北朝鮮、ミサイル発射場の周辺で新たな動き

「東倉里ミサイル発射場の周辺に動き」

北朝鮮・東倉里(トンチャンリ)ミサイル発射場で施設の補強とみられる低強度の動きが捕捉されたと、米国の北朝鮮専門メディア「38ノース」が16日(現地時間)に報じた。

記事によると、今月10日に撮影された衛星写真を分析した結果、ミサイル発射と関連する施設で低レベルの活動が観測されたという。ただしエンジン試験台と発射台では3月8日以降、新しい活動が捕捉されていないと付け加えた。

38ノースが問題視する施設は、ロケットやミサイルの組み立てや点検の目的で建てられたと思われる建物で、「同建物の新しい構造物に屋根を上げる工事が4月18日に完了したとみられる。この構造物の工事は昨年9月に初めて捕捉され、現在は内部工事が進められている可能性がある」と報じている。

関連記事

ピックアップ記事

  1. ‐ビットコイン、1万6000ドル台まで下落‐大口投資家による大量売却の可能性も‐OKEx出金再開で…
  2. 価格上昇が続く仮想通貨ビットコイン(BTC)は現地時間24日、1万9000ドルを突破した。コインデ…
  3. 仮想通貨ビットコイン(BTC)が留まる事無く上昇を続けている。現地時間16日以降は1日に1000ド…
  4. 米モデルナの新型コロナワクチンが現地時間16日、ニューヨーク株式市場を再び史上最高値に引き上げた。…
  5. 韓国で13日より室内公共施設などでマスクを着用しなかった場合、10万ウォン(約9400円)の過料が…

おすすめ記事

  1. 済州経済通商振興院東京通商代表部(所長:崔 滄勳)は、11月16日から日本最大の韓流通りである東京…
  2. 韓国のモバイルラーニングシステム開発会社Newin Inc.が日本法人として「株式会社Newin J…
  3. 世界で新型コロナウイルス感染症による死亡者はこれまで約100万人。世界各国が防疫に力を入れているが、…
  4. 済州経済通商振興院(院長:文寬永)がコロナ19によるパンデミック(世界的大流行)の中でも、オンライ…
  5. 韓国の昨年の出生数が最低水準の30万人台序盤に下がった事で、合計出生率も0.92人まで下落した。この…
ページ上部へ戻る
Translate »