仮想通貨「シックス(SIX)」ICOで完売

仮想通貨「シックス(SIX)」ICOで完売

イエローモバイル社の総合デジタルマーケティング企業、フューチャーストリームネットワークス(FSN)が仮想通貨「シックス(SIX)」を発行した。

FSNの東南アジア法人であるYDMグローバルは4日、シックスのICO(新規仮想通貨公開)を通して5億2000万個のトークンを売り上げたと発表した。資料によると、1シックスの価格は0.1ドルで、単純計算上は約556億ウォンほどが今回のICOを通じて集まったとみられる。しかしICOには割引やボーナスのような特例も含まれているため、詳細な投資金額は確認することができない。

同社は「ICOで集まった総額の公開は控えたい」とし「イーサリアムなどの仮想通貨をもって投資されるため、相場に合わせ価格変動の可能性がある」と説明した。

シックスは先月1ヶ月間パブリックセールを実施した。この期間中に用意されていた5億2000万個のトークンはすべて完売。先の4月に行ったプレセールでも8日間で1,500万ドル(約161億ウォン)を募集するなど大きな話題を呼んでいた。

完売したシックスのトークンは本日6日より購入者らに配布される予定だ。

シックスのトークンは今後‘シックス・ウォレット’などを通じて使用することができる。FSNはシックスのネットワークを広告取引に導入していく計画だ。

同社は「シックスのICOが成功したのは、ブロックチェーン基盤のデジタルマーケティング・プラットフォームに対する市場の高い関心の証。タイのOokbee Uを始めとする有数のグローバルパートナーと共に、シックスのネットワークが早く市場に定着できるよう最善を尽くしたい」と伝えた。

翻訳者:M.I

関連記事

ピックアップ記事

  1. 韓国政府が対北制裁の例外となる観光事業などを進めるとの考えを明らかにした事について、米ホワイトハウス…
  2. 米国と中国の「第1段階の貿易合意」にもかかわらず、貿易をめぐる両国の緊張はまだ終わっていないという意…
  3. イラン司法当局が14日(現地時間)、ウクライナ機の撃墜と関連し、多数の容疑者を逮捕したと発表した。…
  4. 仮想通貨情報サイトのコインマーケットキャップによると、15日午前11時基準でビットコインの価額は過去…
  5. 中国の湖北省武漢市で発生したウイルス性肺炎の感染事例が香港、台湾に続き、タイでも確認されるなど、徐々…

おすすめ記事

  1. 「火の手から逃れたカンガルーの避難場所となっていたゴルフ場が"死の大地(キリング・フィールド)"にな…
  2. 昨年、韓国と隣国との国際関係は例年以上に多事多難だった。昨年7月の日本の輸出管理厳格化により韓国国内…
  3. イランがイラク西部の米軍基地をミサイルで攻撃したならないか、国際原油価格と安全資産である金の価格が急…
  4. オーストラリア南東部の史上最悪の森林火災で、今まで野生動物5億匹が死んだと推定された。米CNBCによ…
  5. 中国政府が湖北省・武漢市で集団発生した原因不明の肺炎について重症急性呼吸器症候群(SARS)ではな…
ページ上部へ戻る