1月の株価上昇率で韓国が7位…日本は?

1月の株価上昇率で韓国が7位…日本は?

主要20カ国・地域(G20)の1月の株価上昇率で韓国が7位を記録した。

韓国証券の代表的指数である総合株価指数(KOSPI、コスピ)は1月末基準で2204ポイント。12月最終日の指数と比べると、約8%上昇した。コスピの上昇率は、アルゼンチン(19.92%)、トルコ(14.02%)、ロシア(13.63%)、ブラジル(10.81%)、サウジアラビア(9.36%)、カナダ(8.50%)に次く7番目。コスピは米中貿易摩擦の影響などで昨年10月に1996ポイントまで後退したが、今年に入って主要国の中でも比較的早く回復している。

他のG20ではイタリア(7.67%)、米国(7.16%)、ドイツ(5.81%)、メキシコ(5.63%)、フランス(5.53%)、インドネシア(5.46%)、欧州連合(5.26%)、オーストラリア(3.99%)、日本(3.79%)、中国(3.63%)の順で、昨年の株暴落から回復する動きを見せている。

しかし、多くの専門家らは今年の景気見通しの不透明感から「今の上昇動きは長く続くことは難しい」と予想している。

【要チェックの経済ニュース】

中国、米国産大豆の購入を決定…米中貿易交渉巡航のシグナル?

ベネズエラを締め付ける米…最終目標はキューバの没落

ベネズエラ石油制裁本格化…事実上最大の被害国は米?

中国製造業PMI、2ヶ月連続で50下回る

サウジ、追加減産計画を発表

関連記事

ピックアップ記事

  1. 19日、世論調査会社「韓国ギャラップ」によると、文大統領が「よくやっている」とする肯定的な評価は、先…
  2. 北朝鮮の外務官僚が朝鮮中央通信を通じてマイク・ポンペオ米国務長官を非難し、降板を要求した事について、…
  3. 韓国気象庁は、19日午前11時16分、韓国東部の東海市の沖で地震が観測されたと発表した。震源地は東海…
  4. 今月15日(現地時間)に発生した、フランス・パリのノートルダム大聖堂の大火災。その原因として「電気短…
  5. ビットコインSV陣営を率いているクレイグ・ライト氏が、自身がビットコインの発明者「サトシ・ナカモト」…

おすすめ記事

  1. 2019-4-15

    仮想通貨業界で今年注目の4大ワードは?

    仮想通貨専門メディアのビットコインエクスチェンジガイドは最近、今年の仮想通貨の成長傾向を予測する4大…
  2. 2019-4-11

    実際のブラックホール写真が初公開…「我々の理論と予測が正しかった」

    世界で初めてブラックホールの存在とその姿が公開された。EHT(イベント・ホライズン・テレスコープ)理…
  3. 2019-4-9

    グーグルとアップルの覇権争いが勃発…5Gゲームコンテンツが収益源として浮上

    グーグルとアップルが5G常用化を前に、新たなゲーム・プラットフォーム開発を宣言した。グーグルとアップ…
  4. 2019-4-6

    スターバックス、真の目的はビットコイン銀行

    昨年8月、スターバックスがICEのBakkt(ビットコイン先物取引などを行うことができるプラットフォ…
  5. 2019-4-5

    没落した英雄…ゴーン会長が4度目の逮捕

    日本の検察は、保釈金を支払い先月6日に釈放されたカルロス・ゴーン前日産自動車会長を4日、特別背任容疑…

アーカイブ

ページ上部へ戻る