中国、米国産大豆の購入を決定…米中貿易交渉巡航のシグナル?

中国、米国産大豆の購入を決定…米中貿易交渉巡航のシグナル?

米中貿易交渉の結果に関心が集中されている中、中国国営企業が米国産大豆の購入を決定したことが分かった。

中国最大の国営穀物商社、中糧集団(COFCO)は2日、最近約100万トンの米国産大豆を購入した。ロイター通信は、「中国の国営企業が米国産大豆を購入しており、4〜7月中に米・メキシコ湾などで出荷が行われる予定だ」と報道した。

中国の米国産大豆の輸入は、米中貿易交渉の成果を予め判断する事件として認識されている。世界最大の大豆輸入国である中国は、米国の関税引き上げに対抗するため、昨年7月に米国産大豆に対する関税を25%にした。大豆を巡る両国の対立をきっかけに米国産大豆の価格は急落し、貿易摩擦も深刻になっていた。

こういう背景から、今回の米国産大豆の大量輸入決定は、米中貿易交渉で肯定的な結果が出たためとみられる。さらに、前日ホワイトハウスでトランプ大統領と会談した劉鶴(リウホー)・中国副首相は、同席で大豆500万トンの追加購入意思を伝えたという。海外メディアなどは、両国の貿易交渉が順調に進んでいる証として「中国の米国産大豆輸入再開」を取り上げている。

【米中貿易交渉、カギは大豆?!】

米中貿易戦争、‟大豆”のせいで中国が負ける?

中国、米産大豆の輸入再開へ

繰り返される貿易戦争の歴史

 

関連記事

ピックアップ記事

  1. −英国、1日で約6万人の感染者−ジョンソン首相「絶望的…怖い」−ワクチンが無用の長物となる危機−ド…
  2. −ブラックロック、仮想通貨専門人員採用予定−ペイパル、今年から仮想通貨決済サービス開始−韓国国内銀…
  3. [caption id="" align="alignnone" width="719"] 大阪難…
  4. 韓国中央防疫対策本部は、クリスマスとなる25日0時基準で新型コロナウイルスの新たな感染者が1241…
  5. 2017年に記録的なバブル崩壊を経験した仮想通貨ビットコイン(BTC)が現地時間16日、史上初めて…

おすすめ記事

  1. −年末年始を前に特段の対策が必要−ソウル市、5人以上の集合禁止方針決まる 新型コロナウイルス…
  2. 米国の新型コロナウイルス感染症による1日の死亡者数が過去最悪のテロ事件に上げられる911テロの犠牲…
  3. 済州経済通商振興院東京通商代表部(所長:崔 滄勳)は、11月16日から日本最大の韓流通りである東京…
  4. 韓国のモバイルラーニングシステム開発会社Newin Inc.が日本法人として「株式会社Newin J…
  5. 韓国の中古品売買サイト「ニンジンマーケット」で問題となった出品のキャプチャ ‐該当出品は現在削除、…
ページ上部へ戻る
Translate »