韓国「ナッツ姫」、夫にも暴力・暴行?…離婚訴訟の理由が明らかに

写真:大韓航空の趙顕娥(チョ・ヒョナ、左)前副社長。右は韓進グループ会長の趙亮鎬(チョ・ヤンホ)

韓国「ナッツ姫」、夫にも暴力・暴行?…離婚訴訟の理由が明らかに

ナッツリターン事件で知られている大韓航空元副社長の趙顕娥(チョ・ヒョンア)氏が離婚訴訟中の夫から暴行や児童虐待などの容疑で告訴されたことが分かった。韓国メディアが20日に報道した。

韓国警察によると、夫の朴氏は前日、暴行・暴力、児童虐待などの容疑で趙氏を告訴した。朴氏は昨年4月に離婚訴訟を提起。妻からの暴言・暴力を離婚の理由としてあげ衝撃を与えた。

告訴状には、趙氏が双子の息子らを虐待したという内容が含まれている。韓国メディアによると、趙氏は、子供らがご飯を早く食べないことを理由にスプーンを投げたり、寝つきが悪いとして暴言を吐いたりしたという。

趙氏側は「朴氏のアルコール中毒で結婚生活の維持が困難となった」と反論。児童虐待の疑惑については「全く根拠のない一方的な主張」と否定した。

趙氏は2014年に出発直前の大韓航空旅客機内で乗務員のナッツの出し方に激怒し、機体を引き返させた「ナッツリターン事件」の主人公。同事件で裁判にかけられた趙氏は一審で懲役1年の実刑判決を受けたが、控訴審で懲役刑が執行猶予となり釈放された。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 仮想通貨ビットコイン(BTC)が留まる事無く上昇を続けている。現地時間16日以降は1日に1000ド…
  2. 米モデルナの新型コロナワクチンが現地時間16日、ニューヨーク株式市場を再び史上最高値に引き上げた。…
  3. 韓国で13日より室内公共施設などでマスクを着用しなかった場合、10万ウォン(約9400円)の過料が…
  4. 11月11日午前、ソウルにある汝矣島漢江公園のムルビッステージで「都市、空を開く」との副題で開かれ…
  5. ‐2018年1月以来の1万5000ドル超え‐コロナ禍に米大統領選の不確実性加わり‐大統領選不服によ…

おすすめ記事

  1. 済州経済通商振興院東京通商代表部(所長:崔 滄勳)は、11月16日から日本最大の韓流通りである東京…
  2. 韓国のモバイルラーニングシステム開発会社Newin Inc.が日本法人として「株式会社Newin J…
  3. 世界で新型コロナウイルス感染症による死亡者はこれまで約100万人。世界各国が防疫に力を入れているが、…
  4. 済州経済通商振興院(院長:文寬永)がコロナ19によるパンデミック(世界的大流行)の中でも、オンライ…
  5. 韓国の昨年の出生数が最低水準の30万人台序盤に下がった事で、合計出生率も0.92人まで下落した。この…
ページ上部へ戻る
Translate »