米、「北朝鮮の飛翔体は弾道ミサイル」…追加制裁の可能性も

米、「北朝鮮の飛翔体は弾道ミサイル」…追加制裁の可能性も

米国は、9日午後に北朝鮮が発射した飛翔体が弾道ミサイルであると断定した。これが事実ならば、北朝鮮は国連安全保障理事会の決議に違反した事になり、この事への調査や追加制裁は避けられないとみられる。

米国防省は9日の声明で、「北朝鮮が米国東部時間で木曜の早い時刻に、北朝鮮の北西部地域から複数の弾道ミサイルをテスト発射した」と、「ミサイルは発射場から東の方角に飛行し、海に落ちるまで300km以上を飛行した」と伝えた。

米国のドナルド・トランプ大統領も同日、北朝鮮が発射した飛翔体を「短距離ミサイル」だと断定している。

トランプ大統領はこの日、ホワイトハウスで記者らと面会し、このところの北朝鮮の相次ぐ挑発に関して「私達は今、深刻に注視している」と、「それらは小型ミサイルで、短距離ミサイルだった」と話した。

米国が北朝鮮が発射した飛翔体を弾道ミサイルだと断定した事により、北朝鮮は2017年11月以後、1年5ヶ月振りに国連安保理決議に違反した事になる。2017年12月に採択された安保理対北制裁決議2397号は、「北朝鮮が弾道ミサイル技術や核実験、またはあらゆる挑発を使用する追加発射をしてはならないとする(安保理)決定を再確認する」と明示している。

韓国の文在寅大統領も9日、就任2周年の対談で「たとえ短距離であっても、弾道ミサイルであれば、国連安保理決議違反の素地も無くはないと考える」と話している。

韓国の合同参謀本部は、「9日午後4時29分と4時49分頃、平壌北道亀城地域から短距離ミサイルと推定される未確認飛翔体をそれぞれ1発ずつ、計2発を東の方角に発射した」と、「推定飛行距離は約420kmと約270km、高度は約50km」と伝えた。

翻訳︰水野卓

関連記事

ピックアップ記事

  1. 中国経済が新型コロナショックを乗り越えV字回復へ向かっている。不振を抜け出せなかった消費が元に戻り…
  2. 韓国行政安全部は16日、OECD(経済協力開発機構)が初めて実施した「デジタル政府評価」で韓国政府が…
  3. 米中摩擦の間で、BTSが予想外の災難に見舞われた。 中国のネットユーザーらは「BTSが好きなら売国…
  4. 米テスラのイーロン·マスク最高経営者(CEO)が、今年創立以来初めて、年間50万台を超える自動車を…
  5. 米国ホワイトハウスでの新型コロナウイルス感染拡大が止まらない。日々新たな感染者が発生し、現在までホ…

おすすめ記事

  1. -コロナ19状況下、オフラインからオンラインマーケティングにシフト 済州経済通商振興院東京通商代表…
  2. 世界で新型コロナウイルス感染症による死亡者はこれまで約100万人。世界各国が防疫に力を入れているが、…
  3. 済州経済通商振興院(院長:文寬永)がコロナ19によるパンデミック(世界的大流行)の中でも、オンライ…
  4. 韓国の昨年の出生数が最低水準の30万人台序盤に下がった事で、合計出生率も0.92人まで下落した。この…
  5. −S&P500、ダウ平均株価も上昇で終了−アップル時価総額2兆ドル、テスラ株2000ドル突…
ページ上部へ戻る
Translate »