1月の株価上昇率で韓国が7位…日本は?

1月の株価上昇率で韓国が7位…日本は?

主要20カ国・地域(G20)の1月の株価上昇率で韓国が7位を記録した。

韓国証券の代表的指数である総合株価指数(KOSPI、コスピ)は1月末基準で2204ポイント。12月最終日の指数と比べると、約8%上昇した。コスピの上昇率は、アルゼンチン(19.92%)、トルコ(14.02%)、ロシア(13.63%)、ブラジル(10.81%)、サウジアラビア(9.36%)、カナダ(8.50%)に次く7番目。コスピは米中貿易摩擦の影響などで昨年10月に1996ポイントまで後退したが、今年に入って主要国の中でも比較的早く回復している。

他のG20ではイタリア(7.67%)、米国(7.16%)、ドイツ(5.81%)、メキシコ(5.63%)、フランス(5.53%)、インドネシア(5.46%)、欧州連合(5.26%)、オーストラリア(3.99%)、日本(3.79%)、中国(3.63%)の順で、昨年の株暴落から回復する動きを見せている。

しかし、多くの専門家らは今年の景気見通しの不透明感から「今の上昇動きは長く続くことは難しい」と予想している。

【要チェックの経済ニュース】

中国、米国産大豆の購入を決定…米中貿易交渉巡航のシグナル?

ベネズエラを締め付ける米…最終目標はキューバの没落

ベネズエラ石油制裁本格化…事実上最大の被害国は米?

中国製造業PMI、2ヶ月連続で50下回る

サウジ、追加減産計画を発表

関連記事

ピックアップ記事

  1. 韓国の徐虎(ソ・ホ)統一部次官は16日、慶応大学で開催された「朝鮮半島国際平和フォーラム」に出席し、…
  2. 懸念の声が高まっているフェイスブックの独自の仮想通貨「リブラ」が、米国の安保上の問題にまで浮上してい…
  3. 日本による輸出規制措置に対し、韓国政府がWTO(世界貿易機構)を中心とした「国際世論戦」と「WTO提…
  4. ユーザーがアプリに提供するデータに対し、報酬として仮想通貨を付与する「報酬型ブロックチェーンアプリケ…
  5. 通称「カブトムシ」で広く知られている、独フォルクスワーゲン(VW)の小型車「ビートル(Beetle)…

おすすめ記事

  1. トランプ米大統領が12日、就任以来初めて仮想通貨についての見解を示した。…
  2. 10日、「日本の輸出規制」への対応策を講じるための韓国大統領府緊急懇談会に参加した韓国主要企業らは「…
  3. 「徴用工賠償判決」による日韓間の対立に触発された経済摩擦で日韓関係が最悪の状況に陥っている。この様な…
  4. 政府トップの林鄭月娥行政長官が、香港を揺るがしている「逃亡犯条例」改正案の完全廃棄を宣言した。…
  5. 文在寅(ムン・ジェイン)大統領は8日、日本政府の「輸出規制」の撤回を要求した。…
ページ上部へ戻る