アマゾン…「コピー商品」問題に憂慮明かす

アマゾン…「コピー商品」問題に憂慮明かす

‐年次報告書で「模造品販売…根本的には防げない可能性も」

世界最大の電子商取引企業アマゾンが、模造品すなわち「コピー商品」の存在を初めて業績報告書で取り上げた。アマゾンがコピー商品問題を年次業績報告書を通じて投資家らに伝えたのは初めて。報告書は「コピー商品をアマゾンの危険要素」とし、「第三者の販売を通じて流通している製品の中の模造品や偽の商品はアマゾンにとっても危険要素になる可能性がある」と分析している。

アマゾンは業績報告書の「危険要素」の項目で、「私達は、販売者が法を守らなかったり、偽物、海賊版、または盗品を販売する事を防げない可能性もある」と、「販売者が法を守らず、非倫理的な方法で販売したり、他人の所有権を侵害したり、私達の規則に違反する事を防げない可能性もある」と説明している。

アマゾンで販売される商品の中で、偽物または本物でないと疑われている商品に対する問題点は、長い間提起され続けてきた。しかし偽の商品を危険要素に分類したとしても、これを根源から遮断出来るかについては疑念が生じる。米経済チャンネルCNBCは、アマゾンの第三者を通じた販売比率が更に高まれば、問題も更に悪化する可能性があると指摘している。

CNBCは「アマゾンはコピー商品を”許さない”という原則と、これを是正するための新技術を構築して来たと、公的に明らかにしているが、第三者が商品を販売する事を許容している(アマゾン)市場は、コピー商品に悩まされて来た」と、「今回の報告書は、コピー商品に対するアマゾンの深い憂慮を反映したもの」と伝えている。

アマゾンで販売される商品が第三者を通じて販売される比率は、2017年に初めて50%を超えた。

翻訳:水野卓

【君臨するアマゾン】

消えゆく店舗…アマゾンのシェアが80%超える

アマゾンが世界一企業に…時価総額でマイクロソフトを追い越す

アマゾン、顧客情報が流出…「技術的な問題があった」

米アマゾン、「第2本社はニューヨーク」

アマゾンのジェフ・ベゾス氏、米国長者番付1位へ…ビル・ゲイツは2位に

関連記事

ピックアップ記事

  1. 現地の人材をブロックチェーン専門のエンジニアとして育成し、技術開発に投入する目的で、インドでの事業展…
  2. 米テスラは、中国・上海工場で生産する電気自動車にLG化学のバッテリーを搭載することを決定した。LG化…
  3. ドイツの自動車メーカー「フォルクスワーゲン」は22日(現地時間)、同社が電気自動車メーカー「テスラ」…
  4. 済州経済通商振興院東京通商代表部(所長:崔 滄勳)は、済州企業の日本市場進出拡大のため、8月21日(…
  5. 韓国政府が22日、日韓軍事情報保護協定(GSOMIA)破棄を電撃決定したなか、河野太郎外務大臣はこの…

おすすめ記事

  1. 韓国の食品医薬品安全処は21日、放射能が微量検出されて返送履歴がある輸入食品の安全性検査件数を2倍に…
  2. 昨年6月に第2次世界大戦以降初めて、西ヨーロッパ最初の大衆迎合主義(ポピュリズム) 政府がイタリアに…
  3. 韓国国民の4人に3人は、日本が経済報復措置を撤回しない限り日本製品の不買運動は続くと予想した。…
  4. 日本製品の不買運動の影響でユニクロなど日本ブランドの韓国モバイルアプリケーション(アプリ)の利用率が…
  5. 日本が福島第一原発に保管されている高濃度の放射能汚染水100万トン以上を太平洋に放流する計画だとする…
ページ上部へ戻る