アマゾン、ニューヨーク第2本社計画を諦める

アマゾン、ニューヨーク第2本社計画を諦める

世界最大の電子商取引企業アマゾンは14日(現地時間)、米国・ニューヨークに設立する第2本社建設計画を断念すると発表した。ニューヨーク市がアマゾン誘致のために提供する税優遇処置に反対する一部の地域政治家の激しい反発が背景となっている。

アマゾンははホームページを通じて声明を発表し、「ニューヨーク市民の70%が賛成したが、地域の政治家らの反対が激しく、クイーンズ区のロングアイランド・シティーに計画していた第2本社建設を諦めることを決定した」と説明した。

アマゾンは2万5000〜4万の雇用を同地域で創出することを約束したが、反対派の政治家は、ニューヨーク州と市が合計30億ドル規模の税制優遇を提供することに強く反発してきた。またアマゾンの第2本社により地域公共サービスが打撃を受けることを警戒していた。

アマゾンは今後、ニューヨークに代わる第2本社建設候補地を探さず、米国とカナダの既存17カ所のオフィスで雇用を増やす計画だ。

【君臨するアマゾン】

アマゾン…「コピー商品」問題に憂慮明かす
消えゆく店舗…アマゾンのシェアが80%超える
アマゾンが世界一企業に…時価総額でマイクロソフトを追い越す
アマゾン、顧客情報が流出…「技術的な問題があった」
米アマゾン、「第2本社はニューヨーク」

関連記事

ピックアップ記事

  1. 新型コロナウイリスの世界的大流行(ファンデミク)が5ヶ月以上続いているなか、全世界の感染者数が600…
  2. 民間宇宙旅行時代の幕が上がった。米国の宇宙企業スペースXが現地時間5月30日に初の有人宇宙船発射に成…
  3. 米国電気自動車メーカー「テスラ」の最高経営責任者(CEO)イーロン・マスク氏が800億円を超える成果…
  4. 中国が香港の国家保安法を制定し、米国がこれに対する制裁の動きを見せている事で、世界経済にも「危険信号…
  5. 韓国政府が再び防疫措置を強化することを発表した。新型コロナウイリスの感染拡大をいち早く封じ防疫の手本…

おすすめ記事

  1. 令和2年5月27日時点で日本政府と自治体が実施している支援金・給付金制度をまとめました。実施予定の…
  2. 韓国で新型コロナウイルス感染拡大防止のための自宅隔離命令に従わなかった日本人男性が拘束された。外国人…
  3. 韓国でデジタル性犯罪処罰を強化する関連法改正案が19日から施行された。今後、違法なアダルト動画を単純…
  4. 今月、米国の野球ファンの間でのホットイシューは、夜中に中継される韓国プロ野球KBOリーグだった。米国…
  5. 韓国の産業通商資源部は12日、日本の対韓国輸出規制強化措置について「我々は日本が提起した事由を全て解…
ページ上部へ戻る
Translate »