サムスン家の長女 李富真、プロポフォール常習投与疑惑…警察は資料確保できず

サムスン家の長女 李富真、プロポフォール常習投与疑惑…警察は資料確保できず

ホテル新羅の社長でサンスン家の長女である李富真(イ・ブジン)氏の”プロポフォール投与疑惑”を捜査している韓国警察は、李社長が通っていたとされる某整形外科の協力拒否で容疑を立証できる資料を確保していないことがわかった。

ソウル地方警察庁の広域捜査隊は22日、前日に続いて、ソウル・江南区のH整形外科の資料を確保するため、現場調査に乗り出している。しかし同病院側は、警察の診療記録や医薬品搬出入台帳などの任意提出要求を拒否している。

警察の関係者は「前日のような状況で、警察と保健当局関係者が現場で待機中」とし「病院側から資料を確保し、事実関係を確認する予定だ」と明らかにした。また「李社長のプロポフォール常習投薬疑惑を最初に提起した情報提供者にも接触してみる計画だ」と語った。

一方、プロポフォールは、強い中毒性で2011年に麻薬類に指定された向精神薬。韓国メディアによると、李富真社長は2016年1月から同年10月まで1か月に少なくて2回以上に渡ってH整形外科でプロポフォールを投与していたという。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 米国投資銀行ゴールドマン・サックスが、新型コロナウイルスの拡散により米国の第2四半期の国内総生産(G…
  2. 日本政府が新型コロナウイルス感染症の拡散防止のため、韓国と中国発の入国制限措置を4月末まで延長するこ…
  3. ヨーロッパではイタリアに続きスペインも新型コロナウイルス感染症による死者の数が中国を超えた。現在、全…
  4. 国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長は、1年延期された東京五輪の開催時期について「夏に限定し…
  5. 写真はpixabayから 英国王室のチャールズ皇太子が新型コロナウイルスに感染したことが分か…

おすすめ記事

  1. 韓国の文在寅大統領は30日、新型コロナウイルスの感染拡大による経済危機克服策の一環として、「所得下位…
  2. 米国カリフォルニア州の共和党の下院予備選候補だったジョアン・ライト氏は先月27日、自身のツイッターで…
  3. 韓国の人口が、3カ月連続で「自然減」となったことがわかった。婚姻と出産が急減したことが原因で、出生児…
  4. 韓国企業が、マスクの再利用が可能となる抗菌剤を開発し、注目を集めている。科学専門企業「Ventex」…
  5. 韓国京畿道城南市陽地洞(ソンナム市ヤンジ洞)にある教会「恩恵の川」の信徒40人が新型コロナウイルスに…
ページ上部へ戻る
Translate »