韓国「ナッツ姫」、夫にも暴力・暴行?…離婚訴訟の理由が明らかに

写真:大韓航空の趙顕娥(チョ・ヒョナ、左)前副社長。右は韓進グループ会長の趙亮鎬(チョ・ヤンホ)

韓国「ナッツ姫」、夫にも暴力・暴行?…離婚訴訟の理由が明らかに

ナッツリターン事件で知られている大韓航空元副社長の趙顕娥(チョ・ヒョンア)氏が離婚訴訟中の夫から暴行や児童虐待などの容疑で告訴されたことが分かった。韓国メディアが20日に報道した。

韓国警察によると、夫の朴氏は前日、暴行・暴力、児童虐待などの容疑で趙氏を告訴した。朴氏は昨年4月に離婚訴訟を提起。妻からの暴言・暴力を離婚の理由としてあげ衝撃を与えた。

告訴状には、趙氏が双子の息子らを虐待したという内容が含まれている。韓国メディアによると、趙氏は、子供らがご飯を早く食べないことを理由にスプーンを投げたり、寝つきが悪いとして暴言を吐いたりしたという。

趙氏側は「朴氏のアルコール中毒で結婚生活の維持が困難となった」と反論。児童虐待の疑惑については「全く根拠のない一方的な主張」と否定した。

趙氏は2014年に出発直前の大韓航空旅客機内で乗務員のナッツの出し方に激怒し、機体を引き返させた「ナッツリターン事件」の主人公。同事件で裁判にかけられた趙氏は一審で懲役1年の実刑判決を受けたが、控訴審で懲役刑が執行猶予となり釈放された。

関連記事

ピックアップ記事

  1. アンニョンハセヨ。 去年から自粛生活が続くなかで家にいる間に韓国ドラマに、はまった方が多いそうです…
  2. −24時間で約100万円下落−ビットコインの変動性に対する憂慮発言相次ぐ ビットコイン(BTC)が…
  3. −「アップルと自動運転車の開発協議を進めていない」−現代自動車・KIA・現代モービス、公式に発表−…
  4. 軍部に監禁されたアウンサンスーチー国家顧問 今月1日、クーデターでミャンマー政府を掌握した軍部指導…
  5. - inno.N胃食道逆流疾患新薬ケイキャップ錠、中国許可審査着手- 2015年に中国ロシン(Lu…

おすすめ記事

  1. 趙善玉料理研究院の韓国語料理教室案内 最近、本当に韓国のテレビで料理番組やタレントさん達がいろいろ…
  2. 養子となって僅か10ヶ月、養父母による虐待で死亡したジョンインちゃん(養子縁組後の名前:アン・ユル…
  3. 韓国で初めて猫の新型コロナウイルス感染事例が発生した。写真は本社DB −「人への感染事例は無い」 …
  4. ニューヨーク・タイムズに掲載されたキムチの広告。写真は徐敬德教授が提供。 韓国誠信女子大の徐敬德教…
  5. −年末年始を前に特段の対策が必要−ソウル市、5人以上の集合禁止方針決まる 新型コロナウイルス…
ページ上部へ戻る
Translate »