韓国外交部、日本側に遺憾表明…「レーダー問題確認無しで一方的に公開」

写真:韓国海軍駆逐艦「広開土大王(クァンゲト・デワン)」/韓国軍

韓国外交部、日本側に遺憾表明…「レーダー問題確認無しで一方的に公開」

-日韓局長級会議で遺憾表明
-韓国軍、「日本の哨戒機が低空飛行」

韓国政府は24日、日本が韓国駆逐艦のレーダー照射問題に関して、事実確認無しに一方的な主張をしていると、強い遺憾を表明した事を明らかにした。

韓国外交部当局は、ソウルの外交部庁舎で持たれた日本の金杉憲治外務省アジア大洋州局長との日韓局長級外交当局者会談で、「日本側が事実関係について明確な確認無しに自分らの立場をメディアに公開した事に、強い遺憾を表明した」と、「会議には両国の軍当局も参席し、我が国の国防部からファクトを詳細に説明した」と明かした。

また、「日本側も説明したものの、お互いに異なる部分があった」と、「その様な部分は、今後国防当局を含め、両国政府が必要な意思疎通を続けて行く事にした」と話している。

日本は今月20日、韓国駆逐艦が北朝鮮の遭難船舶を救助する過程で、火器追跡レーダーで日本の哨戒機を狙う危険な行為をしたと主張している。当時駆逐艦は竹島から東北方面約180kmの距離にある大和堆漁場付近の日韓の中間水域で、遭難した北朝鮮船舶捜索作戦を進行中だった。

韓国国防部のイ・ジヌ副報道官は定例ブリーフィングで、「人道主義的救助のための通常の作戦行動を取っただけ」とし、「日本側が危険を感じる程の、どんな措置も無かった事を改めて強調したい」と明かした。また「むしろ日本の哨戒機が韓国駆逐艦の上空を異例の低空飛行した」と伝えた。

韓国軍関係者は、「低空飛行について一般的に見れば、ある国の軍艦の上空を、哨戒機が真上を通過する事は異例の飛行」とし、「我が国の駆逐艦はこの様な日本の哨戒機の特異な行動に対し、遭難船舶探索のために運用していた追跡レーダーに備えられている光学カメラを利用して監視する事になった。その過程で一切の電波放射や追跡レーダー稼働は無かった」と強調している。

韓国側は、駆逐艦は船舶捜索マニュアルに従って作戦を進めており、むしろ日本側が無理な飛行をしたとの主張。また、遭難した船舶は公海上にいただけに、日本側の哨戒機が韓国艦艇に接触した理由も明らかにしなければならないという立場だ。

最近、韓国大法院の強制徴用賠償判決、慰安婦の和解・癒し財団の解散、竹島問題など、日韓の間の溝が深まる中で、軍事分野でも衝突が生じた状況。これについて韓国外交部は、日韓局長級会議を定例化する事にしたと語っている。

韓国外交部当局者は、「お互いが見ている事案について、十分に両者が説明したものの、認識の差がある」と、「今後引き続き意思疎通をする事にした」と述べた。

翻訳:水野卓

関連記事

ピックアップ記事

  1. ドナルド・トランプ米大統領が1段階の米中貿易合意に署名した。ブルームバーグ通信が12日(現地時間)、…
  2. 11日(現地時間)、ビットコイニストによると、同社のジャック・ドーシーCEOは「脱中央型SNSを開発…
  3. 先月27日、UPbitから流出した580億ウォン(約53億円)相当の仮想通貨が事件発生後の2週間で1…
  4. 「逃亡犯条例」改定案への反対で始まった「香港デモ」の参加者らが、米時事週刊誌タイムの読者が選んだ「今…
  5. 香港のサウス・チャイナ・モーニング・ポストが最近、韓国で老若男女を問わず人気の韓国教育専門放送局EB…

おすすめ記事

  1. 香港のサウス・チャイナ・モーニング・ポストが最近、韓国で老若男女を問わず人気の韓国教育専門放送局EB…
  2. gjsr
    来年の世界の株式市場は米国の「10年天下」が幕を下ろし、日本、韓国、ドイツ、中国などの新たな「10年…
  3. 日本のソフトバンクと韓国のNAVERが結んだ「テックフィン同盟」では、ブロックチェーン技術が統合会社…
  4. 中国がブロックチェーン・仮想通貨技術を元にした「デジタル人民元」発行の秒読み段階に入った。専門家らは…
  5. 韓国ゲーム物管理委員会のイ・ジェホン委員長がブロックチェーンゲームと関連して「歓迎する」との立場を明…
ページ上部へ戻る