ネオフライ、セキュリティ企業「センチネルプロトコル」に投資

ネオフライは、ブロックチェーン基盤のセキュリティプロジェクト「センチネルプロトコル」への投資を決行した。

ネオフライ、4番目の投資先はブロックチェーン基盤のセキュリティ企業「センチネルプロトコル」

ブロックチェーン関連技術に投資をするアクセラレータ「ネオフライ」が4番目の投資先としてブロックチェーン基盤のセキュリティ企業「センチネルプロトコル」を選定したと8日明らかにした。

センチネルプロトコルは、ホワイト・ハッカーやサイバーセキュリティ専門家からの知識を元に脅威データを収集・分析し共有する、ブロックチェーン基盤のインテリジェンス・プラットフォームを構築した企業だ。

仮想通貨を用いた送金・投資・支払いを行う利用者または企業が、ハッキングやオンライン上で詐欺被害に遭遇する事例を未然に防ぐため、これに特化したデータベースとポータルサービスを年内に開始する予定。また世界中の仮想通貨取引所や決済サービスなどと提携し、万が一被害にあった場合でも盗難貨幣の使用を防止できるという内容などを盛り込んでいる。

センチネルを通じて使用者の仮想通貨資産が保護される事例として△詐欺前例のある口座宛に送金しようとすると警告文が表示され、当該口座への送金可否を再確認、場合によっては取引制限を行う△平素のパターンとは異なる例外的な取引が発生した場合、セキュリティの再認証を実行するなどがある。

センチネルプロトコルのパク・ヘミン共同創業者は「脱中央化というブロックチェーンの技術的側面のみをもって、既存のセキュリティ業界を改革しようというのではない。インセンティブ・システムという経済学的観点から、セキュリティの専門家らが互いに情報共有を行い連携できる環境をプラットフォーム内に作ること」と説明した。

またパク氏は「盗難された仮想通貨の使用を禁止し、不正行為およびハッキング攻撃についてはその原因を根本的に排除する。徹底してこのような行為を防止するための生態系拡大に努めている」と付け加えた。

ネオフライのクォン・ヨンギル代表は「センチネルは集団的知識をもって仮想通貨取引の際に生じる不安を解消することができるプラットフォーム。使用者が安心して取引できる環境を作ってくれると期待している」と強調した。

一方でネオフライは、ゲーム企業ネオウィズの親会社であるネオウィズホールディングスの投資専門系列社。ブロックチェーン基盤の広告プラットフォームプロジェクト”フラクタル”をはじめ、TTCプロトコル、コスモチェーンなどへ投資したこともある。

翻訳者:M.I

 

関連記事

ピックアップ記事

  1. 韓国の徐虎(ソ・ホ)統一部次官は16日、慶応大学で開催された「朝鮮半島国際平和フォーラム」に出席し、…
  2. 懸念の声が高まっているフェイスブックの独自の仮想通貨「リブラ」が、米国の安保上の問題にまで浮上してい…
  3. 日本による輸出規制措置に対し、韓国政府がWTO(世界貿易機構)を中心とした「国際世論戦」と「WTO提…
  4. ユーザーがアプリに提供するデータに対し、報酬として仮想通貨を付与する「報酬型ブロックチェーンアプリケ…
  5. 通称「カブトムシ」で広く知られている、独フォルクスワーゲン(VW)の小型車「ビートル(Beetle)…

おすすめ記事

  1. トランプ米大統領が12日、就任以来初めて仮想通貨についての見解を示した。…
  2. 10日、「日本の輸出規制」への対応策を講じるための韓国大統領府緊急懇談会に参加した韓国主要企業らは「…
  3. 「徴用工賠償判決」による日韓間の対立に触発された経済摩擦で日韓関係が最悪の状況に陥っている。この様な…
  4. 政府トップの林鄭月娥行政長官が、香港を揺るがしている「逃亡犯条例」改正案の完全廃棄を宣言した。…
  5. 文在寅(ムン・ジェイン)大統領は8日、日本政府の「輸出規制」の撤回を要求した。…
ページ上部へ戻る