仮想通貨業界で今年注目の4大ワードは?

仮想通貨業界で今年注目の4大ワードは?

仮想通貨専門メディアのビットコインエクスチェンジガイドは最近、今年の仮想通貨の成長傾向を予測する4大キーワードを提示した。

●「ATM」
最初のキーワードは「ATM」。米国全域でビットコインATM数が増えると予測されている。最近シカゴではビットコインATMを追加で設置。これにより設置数が100台を超え、フィラデルフィアと同水準となった。ATMが増えれば、仮想通貨の大衆化もその分加速する。

●「中央銀行」
二つ目のキーワードは「中央銀行」。各国の中央銀行が仮想通貨の発行を積極検討し、仮想通貨業界に新しい風が吹くと見られる。銀行口座を持たなくても仮想通貨を使用することはできるが、もし中央銀行が仮想通貨を発行、または関連銀行との提携を行う場合、仮想通貨の使用方式や利用率に大きな変化が起こるとみられる。

●「スマートフォン」
三つ目のキーワードは「スマートフォン」。サムスン電子のGalaxy S10がキーストアを搭載するなど、仮想通貨ウォレット内蔵スマートフォンブームの波が来ている。仮想通貨を保存できるスマートフォンが発売されれば、その需要は爆発すると予測される。

●「観光産業」
四つ目のキーワードは「観光産業」。世界の有名観光地では、仮想通貨を決済方法に導入する動きが高まっているという。最近、豪クイーンズランド州のある観光地が「仮想通貨フレンドリー」を宣言した。このような傾向は今年さらに拡大する見通しだ。

翻訳者:M.I

関連記事

ピックアップ記事

  1. 写真はバイデン候補のツイッタから 米国大統領選挙が2週後に迫った状況で、民主党のジョー・バイデン候…
  2. 中国経済が新型コロナショックを乗り越えV字回復へ向かっている。不振を抜け出せなかった消費が元に戻り…
  3. 韓国行政安全部は16日、OECD(経済協力開発機構)が初めて実施した「デジタル政府評価」で韓国政府が…
  4. 米中摩擦の間で、BTSが予想外の災難に見舞われた。 中国のネットユーザーらは「BTSが好きなら売国…
  5. 米テスラのイーロン·マスク最高経営者(CEO)が、今年創立以来初めて、年間50万台を超える自動車を…

おすすめ記事

  1. -コロナ19状況下、オフラインからオンラインマーケティングにシフト 済州経済通商振興院東京通商代表…
  2. 世界で新型コロナウイルス感染症による死亡者はこれまで約100万人。世界各国が防疫に力を入れているが、…
  3. 済州経済通商振興院(院長:文寬永)がコロナ19によるパンデミック(世界的大流行)の中でも、オンライ…
  4. 韓国の昨年の出生数が最低水準の30万人台序盤に下がった事で、合計出生率も0.92人まで下落した。この…
  5. −S&P500、ダウ平均株価も上昇で終了−アップル時価総額2兆ドル、テスラ株2000ドル突…
ページ上部へ戻る
Translate »