アマゾン…「コピー商品」問題に憂慮明かす

アマゾン…「コピー商品」問題に憂慮明かす

‐年次報告書で「模造品販売…根本的には防げない可能性も」

世界最大の電子商取引企業アマゾンが、模造品すなわち「コピー商品」の存在を初めて業績報告書で取り上げた。アマゾンがコピー商品問題を年次業績報告書を通じて投資家らに伝えたのは初めて。報告書は「コピー商品をアマゾンの危険要素」とし、「第三者の販売を通じて流通している製品の中の模造品や偽の商品はアマゾンにとっても危険要素になる可能性がある」と分析している。

アマゾンは業績報告書の「危険要素」の項目で、「私達は、販売者が法を守らなかったり、偽物、海賊版、または盗品を販売する事を防げない可能性もある」と、「販売者が法を守らず、非倫理的な方法で販売したり、他人の所有権を侵害したり、私達の規則に違反する事を防げない可能性もある」と説明している。

アマゾンで販売される商品の中で、偽物または本物でないと疑われている商品に対する問題点は、長い間提起され続けてきた。しかし偽の商品を危険要素に分類したとしても、これを根源から遮断出来るかについては疑念が生じる。米経済チャンネルCNBCは、アマゾンの第三者を通じた販売比率が更に高まれば、問題も更に悪化する可能性があると指摘している。

CNBCは「アマゾンはコピー商品を”許さない”という原則と、これを是正するための新技術を構築して来たと、公的に明らかにしているが、第三者が商品を販売する事を許容している(アマゾン)市場は、コピー商品に悩まされて来た」と、「今回の報告書は、コピー商品に対するアマゾンの深い憂慮を反映したもの」と伝えている。

アマゾンで販売される商品が第三者を通じて販売される比率は、2017年に初めて50%を超えた。

翻訳:水野卓

【君臨するアマゾン】

消えゆく店舗…アマゾンのシェアが80%超える

アマゾンが世界一企業に…時価総額でマイクロソフトを追い越す

アマゾン、顧客情報が流出…「技術的な問題があった」

米アマゾン、「第2本社はニューヨーク」

アマゾンのジェフ・ベゾス氏、米国長者番付1位へ…ビル・ゲイツは2位に

関連記事

ピックアップ記事

  1. 韓国政府が今年6月まで仮想通貨取引を集中的に取り締まる。韓国金融委員会は仮想通貨の出金モニタリング…
  2. 写真は総理官邸ホームページから 米国のジョー・バイデン大統領は今月16日に米国で開かれる、日本の菅…
  3. 主要産油国が新型コロナウイルス感染症の世界的な流行解消と大々的な景気反騰に備え、今後3ヶ月の間に原…
  4. ―韓国疾病庁、予定より3ヶ月前倒しで実用化―丁世均首相「海外でも使える様に推進」 韓国版のブロック…
  5. 「美容大国」である韓国独自の特殊化粧品技術とビューティー商品を日本に紹介している株式会社TEISH…

おすすめ記事

  1. 韓国産の発酵紅参を輸入・販売するヒストリーメーカージャパンが、日本有数の旅行社エイチ・アイ・エス(…
  2. フィナンシャルニュースジャパンが運営するインターネットニュースサイト「fnnews.jp」が、関西…
  3. 京都サンガFC監督を務めている曺貴裁氏が来年1月11日、京都国際中学高等学校で講演会を行う。 1.…
  4. 駐大阪韓国文化院は12月4日(土)、福岡国際会議場で第12回「話してみよう韓国語」福岡大会を開催し…
  5. 駐大阪韓国文化院とコリアNGOセンターは、韓日交流の痕跡を辿るオンライン散策<大阪コリアタウ…
ページ上部へ戻る
Translate »