米アマゾン、「第2本社はニューヨーク」

米アマゾン、「第2本社ニューヨーク

世界最大ネット通販(EC)企業のアマゾン(Amazon)は13日(現地時間)、第2本社(HQ2)をニューヨーク市とバージニア州の2カ所に分散して設立すると公式発表した。

海外メディアによると、アマゾンはニューヨーク市のロングアイランドシティとバージニア州北部アーリントン郡・クリスタルシティに第2本社を同じ規模で分割して設立し、それぞれ2万5千人規模の人材を採用する方針だ。そのため、アマゾンは2地域に総額50億ドルを投資する計画。また、テネシー州ナシュビルにも新運営センターを立ち上げ、5千人以上の雇用を生み出す予定だ。アマゾンは「3地域で新しくできる仕事の平均年収は15万ドルを上回る」と付け加えた。

ニューヨークとバージニア州北部が第2本社の建設地として選ばれた理由は、便利な空港へのアクセスと公共交通、容易な人材確保などが挙げられている。アマゾンの最高経営責任者(CEO)ジェフ・ベゾス氏は声明で「2地域はこれから数年間、アマゾンが顧客のための発明を継続するために必要な世界的レベルの人材を確保できるようにしてくれる」と、人材確保の面を最優先したことを伺わせた。

米CNBCテレビによると、アマゾンはニューヨーク市とテネシー州ナシュビルから最大22億ドルのインセンティブを受け取ることになるという。

これで1年以上に渡って全国的な注目の中で推進されてきたアマゾンの第2本社選定プロジェクトはまとまり、実行の段階に入った。去年9月にアマゾンがシアトル本社と同規模の第2本社を設立する計画を発表して以来、全米の計238地域は減税など様々な好条件を掲げてアマゾン誘致合戦を繰り広げてきた。

翻訳:尹怡景

 

関連記事

ピックアップ記事

  1. 19日、世論調査会社「韓国ギャラップ」によると、文大統領が「よくやっている」とする肯定的な評価は、先…
  2. 北朝鮮の外務官僚が朝鮮中央通信を通じてマイク・ポンペオ米国務長官を非難し、降板を要求した事について、…
  3. 韓国気象庁は、19日午前11時16分、韓国東部の東海市の沖で地震が観測されたと発表した。震源地は東海…
  4. 今月15日(現地時間)に発生した、フランス・パリのノートルダム大聖堂の大火災。その原因として「電気短…
  5. ビットコインSV陣営を率いているクレイグ・ライト氏が、自身がビットコインの発明者「サトシ・ナカモト」…

おすすめ記事

  1. 2019-4-15

    仮想通貨業界で今年注目の4大ワードは?

    仮想通貨専門メディアのビットコインエクスチェンジガイドは最近、今年の仮想通貨の成長傾向を予測する4大…
  2. 2019-4-11

    実際のブラックホール写真が初公開…「我々の理論と予測が正しかった」

    世界で初めてブラックホールの存在とその姿が公開された。EHT(イベント・ホライズン・テレスコープ)理…
  3. 2019-4-9

    グーグルとアップルの覇権争いが勃発…5Gゲームコンテンツが収益源として浮上

    グーグルとアップルが5G常用化を前に、新たなゲーム・プラットフォーム開発を宣言した。グーグルとアップ…
  4. 2019-4-6

    スターバックス、真の目的はビットコイン銀行

    昨年8月、スターバックスがICEのBakkt(ビットコイン先物取引などを行うことができるプラットフォ…
  5. 2019-4-5

    没落した英雄…ゴーン会長が4度目の逮捕

    日本の検察は、保釈金を支払い先月6日に釈放されたカルロス・ゴーン前日産自動車会長を4日、特別背任容疑…

アーカイブ

ページ上部へ戻る