仮想通貨業界で今年注目の4大ワードは?

仮想通貨業界で今年注目の4大ワードは?

仮想通貨専門メディアのビットコインエクスチェンジガイドは最近、今年の仮想通貨の成長傾向を予測する4大キーワードを提示した。

●「ATM」
最初のキーワードは「ATM」。米国全域でビットコインATM数が増えると予測されている。最近シカゴではビットコインATMを追加で設置。これにより設置数が100台を超え、フィラデルフィアと同水準となった。ATMが増えれば、仮想通貨の大衆化もその分加速する。

●「中央銀行」
二つ目のキーワードは「中央銀行」。各国の中央銀行が仮想通貨の発行を積極検討し、仮想通貨業界に新しい風が吹くと見られる。銀行口座を持たなくても仮想通貨を使用することはできるが、もし中央銀行が仮想通貨を発行、または関連銀行との提携を行う場合、仮想通貨の使用方式や利用率に大きな変化が起こるとみられる。

●「スマートフォン」
三つ目のキーワードは「スマートフォン」。サムスン電子のGalaxy S10がキーストアを搭載するなど、仮想通貨ウォレット内蔵スマートフォンブームの波が来ている。仮想通貨を保存できるスマートフォンが発売されれば、その需要は爆発すると予測される。

●「観光産業」
四つ目のキーワードは「観光産業」。世界の有名観光地では、仮想通貨を決済方法に導入する動きが高まっているという。最近、豪クイーンズランド州のある観光地が「仮想通貨フレンドリー」を宣言した。このような傾向は今年さらに拡大する見通しだ。

翻訳者:M.I

関連記事

ピックアップ記事

  1. 新型コロナウイリスの世界的大流行(ファンデミク)が5ヶ月以上続いているなか、全世界の感染者数が600…
  2. 民間宇宙旅行時代の幕が上がった。米国の宇宙企業スペースXが現地時間5月30日に初の有人宇宙船発射に成…
  3. 米国電気自動車メーカー「テスラ」の最高経営責任者(CEO)イーロン・マスク氏が800億円を超える成果…
  4. 中国が香港の国家保安法を制定し、米国がこれに対する制裁の動きを見せている事で、世界経済にも「危険信号…
  5. 韓国政府が再び防疫措置を強化することを発表した。新型コロナウイリスの感染拡大をいち早く封じ防疫の手本…

おすすめ記事

  1. 令和2年5月27日時点で日本政府と自治体が実施している支援金・給付金制度をまとめました。実施予定の…
  2. 韓国で新型コロナウイルス感染拡大防止のための自宅隔離命令に従わなかった日本人男性が拘束された。外国人…
  3. 韓国でデジタル性犯罪処罰を強化する関連法改正案が19日から施行された。今後、違法なアダルト動画を単純…
  4. 今月、米国の野球ファンの間でのホットイシューは、夜中に中継される韓国プロ野球KBOリーグだった。米国…
  5. 韓国の産業通商資源部は12日、日本の対韓国輸出規制強化措置について「我々は日本が提起した事由を全て解…
ページ上部へ戻る
Translate »