米、「北朝鮮の飛翔体は弾道ミサイル」…追加制裁の可能性も

米、「北朝鮮の飛翔体は弾道ミサイル」…追加制裁の可能性も

米国は、9日午後に北朝鮮が発射した飛翔体が弾道ミサイルであると断定した。これが事実ならば、北朝鮮は国連安全保障理事会の決議に違反した事になり、この事への調査や追加制裁は避けられないとみられる。

米国防省は9日の声明で、「北朝鮮が米国東部時間で木曜の早い時刻に、北朝鮮の北西部地域から複数の弾道ミサイルをテスト発射した」と、「ミサイルは発射場から東の方角に飛行し、海に落ちるまで300km以上を飛行した」と伝えた。

米国のドナルド・トランプ大統領も同日、北朝鮮が発射した飛翔体を「短距離ミサイル」だと断定している。

トランプ大統領はこの日、ホワイトハウスで記者らと面会し、このところの北朝鮮の相次ぐ挑発に関して「私達は今、深刻に注視している」と、「それらは小型ミサイルで、短距離ミサイルだった」と話した。

米国が北朝鮮が発射した飛翔体を弾道ミサイルだと断定した事により、北朝鮮は2017年11月以後、1年5ヶ月振りに国連安保理決議に違反した事になる。2017年12月に採択された安保理対北制裁決議2397号は、「北朝鮮が弾道ミサイル技術や核実験、またはあらゆる挑発を使用する追加発射をしてはならないとする(安保理)決定を再確認する」と明示している。

韓国の文在寅大統領も9日、就任2周年の対談で「たとえ短距離であっても、弾道ミサイルであれば、国連安保理決議違反の素地も無くはないと考える」と話している。

韓国の合同参謀本部は、「9日午後4時29分と4時49分頃、平壌北道亀城地域から短距離ミサイルと推定される未確認飛翔体をそれぞれ1発ずつ、計2発を東の方角に発射した」と、「推定飛行距離は約420kmと約270km、高度は約50km」と伝えた。

翻訳︰水野卓

関連記事

ピックアップ記事

  1. 韓国の新型コロナウイルス感染者数が前日より20人増加した。…
  2. 最近、朝鮮半島で小規模な地震が多発している事で、韓国の地震の専門家らが大型地震発生の可能性を警告して…
  3. ソフトバンクが所有する米Tモバイルの株式200億ドル(約2兆1564億円)分の売却を進めている。…
  4. 韓国の新型コロナウイルス感染者数が前日より32人増加した。一日あたりの新規感染者が30人台に増えたの…
  5. 韓国でデジタル性犯罪処罰を強化する関連法改正案が19日から施行された。今後、違法なアダルト動画を単純…

おすすめ記事

  1. 韓国でデジタル性犯罪処罰を強化する関連法改正案が19日から施行された。今後、違法なアダルト動画を単純…
  2. 今月、米国の野球ファンの間でのホットイシューは、夜中に中継される韓国プロ野球KBOリーグだった。米国…
  3. 韓国の産業通商資源部は12日、日本の対韓国輸出規制強化措置について「我々は日本が提起した事由を全て解…
  4. 世界各地で移動制限(シャットダウン)が徐々に緩和される事で、新型コロナウイルスの感染者が再び増加する…
  5. 自宅隔離者用の安全保護アプリをダウンロードした上で設定し、個人情報を入力して係員(軍から支援活動に来…
ページ上部へ戻る
Translate »