サムスン家の長女 李富真、プロポフォール常習投与疑惑…警察は資料確保できず

サムスン家の長女 李富真、プロポフォール常習投与疑惑…警察は資料確保できず

ホテル新羅の社長でサンスン家の長女である李富真(イ・ブジン)氏の”プロポフォール投与疑惑”を捜査している韓国警察は、李社長が通っていたとされる某整形外科の協力拒否で容疑を立証できる資料を確保していないことがわかった。

ソウル地方警察庁の広域捜査隊は22日、前日に続いて、ソウル・江南区のH整形外科の資料を確保するため、現場調査に乗り出している。しかし同病院側は、警察の診療記録や医薬品搬出入台帳などの任意提出要求を拒否している。

警察の関係者は「前日のような状況で、警察と保健当局関係者が現場で待機中」とし「病院側から資料を確保し、事実関係を確認する予定だ」と明らかにした。また「李社長のプロポフォール常習投薬疑惑を最初に提起した情報提供者にも接触してみる計画だ」と語った。

一方、プロポフォールは、強い中毒性で2011年に麻薬類に指定された向精神薬。韓国メディアによると、李富真社長は2016年1月から同年10月まで1か月に少なくて2回以上に渡ってH整形外科でプロポフォールを投与していたという。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 韓国の鄭景斗(チョン・ギョンドゥ)国防部長官は22日、北朝鮮の金与正(キム・ヨジョン)朝鮮労働党第…
  2. トランプ米大統領は3ヵ月ぶりに開催した支持者集会が興行に失敗すると、激怒した。 21日(現地時間)…
  3. ジョン・ボルトン元・米国国家安全保障問題担当大統領補佐官の回顧録の内容が更に公開され、トランプ政権の…
  4. サーモンが新型コロナウイルスの感染源だという濡れ衣を晴らした。ノルウェーと中国の両国は、サーモンは新…
  5. 安価で広く使われている抗炎症治療剤「デキサメタゾン」が、新型コロナウイリスの治療剤として急浮上した。…

おすすめ記事

  1. 北朝鮮から脱北し韓国で国会議員に当選した池成浩(チ・ソンホ)議員は4日、「北朝鮮住民の知る権利も保障…
  2. 令和2年5月27日時点で日本政府と自治体が実施している支援金・給付金制度をまとめました。実施予定の…
  3. 韓国で新型コロナウイルス感染拡大防止のための自宅隔離命令に従わなかった日本人男性が拘束された。外国人…
  4. 韓国でデジタル性犯罪処罰を強化する関連法改正案が19日から施行された。今後、違法なアダルト動画を単純…
  5. 今月、米国の野球ファンの間でのホットイシューは、夜中に中継される韓国プロ野球KBOリーグだった。米国…
ページ上部へ戻る
Translate »