アップル、「仮想通貨市場を注視している」

アップル、「仮想通貨市場を注視している」

■アップル、仮想通貨の可能性を認める
アップルが仮想通貨市場に深い関心を持っていると、米ニュース専門チャンネルCNNが5日、報じた。アップルペイ事業部門を統括しているジェニファー・ベイリー副社長はインタビューで「仮想通貨市場の動向を注視しており、長期的な潜在力を秘めていると考えている」と述べた。アップルは2014年にモバイル決済サービスであるアップルページを披露したが、仮想通貨分野に直接的な関心を示さなかった。

一方、仮想通貨アナリストであるルーク・マーティン氏は今年4月に「アップルが仮想通貨市場に参入すれば、フェイスブックのリブラ以上の衝撃をもたらすだろう」と語った。

■米NSA、“量子抵抗暗号化技術”を開発中
5日(現地時間)、コインデスクなど海外メディアによると、米国の情報機関である国家安全保障局(NSA)が量子コンピュータでも解くことができない強力な暗号体系である「量子抵抗暗号化技術(Quantum-Resistant Crypto)」を開発しているという。量子コンピュータが実用化されると、既存の暗号システムをベースにした各種のセキュリティと認証システムはもちろん、ビットコインのような仮想通貨秘密鍵が無力化される可能性がある。

Copyright ©The financialnewsjapan. All rights reserved.

関連記事

ピックアップ記事

  1. 19日に開かれた第11回韓米防衛費分担交渉の3次会議が予定通り進まず早く終了した。午前10時に始まり…
  2. 中国の習近平国家主席が仮想通貨について「金融詐欺」という言葉を発したことで、仮想通貨が全面安の動きを…
  3. 韓国産業通商資源部と韓国貿易協会が18日に発表した資料によると、今年1月から10月まで対日本の貿易収…
  4. 香港に駐留している中国人民解放軍(PLA)が香港の街に現れた。デモで汚くなった道路などを掃除するため…
  5. 米連邦準備制度理事会(FRB)がステーブルコインによって世界金融市場に小さくない打撃がくると警告した…

おすすめ記事

  1. 韓国ゲーム物管理委員会のイ・ジェホン委員長がブロックチェーンゲームと関連して「歓迎する」との立場を明…
  2. 北朝鮮が国を挙げて観光産業育成に乗り出したなか、観光大国であるキューバ共和国がロールモデルになるかも…
  3. 韓国の海外旅行ガイドアプリ「トリプル」が今年12月第3週から来年年初までの約3週間登録された旅行日程…
  4. 沖縄にある首里城の火災は韓国人が放火したのではないかというデマが広がっている。…
  5. 北朝鮮は25日、金剛山観光地区から韓国側の施設を撤去する計画の議論を求める通知文書を発送した。…
ページ上部へ戻る