アマゾン、ニューヨーク第2本社計画を諦める

アマゾン、ニューヨーク第2本社計画を諦める

世界最大の電子商取引企業アマゾンは14日(現地時間)、米国・ニューヨークに設立する第2本社建設計画を断念すると発表した。ニューヨーク市がアマゾン誘致のために提供する税優遇処置に反対する一部の地域政治家の激しい反発が背景となっている。

アマゾンははホームページを通じて声明を発表し、「ニューヨーク市民の70%が賛成したが、地域の政治家らの反対が激しく、クイーンズ区のロングアイランド・シティーに計画していた第2本社建設を諦めることを決定した」と説明した。

アマゾンは2万5000〜4万の雇用を同地域で創出することを約束したが、反対派の政治家は、ニューヨーク州と市が合計30億ドル規模の税制優遇を提供することに強く反発してきた。またアマゾンの第2本社により地域公共サービスが打撃を受けることを警戒していた。

アマゾンは今後、ニューヨークに代わる第2本社建設候補地を探さず、米国とカナダの既存17カ所のオフィスで雇用を増やす計画だ。

【君臨するアマゾン】

アマゾン…「コピー商品」問題に憂慮明かす
消えゆく店舗…アマゾンのシェアが80%超える
アマゾンが世界一企業に…時価総額でマイクロソフトを追い越す
アマゾン、顧客情報が流出…「技術的な問題があった」
米アマゾン、「第2本社はニューヨーク」

関連記事

ピックアップ記事

  1. 写真はバイデン候補のツイッタから 米国大統領選挙が2週後に迫った状況で、民主党のジョー・バイデン候…
  2. 中国経済が新型コロナショックを乗り越えV字回復へ向かっている。不振を抜け出せなかった消費が元に戻り…
  3. 韓国行政安全部は16日、OECD(経済協力開発機構)が初めて実施した「デジタル政府評価」で韓国政府が…
  4. 米中摩擦の間で、BTSが予想外の災難に見舞われた。 中国のネットユーザーらは「BTSが好きなら売国…
  5. 米テスラのイーロン·マスク最高経営者(CEO)が、今年創立以来初めて、年間50万台を超える自動車を…

おすすめ記事

  1. -コロナ19状況下、オフラインからオンラインマーケティングにシフト 済州経済通商振興院東京通商代表…
  2. 世界で新型コロナウイルス感染症による死亡者はこれまで約100万人。世界各国が防疫に力を入れているが、…
  3. 済州経済通商振興院(院長:文寬永)がコロナ19によるパンデミック(世界的大流行)の中でも、オンライ…
  4. 韓国の昨年の出生数が最低水準の30万人台序盤に下がった事で、合計出生率も0.92人まで下落した。この…
  5. −S&P500、ダウ平均株価も上昇で終了−アップル時価総額2兆ドル、テスラ株2000ドル突…
ページ上部へ戻る
Translate »