サムスン家の長女 李富真、プロポフォール常習投与疑惑…警察は資料確保できず

サムスン家の長女 李富真、プロポフォール常習投与疑惑…警察は資料確保できず

ホテル新羅の社長でサンスン家の長女である李富真(イ・ブジン)氏の”プロポフォール投与疑惑”を捜査している韓国警察は、李社長が通っていたとされる某整形外科の協力拒否で容疑を立証できる資料を確保していないことがわかった。

ソウル地方警察庁の広域捜査隊は22日、前日に続いて、ソウル・江南区のH整形外科の資料を確保するため、現場調査に乗り出している。しかし同病院側は、警察の診療記録や医薬品搬出入台帳などの任意提出要求を拒否している。

警察の関係者は「前日のような状況で、警察と保健当局関係者が現場で待機中」とし「病院側から資料を確保し、事実関係を確認する予定だ」と明らかにした。また「李社長のプロポフォール常習投薬疑惑を最初に提起した情報提供者にも接触してみる計画だ」と語った。

一方、プロポフォールは、強い中毒性で2011年に麻薬類に指定された向精神薬。韓国メディアによると、李富真社長は2016年1月から同年10月まで1か月に少なくて2回以上に渡ってH整形外科でプロポフォールを投与していたという。

関連記事

ピックアップ記事

  1. ドナルド・トランプ米大統領が1段階の米中貿易合意に署名した。ブルームバーグ通信が12日(現地時間)、…
  2. 11日(現地時間)、ビットコイニストによると、同社のジャック・ドーシーCEOは「脱中央型SNSを開発…
  3. 先月27日、UPbitから流出した580億ウォン(約53億円)相当の仮想通貨が事件発生後の2週間で1…
  4. 「逃亡犯条例」改定案への反対で始まった「香港デモ」の参加者らが、米時事週刊誌タイムの読者が選んだ「今…
  5. 香港のサウス・チャイナ・モーニング・ポストが最近、韓国で老若男女を問わず人気の韓国教育専門放送局EB…

おすすめ記事

  1. 香港のサウス・チャイナ・モーニング・ポストが最近、韓国で老若男女を問わず人気の韓国教育専門放送局EB…
  2. gjsr
    来年の世界の株式市場は米国の「10年天下」が幕を下ろし、日本、韓国、ドイツ、中国などの新たな「10年…
  3. 日本のソフトバンクと韓国のNAVERが結んだ「テックフィン同盟」では、ブロックチェーン技術が統合会社…
  4. 中国がブロックチェーン・仮想通貨技術を元にした「デジタル人民元」発行の秒読み段階に入った。専門家らは…
  5. 韓国ゲーム物管理委員会のイ・ジェホン委員長がブロックチェーンゲームと関連して「歓迎する」との立場を明…
ページ上部へ戻る