中国、米国産大豆の購入を決定…米中貿易交渉巡航のシグナル?

中国、米国産大豆の購入を決定…米中貿易交渉巡航のシグナル?

米中貿易交渉の結果に関心が集中されている中、中国国営企業が米国産大豆の購入を決定したことが分かった。

中国最大の国営穀物商社、中糧集団(COFCO)は2日、最近約100万トンの米国産大豆を購入した。ロイター通信は、「中国の国営企業が米国産大豆を購入しており、4〜7月中に米・メキシコ湾などで出荷が行われる予定だ」と報道した。

中国の米国産大豆の輸入は、米中貿易交渉の成果を予め判断する事件として認識されている。世界最大の大豆輸入国である中国は、米国の関税引き上げに対抗するため、昨年7月に米国産大豆に対する関税を25%にした。大豆を巡る両国の対立をきっかけに米国産大豆の価格は急落し、貿易摩擦も深刻になっていた。

こういう背景から、今回の米国産大豆の大量輸入決定は、米中貿易交渉で肯定的な結果が出たためとみられる。さらに、前日ホワイトハウスでトランプ大統領と会談した劉鶴(リウホー)・中国副首相は、同席で大豆500万トンの追加購入意思を伝えたという。海外メディアなどは、両国の貿易交渉が順調に進んでいる証として「中国の米国産大豆輸入再開」を取り上げている。

【米中貿易交渉、カギは大豆?!】

米中貿易戦争、‟大豆”のせいで中国が負ける?

中国、米産大豆の輸入再開へ

繰り返される貿易戦争の歴史

 

関連記事

ピックアップ記事

  1. 1万3000ドルまで上昇したビットコインがここ一週間の間に約26%下落し9000ドル台にとどまってい…
  2. パウエル議長がまたも利下げ示唆…「適切に行動していく」 パウエル連邦準備制度理事会(FRB)…
  3. “リブラ衝撃”にBTCが急落…一部では6000ドルまで後退も予想 Facebookの独自仮想…
  4. 米国のドナルド・トランプ大統領は16日、北朝鮮問題について「制裁は引き続き維持されている」と、急ぐ事…
  5. 台風5号「ダナス」発生…日本への影響は? 台風5号「ダナス」がフィリピンの東海上で発生した。…

おすすめ記事

  1. ユーザーがアプリに提供するデータに対し、報酬として仮想通貨を付与する「報酬型ブロックチェーンアプリケ…
  2. トランプ米大統領が12日、就任以来初めて仮想通貨についての見解を示した。…
  3. 10日、「日本の輸出規制」への対応策を講じるための韓国大統領府緊急懇談会に参加した韓国主要企業らは「…
  4. 「徴用工賠償判決」による日韓間の対立に触発された経済摩擦で日韓関係が最悪の状況に陥っている。この様な…
  5. 政府トップの林鄭月娥行政長官が、香港を揺るがしている「逃亡犯条例」改正案の完全廃棄を宣言した。…
ページ上部へ戻る