検察、性関係盗撮疑惑のチョン・ジュニョンに逮捕状請求

検察、性関係盗撮疑惑のチョン・ジュニョンに逮捕状請求

韓国検察は19日、性関係動画を違法に撮影・流布した疑いを受けている歌手チョン・ジュニョン(30)などに対し逮捕状を請求した。「スンリのグループチャット」に参加していたメンバーの中、検察が身柄確保に乗り出したのは今回が初めて。

ソウル中央地検は同日、性暴力犯罪の処罰などに関する特例法違反の疑いでチョン・ジュニョンとクラブ「バーニングサン」で従業員として働いていたキム氏に対し、逮捕状を請求したと明らかにした。

チョン・ジュニョンは2015年末、スンリ(本名:イ・スンヒョン)とユリ・ホールディングス代表のユ氏(34)などと一緒に参加していたグループチャットルームなどで違法撮影したと思われる性関係動画を流布した疑いを受けている。韓国メディアによると、チョン・ジュニョンらが流布した動画や写真などによる被害者は10人にのぼるという。

チョン・ジュニョンなどの逮捕を決定する被疑者尋問(令状実質審査)は、近いうちにソウル中央地裁で開かれる予定だ。

一方、チョン・ジュニョンは違法動画の撮影と流布などの疑惑について容疑をすべて認めた。チョン・ジュニョンは声明で「私は同意を得ず女性を撮影し、これをSNSのチャットルームに流布した。そのような行為をしながらも大きな罪悪感なく行動した」とし「映像に登場する女性の方と、失望と驚愕で憤りを感じるすべての方にひざまずいて謝罪申し上げる」と伝えた。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 新型コロナウイルス肺炎の確定患者と死者が1日の間に急増した。中国は春節休暇を延長してまで全力で対応に…
  2. 米プロバスケットボール(NBA)の伝説的なスター、コービー・ブライアント(41)が26日、ヘリコプタ…
  3. 投資コンサルティング会社「玄海インベストメントアドバイザー」が大規模な太陽光発電施設向けの新ファンド…
  4. 「新型肺炎」と呼ばれる新種のコロナウイルスの宿主がコウモリだという、中国研究者の分析が出た。…
  5. 国際通貨体制に一大変化が予告されている。欧州連合(EU)、英国、カナダ、スウェーデン、スイス、日本な…

おすすめ記事

  1. Googleの親会社であるアルファベットの時価総額が16日(現地時間)、1兆ドル(約110兆円)を突…
  2. 「火の手から逃れたカンガルーの避難場所となっていたゴルフ場が"死の大地(キリング・フィールド)"にな…
  3. 昨年、韓国と隣国との国際関係は例年以上に多事多難だった。昨年7月の日本の輸出管理厳格化により韓国国内…
  4. イランがイラク西部の米軍基地をミサイルで攻撃したならないか、国際原油価格と安全資産である金の価格が急…
  5. オーストラリア南東部の史上最悪の森林火災で、今まで野生動物5億匹が死んだと推定された。米CNBCによ…
ページ上部へ戻る