えた。

一方、日本は21日、それ以上の実務協議を中断すると宣言した。これを受け韓国国防部は「決定的な証拠を提示しないまま実務協議を中断することに対し、強い遺憾を表する」と述べた。同問題と関連した実務協議も今後、予定されていないため、両国の溝はさらに深まるとみられる。

【レーダー照射問題…冷え込む日韓関係】

韓国、「レーダー照射問題を米国と共有」

日韓外相会談、関係改善になるか…北朝鮮問題で日本の協力を求める韓国

「日本と価値共有」が削除…レーダー照射問題で韓国国防白書にも変化か

韓国、レーダー照射を巡り「反論映像」公開

韓国外交部、日本側に遺憾表明…「レーダー問題確認無しで一方的に公開」

関連記事

ピックアップ記事

  1. 米韓合同軍事演習が20日に終了する予定で、米朝実務交渉再開への期待感も高まっている。…
  2. 韓国上場企業の純利益が大幅に減少したことがわかった。しかし、サムスン電子やSKハイニックスを除けば、…
  3. 香港の「逃亡犯条例」に反対するデモ隊が18日、大規模集会を開き香港政府に対して強く抗議する中、中国人…
  4. 昨年6月に第2次世界大戦以降初めて、西ヨーロッパ最初の大衆迎合主義(ポピュリズム) 政府がイタリアに…
  5. ビットコインの創設者として知られている「サトシ・ナカモト」を名乗る人物がまたも登場した。その人物は日…

おすすめ記事

  1. 韓国国民の4人に3人は、日本が経済報復措置を撤回しない限り日本製品の不買運動は続くと予想した。…
  2. 日本製品の不買運動の影響でユニクロなど日本ブランドの韓国モバイルアプリケーション(アプリ)の利用率が…
  3. 日本が福島第一原発に保管されている高濃度の放射能汚染水100万トン以上を太平洋に放流する計画だとする…
  4. 7月に韓国国内で販売された日本車の規模が1年前に比べて17.2%も減少したことが分かった。日本政府の…
  5. まるでドラマの様だった6.30米韓朝首脳の板門店会合から1ヶ月が過ぎた。板門店会合をドラマと表現した…
ページ上部へ戻る