1月の株価上昇率で韓国が7位…日本は?

1月の株価上昇率で韓国が7位…日本は?

主要20カ国・地域(G20)の1月の株価上昇率で韓国が7位を記録した。

韓国証券の代表的指数である総合株価指数(KOSPI、コスピ)は1月末基準で2204ポイント。12月最終日の指数と比べると、約8%上昇した。コスピの上昇率は、アルゼンチン(19.92%)、トルコ(14.02%)、ロシア(13.63%)、ブラジル(10.81%)、サウジアラビア(9.36%)、カナダ(8.50%)に次く7番目。コスピは米中貿易摩擦の影響などで昨年10月に1996ポイントまで後退したが、今年に入って主要国の中でも比較的早く回復している。

他のG20ではイタリア(7.67%)、米国(7.16%)、ドイツ(5.81%)、メキシコ(5.63%)、フランス(5.53%)、インドネシア(5.46%)、欧州連合(5.26%)、オーストラリア(3.99%)、日本(3.79%)、中国(3.63%)の順で、昨年の株暴落から回復する動きを見せている。

しかし、多くの専門家らは今年の景気見通しの不透明感から「今の上昇動きは長く続くことは難しい」と予想している。

【要チェックの経済ニュース】

中国、米国産大豆の購入を決定…米中貿易交渉巡航のシグナル?

ベネズエラを締め付ける米…最終目標はキューバの没落

ベネズエラ石油制裁本格化…事実上最大の被害国は米?

中国製造業PMI、2ヶ月連続で50下回る

サウジ、追加減産計画を発表

関連記事

ピックアップ記事

  1. 中国湖北省武漢市で発生した新型コロナウイルス(COVID-19)の感染者と死者の数が減少した。しかし…
  2. 韓国外交省が日韓軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の効力終了について「いつでも可能だ」とし、日本…
  3. 新型コロナウイルスの発生を最初に告発したものの、逆に中国政府の弾圧を受ける事になってしまった李文亮医…
  4. ビットコインは強力的な抵抗線である1万ドルを突破した。ビットコインが1万ドル台に進入したのは昨年11…
  5. 「ウクライナ・スキャンダル」から始まったドナルド・トランプ米国大統領に対する弾劾案が現地時間5日、米…

おすすめ記事

  1. 中国から来る宅配便は果たして新型コロナウイルスに安全だろうか。…
  2. Googleの親会社であるアルファベットの時価総額が16日(現地時間)、1兆ドル(約110兆円)を突…
  3. 「火の手から逃れたカンガルーの避難場所となっていたゴルフ場が"死の大地(キリング・フィールド)"にな…
  4. 昨年、韓国と隣国との国際関係は例年以上に多事多難だった。昨年7月の日本の輸出管理厳格化により韓国国内…
  5. イランがイラク西部の米軍基地をミサイルで攻撃したならないか、国際原油価格と安全資産である金の価格が急…
ページ上部へ戻る
Translate »