北朝鮮、ミサイル発射場の周辺で新たな動き

「東倉里ミサイル発射場の周辺に動き」

北朝鮮・東倉里(トンチャンリ)ミサイル発射場で施設の補強とみられる低強度の動きが捕捉されたと、米国の北朝鮮専門メディア「38ノース」が16日(現地時間)に報じた。

記事によると、今月10日に撮影された衛星写真を分析した結果、ミサイル発射と関連する施設で低レベルの活動が観測されたという。ただしエンジン試験台と発射台では3月8日以降、新しい活動が捕捉されていないと付け加えた。

38ノースが問題視する施設は、ロケットやミサイルの組み立てや点検の目的で建てられたと思われる建物で、「同建物の新しい構造物に屋根を上げる工事が4月18日に完了したとみられる。この構造物の工事は昨年9月に初めて捕捉され、現在は内部工事が進められている可能性がある」と報じている。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 米国投資銀行ゴールドマン・サックスが、新型コロナウイルスの拡散により米国の第2四半期の国内総生産(G…
  2. 日本政府が新型コロナウイルス感染症の拡散防止のため、韓国と中国発の入国制限措置を4月末まで延長するこ…
  3. ヨーロッパではイタリアに続きスペインも新型コロナウイルス感染症による死者の数が中国を超えた。現在、全…
  4. 国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長は、1年延期された東京五輪の開催時期について「夏に限定し…
  5. 写真はpixabayから 英国王室のチャールズ皇太子が新型コロナウイルスに感染したことが分か…

おすすめ記事

  1. 韓国の文在寅大統領は30日、新型コロナウイルスの感染拡大による経済危機克服策の一環として、「所得下位…
  2. 米国カリフォルニア州の共和党の下院予備選候補だったジョアン・ライト氏は先月27日、自身のツイッターで…
  3. 韓国の人口が、3カ月連続で「自然減」となったことがわかった。婚姻と出産が急減したことが原因で、出生児…
  4. 韓国企業が、マスクの再利用が可能となる抗菌剤を開発し、注目を集めている。科学専門企業「Ventex」…
  5. 韓国京畿道城南市陽地洞(ソンナム市ヤンジ洞)にある教会「恩恵の川」の信徒40人が新型コロナウイルスに…
ページ上部へ戻る
Translate »