アマゾン…「コピー商品」問題に憂慮明かす

アマゾン…「コピー商品」問題に憂慮明かす

‐年次報告書で「模造品販売…根本的には防げない可能性も」

世界最大の電子商取引企業アマゾンが、模造品すなわち「コピー商品」の存在を初めて業績報告書で取り上げた。アマゾンがコピー商品問題を年次業績報告書を通じて投資家らに伝えたのは初めて。報告書は「コピー商品をアマゾンの危険要素」とし、「第三者の販売を通じて流通している製品の中の模造品や偽の商品はアマゾンにとっても危険要素になる可能性がある」と分析している。

アマゾンは業績報告書の「危険要素」の項目で、「私達は、販売者が法を守らなかったり、偽物、海賊版、または盗品を販売する事を防げない可能性もある」と、「販売者が法を守らず、非倫理的な方法で販売したり、他人の所有権を侵害したり、私達の規則に違反する事を防げない可能性もある」と説明している。

アマゾンで販売される商品の中で、偽物または本物でないと疑われている商品に対する問題点は、長い間提起され続けてきた。しかし偽の商品を危険要素に分類したとしても、これを根源から遮断出来るかについては疑念が生じる。米経済チャンネルCNBCは、アマゾンの第三者を通じた販売比率が更に高まれば、問題も更に悪化する可能性があると指摘している。

CNBCは「アマゾンはコピー商品を”許さない”という原則と、これを是正するための新技術を構築して来たと、公的に明らかにしているが、第三者が商品を販売する事を許容している(アマゾン)市場は、コピー商品に悩まされて来た」と、「今回の報告書は、コピー商品に対するアマゾンの深い憂慮を反映したもの」と伝えている。

アマゾンで販売される商品が第三者を通じて販売される比率は、2017年に初めて50%を超えた。

翻訳:水野卓

【君臨するアマゾン】

消えゆく店舗…アマゾンのシェアが80%超える

アマゾンが世界一企業に…時価総額でマイクロソフトを追い越す

アマゾン、顧客情報が流出…「技術的な問題があった」

米アマゾン、「第2本社はニューヨーク」

アマゾンのジェフ・ベゾス氏、米国長者番付1位へ…ビル・ゲイツは2位に

関連記事

ピックアップ記事

  1. 価格上昇が続く仮想通貨ビットコイン(BTC)は現地時間24日、1万9000ドルを突破した。コインデ…
  2. 仮想通貨ビットコイン(BTC)が留まる事無く上昇を続けている。現地時間16日以降は1日に1000ド…
  3. 米モデルナの新型コロナワクチンが現地時間16日、ニューヨーク株式市場を再び史上最高値に引き上げた。…
  4. 韓国で13日より室内公共施設などでマスクを着用しなかった場合、10万ウォン(約9400円)の過料が…
  5. 11月11日午前、ソウルにある汝矣島漢江公園のムルビッステージで「都市、空を開く」との副題で開かれ…

おすすめ記事

  1. 済州経済通商振興院東京通商代表部(所長:崔 滄勳)は、11月16日から日本最大の韓流通りである東京…
  2. 韓国のモバイルラーニングシステム開発会社Newin Inc.が日本法人として「株式会社Newin J…
  3. 世界で新型コロナウイルス感染症による死亡者はこれまで約100万人。世界各国が防疫に力を入れているが、…
  4. 済州経済通商振興院(院長:文寬永)がコロナ19によるパンデミック(世界的大流行)の中でも、オンライ…
  5. 韓国の昨年の出生数が最低水準の30万人台序盤に下がった事で、合計出生率も0.92人まで下落した。この…
ページ上部へ戻る
Translate »