ドラマ『ロマンスは別冊付録』、イ・ナヨンとイ・ジョンソクのビハインドカットを公開

ドラマ『ロマンスは別冊付録』、イ・ナヨンとイ・ジョンソクのビハインドカットを公開

ドラマ『ロマンスは別冊付録』から、イ・ナヨンとイ・ジョンソクの美しいビジュアルが目を引くビハインドカットが公開され注目を集めている。

豪華キャストらが贈るロコ(ロマンティック・コメディ)は、スタートから違っていた。レジェンドコンビの再会と期待を集めていたイ・ジョンヒョ監督とチョン・ヒョンジョン脚本家は現実味あるストーリー展開で視聴者の共感を誘い、イ・ナヨンとイ・ジョンソクが見せる完璧なシナジーはカン・ダニ(イ・ナヨン)とチャ・ウノ(イ・ジョンソク)の日常にときめきを吹き込んだ。登場人物たちの繊細な感情の動きを表現しながら、笑いと共感までプラスした‘ロコ’に人気が沸騰している。

その人気の原動力となっているのがイ・ナヨンとイ・ジョンソクだ。9年ぶりにドラマに復帰したイ・ナヨンは、「キョンダンニョ(結婚や出産などでキャリアが途切れた女性)」であるカン・ダニを淡々と演じて共感を呼んだ。一方、自身初となるロマンティック・コメディで新たな魅力を開花させたイ・ジョンソクは、元来の魅力で視聴者を夢中にさせた。ダニの成長過程はもちろん、ダニとウノの関係も注目すべきポイントだ。前回の放送では、ウノが編集長を務める出版社にダニが入社し、二人の関係も次第に変化していくことが予告された。

今回公開された写真では、イ・ナヨンとイ・ジョンソクの持つ存在感が撮影現場を明るくしている。楽しそうに撮影に臨むイ・ナヨンの愛らしい表情が微笑ましい。厳しい現実にもめげず、ポジティブに前進するダニ。イ・ナヨン本人の魅力がそのまま乗り移ったかのようなダニの姿は、視聴者たちに彼女の第二の人生を応援したいという気持ちにさせる。

また、イ・ジョンソクの圧倒的な演技とルックスも必見だ。ダニの結婚を祝うため、直接ピアノ演奏を準備したウノ。寒さで凍り付いた手を温めながらリハーサルに備えるイ・ジョンソクの太陽のような笑顔は、見る者にときめきを与える。クールながらダニに対してだけは優しいウノは、彼が演じることでより一層魅力あふれるキャラクターとなった。

特に監督から「完璧主義者」とも評されるイ・ジョンソクは、このシーンのために1カ月以上ピアノの練習をしたという。

ドラマの制作陣は「二人がカン・ダニとチャ・ウンホを作り上げていく過程は繊細で真剣なものだ。細かな部分にもこだわりを散りばめたイ・ナヨンとイ・ジョンソクの演技、そして二人のシナジー効果には毎回驚かされる。ダニとウノの関係に少しずつ変化が表れ始めた。今後の展開にもぜひ期待して欲しい」と語った。

翻訳者:M.I

【注目の韓流ニュース】

BIGBANG事務所社長が謝罪「V.Iは麻薬をしてない…暴行問題のクラブは辞任」

パク・ユチョンが新アルバム発表…YouTubeで本格的に活動再開へ

ジェニー&カイが別れた?「チームとファンのため」=韓国メディア

ヒョンビン&ソン・イェジン 熱愛説浮上「一緒に米国旅行?」…事務所は否定

ヒョンビン&ソン・イェジン、再び熱愛説浮上…デート写真か

「Netflixだから可能だった」…時代劇+ゾンビの異色ドラマ『キングダム』が25日配信

俳優パク・へジン、来月日本で単独ファンミ開催

関連記事

ピックアップ記事

  1. アンニョンハセヨ。 去年から自粛生活が続くなかで家にいる間に韓国ドラマに、はまった方が多いそうです…
  2. −24時間で約100万円下落−ビットコインの変動性に対する憂慮発言相次ぐ ビットコイン(BTC)が…
  3. −「アップルと自動運転車の開発協議を進めていない」−現代自動車・KIA・現代モービス、公式に発表−…
  4. 軍部に監禁されたアウンサンスーチー国家顧問 今月1日、クーデターでミャンマー政府を掌握した軍部指導…
  5. - inno.N胃食道逆流疾患新薬ケイキャップ錠、中国許可審査着手- 2015年に中国ロシン(Lu…

おすすめ記事

  1. 趙善玉料理研究院の韓国語料理教室案内 最近、本当に韓国のテレビで料理番組やタレントさん達がいろいろ…
  2. 養子となって僅か10ヶ月、養父母による虐待で死亡したジョンインちゃん(養子縁組後の名前:アン・ユル…
  3. 韓国で初めて猫の新型コロナウイルス感染事例が発生した。写真は本社DB −「人への感染事例は無い」 …
  4. ニューヨーク・タイムズに掲載されたキムチの広告。写真は徐敬德教授が提供。 韓国誠信女子大の徐敬德教…
  5. −年末年始を前に特段の対策が必要−ソウル市、5人以上の集合禁止方針決まる 新型コロナウイルス…
ページ上部へ戻る
Translate »