「末期がんです。助けてください」…54回にわたり120万円をだまし取る事件

「末期がんです。助けてください」…54回にわたり120万円をだまし取る事件

-20代男に実刑…中古サイトでも1千万ウォンの詐欺

インターネット上で末期がん患者を装い、経済状況が苦しいと嘘をついて不特定多数のユーザーから巨額の金をだまし取ったとして、20代の男が実刑判決を受けた。

29日、韓国法務関係者によると、職業不詳のイ容疑者(26)は昨年12月から今年3月にかけ、あるコミュニティサイトでがん患者だと詐称していた。イ容疑者は、同サイトで知り合ったA氏に対し、「現在がん闘病中だが、お金が無いため治療も受けられず、住所も不定の状態だ。屋外ではとても寒くて寝られないので、サウナなどでもいいから行きたい。お金を貸してくれれば必ず返す」と嘘をつき、これを気の毒に思ったA氏は、4か月間で計22回にわたり781万ウォンを容疑者宛に送金した。

イ容疑者の詐欺行為はその後も続いた。昨年12月には自身が末期がん患者でいつ死亡してもおかしくないとアピールし、ダイレクトメッセージを通してB氏に「食費を貸してくれれば必ず返す」と持ち掛けた。B氏は3か月間で計16回にわたり約217万ウォンを送金した。

また今年1月には「孤児として育ったため、面倒を見てくれる人がおらずコシウォン(受験生用の勉強部屋)で暮らしている。交通代を貸してくれれば必ず返す」と偽り、C氏に3か月間で16回にわたり214万ウォンを送金させた。

イ容疑者がサイトを通じて3人から金をだまし取った回数は54回に及び、総額は1200万ウォン以上に達する。

他にもイ容疑者は、今年2月に中古サイトで「72万ウォンでノートパソコンを譲る」という旨の文章を掲載し、入金後に商品を送らないという手口で、32回にわたり約1000万ウォンを不正に受け取った。イ容疑者は詐欺容疑で起訴され、ソウル東部地裁・刑事9単独(チョン・へウォン判事)は、イ容疑者(26)に対し懲役1年6か月を言い渡した。

裁判部は「被告のこれまでの犯行は、被害者らの信用を裏切る悪質な行為であるという点、複数回にわたり同様の犯行を重ねているという点、被害者は多数にのぼり、彼らが被告に対し厳罰を望んでいる点」と判決理由を説明した。

翻訳者:M.I

関連記事

ピックアップ記事

  1. 世界最大民泊仲介の米エアビーアンドビー(Airbnb)が新規株式公開(IPO)を準備していると明らか…
  2. サウジアラビア政府がサウジの富豪らに対し、国営石油企業アラムコのIPO(新規株式公開)時に株式の大量…
  3. 安倍晋三首相と韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領が今月下旬開催の国連総会に出席するため、米ニューヨ…
  4. 韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領の支持率が40%台前半に落ち込んだ。世論調査会社「リアルメーター…
  5. 今年8月に日本を訪れた韓国人観光客数が前年の半分程度に急減した事が分かった。前年の数字を基準として見…

おすすめ記事

  1. 韓国でアフリカ豚コレラ(ASF)が拡散の兆しを見せているなか、豚肉の価格が暴騰する動きを見せ懸念が高…
  2. 北朝鮮が食肉供給のためにウサギ飼育に心血を注いでいる。金正恩北朝鮮国務委員長もウサギの肉をさらに多く…
  3. LINE、日本で仮想通貨取引所オープン…クリプト金融市場開拓へ -BTC・ETH・XRP・B…
  4. [ワールドリポート] 炎に包まれる地球 北極やシベリア、インドネシア、ついにはアマゾンまで。…
  5. 写真は香港の行政トップ林鄭月娥行政長官/香港政府公式ホームページから 「逃亡犯条例」撤回引き…
ページ上部へ戻る