米、「北朝鮮の飛翔体は弾道ミサイル」…追加制裁の可能性も

米、「北朝鮮の飛翔体は弾道ミサイル」…追加制裁の可能性も

米国は、9日午後に北朝鮮が発射した飛翔体が弾道ミサイルであると断定した。これが事実ならば、北朝鮮は国連安全保障理事会の決議に違反した事になり、この事への調査や追加制裁は避けられないとみられる。

米国防省は9日の声明で、「北朝鮮が米国東部時間で木曜の早い時刻に、北朝鮮の北西部地域から複数の弾道ミサイルをテスト発射した」と、「ミサイルは発射場から東の方角に飛行し、海に落ちるまで300km以上を飛行した」と伝えた。

米国のドナルド・トランプ大統領も同日、北朝鮮が発射した飛翔体を「短距離ミサイル」だと断定している。

トランプ大統領はこの日、ホワイトハウスで記者らと面会し、このところの北朝鮮の相次ぐ挑発に関して「私達は今、深刻に注視している」と、「それらは小型ミサイルで、短距離ミサイルだった」と話した。

米国が北朝鮮が発射した飛翔体を弾道ミサイルだと断定した事により、北朝鮮は2017年11月以後、1年5ヶ月振りに国連安保理決議に違反した事になる。2017年12月に採択された安保理対北制裁決議2397号は、「北朝鮮が弾道ミサイル技術や核実験、またはあらゆる挑発を使用する追加発射をしてはならないとする(安保理)決定を再確認する」と明示している。

韓国の文在寅大統領も9日、就任2周年の対談で「たとえ短距離であっても、弾道ミサイルであれば、国連安保理決議違反の素地も無くはないと考える」と話している。

韓国の合同参謀本部は、「9日午後4時29分と4時49分頃、平壌北道亀城地域から短距離ミサイルと推定される未確認飛翔体をそれぞれ1発ずつ、計2発を東の方角に発射した」と、「推定飛行距離は約420kmと約270km、高度は約50km」と伝えた。

翻訳︰水野卓

関連記事

ピックアップ記事

  1. 韓国政府が今年6月まで仮想通貨取引を集中的に取り締まる。韓国金融委員会は仮想通貨の出金モニタリング…
  2. 写真は総理官邸ホームページから 米国のジョー・バイデン大統領は今月16日に米国で開かれる、日本の菅…
  3. 主要産油国が新型コロナウイルス感染症の世界的な流行解消と大々的な景気反騰に備え、今後3ヶ月の間に原…
  4. ―韓国疾病庁、予定より3ヶ月前倒しで実用化―丁世均首相「海外でも使える様に推進」 韓国版のブロック…
  5. 「美容大国」である韓国独自の特殊化粧品技術とビューティー商品を日本に紹介している株式会社TEISH…

おすすめ記事

  1. 韓国政府は31日、9月3日0時から海外入国者に義務付けられていた入国前のコロナ検査と陰性証明書の提出…
  2. 米国内でマリファナ(大麻)を吸う人がタバコ喫煙者より多くなったという結果が発表された。 米国の放送C…
  3. F.ableが特別なライブ公演を企画した。 F.ableの所属事務所は最近「F.able3rdSin…
  4. 駐神戸大韓民国総領事館は、「2022神戸K-POPソング&ダンスコンテスト」を開催します。 K-Po…
  5. 製紙や化粧品などを流通する「SUNOCS(サンオクス、代表:太川玉緒)」は、6月9日〜10日にインテ…
ページ上部へ戻る
Translate »