中国、米国産大豆の購入を決定…米中貿易交渉巡航のシグナル?

中国、米国産大豆の購入を決定…米中貿易交渉巡航のシグナル?

米中貿易交渉の結果に関心が集中されている中、中国国営企業が米国産大豆の購入を決定したことが分かった。

中国最大の国営穀物商社、中糧集団(COFCO)は2日、最近約100万トンの米国産大豆を購入した。ロイター通信は、「中国の国営企業が米国産大豆を購入しており、4〜7月中に米・メキシコ湾などで出荷が行われる予定だ」と報道した。

中国の米国産大豆の輸入は、米中貿易交渉の成果を予め判断する事件として認識されている。世界最大の大豆輸入国である中国は、米国の関税引き上げに対抗するため、昨年7月に米国産大豆に対する関税を25%にした。大豆を巡る両国の対立をきっかけに米国産大豆の価格は急落し、貿易摩擦も深刻になっていた。

こういう背景から、今回の米国産大豆の大量輸入決定は、米中貿易交渉で肯定的な結果が出たためとみられる。さらに、前日ホワイトハウスでトランプ大統領と会談した劉鶴(リウホー)・中国副首相は、同席で大豆500万トンの追加購入意思を伝えたという。海外メディアなどは、両国の貿易交渉が順調に進んでいる証として「中国の米国産大豆輸入再開」を取り上げている。

【米中貿易交渉、カギは大豆?!】

米中貿易戦争、‟大豆”のせいで中国が負ける?

中国、米産大豆の輸入再開へ

繰り返される貿易戦争の歴史

 

関連記事

ピックアップ記事

  1. 19日、世論調査会社「韓国ギャラップ」によると、文大統領が「よくやっている」とする肯定的な評価は、先…
  2. 北朝鮮の外務官僚が朝鮮中央通信を通じてマイク・ポンペオ米国務長官を非難し、降板を要求した事について、…
  3. 韓国気象庁は、19日午前11時16分、韓国東部の東海市の沖で地震が観測されたと発表した。震源地は東海…
  4. 今月15日(現地時間)に発生した、フランス・パリのノートルダム大聖堂の大火災。その原因として「電気短…
  5. ビットコインSV陣営を率いているクレイグ・ライト氏が、自身がビットコインの発明者「サトシ・ナカモト」…

おすすめ記事

  1. 2019-4-15

    仮想通貨業界で今年注目の4大ワードは?

    仮想通貨専門メディアのビットコインエクスチェンジガイドは最近、今年の仮想通貨の成長傾向を予測する4大…
  2. 2019-4-11

    実際のブラックホール写真が初公開…「我々の理論と予測が正しかった」

    世界で初めてブラックホールの存在とその姿が公開された。EHT(イベント・ホライズン・テレスコープ)理…
  3. 2019-4-9

    グーグルとアップルの覇権争いが勃発…5Gゲームコンテンツが収益源として浮上

    グーグルとアップルが5G常用化を前に、新たなゲーム・プラットフォーム開発を宣言した。グーグルとアップ…
  4. 2019-4-6

    スターバックス、真の目的はビットコイン銀行

    昨年8月、スターバックスがICEのBakkt(ビットコイン先物取引などを行うことができるプラットフォ…
  5. 2019-4-5

    没落した英雄…ゴーン会長が4度目の逮捕

    日本の検察は、保釈金を支払い先月6日に釈放されたカルロス・ゴーン前日産自動車会長を4日、特別背任容疑…

アーカイブ

ページ上部へ戻る