「福島原発の放射性物質がアラスカまで流れた」=海外メディア

「福島原発の放射性物質がアラスカまで流れた」=海外メディア

福島第1原子力発電所から流出された放射能汚染物質が、太平洋の最北端に位置するベーリング海のアラスカの島で発見されたとの研究結果が出た。

27日(現地時間)、ロイター通信によると、アラスカ・フェアバンクス大学の海洋研究チームは、昨年にセントローレンス島近くの海水を分析した結果、「セシウム137の濃度が若干上昇したことを確認した」と伝えた。研究チームは福島原発事故に伴うものだと推定している。

ベーリング海で放射線物質が検出されたのは、過去2014年以来二回目。米国国立海洋大気庁(NOAA)は当時、アラスカのセントポール島に生息しているオットセイの筋肉組織から福島原発事故によるものとみられる放射性核種(radionuclide)を発見したと発表した。福島原発事故に伴う放射性核種は、アラスカのほか、米国西海岸、カナダのブリティッシュコロンビア州、アラスカ湾などでも発見されたことがある。

ただし、アラスカの海洋諮問機関は、今回発見されたセシウム137の濃度は太平洋で自然発生される放射線物質の10分の4のレベルに過ぎず、「人体には害がない」と説明した。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 10月13日に25歳の誕生日を迎える、世界的な人気を誇るBTSのジミン。世界各地のARMY(BTSの…
  2. 「大久保まつり」が10月14日に開催される。場所は例年通りにJR新大久保駅から大久保2丁目交差点まで…
  3. サウジアラビアの港でイラン国営石油会社のタンカーが爆発し、大量の石油が紅海に流出した。イランは今回の…
  4. 米航空機メーカーのボーイング社と独自動車メーカーのポルシェが「空飛ぶ電気自動車」を共同開発することで…
  5. 曹国(チョ・グク)法務部長官任命から1ヶ月が経過したものの依然として賛否論争は激しく、文在寅大統領と…

おすすめ記事

  1. フェイスブックの仮想通貨リブラの同盟が急激に揺れ動いている。世界最大のオンライン決済企業のひとつ、ペ…
  2. 今年下半期に日本円の価値が世界各国の通貨の中で最も大幅に上昇するとの見通しだ。世界的な景気沈滞への憂…
  3. 韓国外交部は27日、声明を出し、「日本の防衛白書は、我々の固有の領土である独島(竹島)に対して領有権…
  4. 韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領の支持率が40%台前半に落ち込んだ。世論調査会社「リアルメーター…
  5. 韓国でアフリカ豚コレラ(ASF)が拡散の兆しを見せているなか、豚肉の価格が暴騰する動きを見せ懸念が高…
ページ上部へ戻る