「末期がんです。助けてください」…54回にわたり120万円をだまし取る事件

「末期がんです。助けてください」…54回にわたり120万円をだまし取る事件

-20代男に実刑…中古サイトでも1千万ウォンの詐欺

インターネット上で末期がん患者を装い、経済状況が苦しいと嘘をついて不特定多数のユーザーから巨額の金をだまし取ったとして、20代の男が実刑判決を受けた。

29日、韓国法務関係者によると、職業不詳のイ容疑者(26)は昨年12月から今年3月にかけ、あるコミュニティサイトでがん患者だと詐称していた。イ容疑者は、同サイトで知り合ったA氏に対し、「現在がん闘病中だが、お金が無いため治療も受けられず、住所も不定の状態だ。屋外ではとても寒くて寝られないので、サウナなどでもいいから行きたい。お金を貸してくれれば必ず返す」と嘘をつき、これを気の毒に思ったA氏は、4か月間で計22回にわたり781万ウォンを容疑者宛に送金した。

イ容疑者の詐欺行為はその後も続いた。昨年12月には自身が末期がん患者でいつ死亡してもおかしくないとアピールし、ダイレクトメッセージを通してB氏に「食費を貸してくれれば必ず返す」と持ち掛けた。B氏は3か月間で計16回にわたり約217万ウォンを送金した。

また今年1月には「孤児として育ったため、面倒を見てくれる人がおらずコシウォン(受験生用の勉強部屋)で暮らしている。交通代を貸してくれれば必ず返す」と偽り、C氏に3か月間で16回にわたり214万ウォンを送金させた。

イ容疑者がサイトを通じて3人から金をだまし取った回数は54回に及び、総額は1200万ウォン以上に達する。

他にもイ容疑者は、今年2月に中古サイトで「72万ウォンでノートパソコンを譲る」という旨の文章を掲載し、入金後に商品を送らないという手口で、32回にわたり約1000万ウォンを不正に受け取った。イ容疑者は詐欺容疑で起訴され、ソウル東部地裁・刑事9単独(チョン・へウォン判事)は、イ容疑者(26)に対し懲役1年6か月を言い渡した。

裁判部は「被告のこれまでの犯行は、被害者らの信用を裏切る悪質な行為であるという点、複数回にわたり同様の犯行を重ねているという点、被害者は多数にのぼり、彼らが被告に対し厳罰を望んでいる点」と判決理由を説明した。

翻訳者:M.I

関連記事

ピックアップ記事

  1. 韓国政府が今年6月まで仮想通貨取引を集中的に取り締まる。韓国金融委員会は仮想通貨の出金モニタリング…
  2. 写真は総理官邸ホームページから 米国のジョー・バイデン大統領は今月16日に米国で開かれる、日本の菅…
  3. 主要産油国が新型コロナウイルス感染症の世界的な流行解消と大々的な景気反騰に備え、今後3ヶ月の間に原…
  4. ―韓国疾病庁、予定より3ヶ月前倒しで実用化―丁世均首相「海外でも使える様に推進」 韓国版のブロック…
  5. 「美容大国」である韓国独自の特殊化粧品技術とビューティー商品を日本に紹介している株式会社TEISH…

おすすめ記事

  1. フェイクニュースが仮想通貨市場を揺さぶっている。世界最高のオフライン流通企業ウォルマートと時価総額…
  2. (写真:SUNOCSの太川玉緒代表(左)で大韓障礙人体育会のイ・ヒョンオク訓練本部本部) 日韓両国…
  3. (写真は、SUNOCSの太川玉緒会長(左)と大韓障礙人体育会の朴容奭(パク・ヨンソク)現地支援団長…
  4. -企業評価額は約122億円に到達、国内の事業多角化と組織基盤の強化へ 株式会社HYPERITHM(…
  5. 1回目のワクチン接種(5/9)では当日就寝後に注射を受けた部位付近に張りを感じ、以後2日間は腕を伸…
ページ上部へ戻る
Translate »