米財務省、50年債の発行検討

米財務省、50年債の発行検討

米国政府が急速に増える債務に対応するため、50〜100年にも及ぶ超長期国債の発行を検討している。

ムニューシン米財務長官は12日、米メディアCNBCとのインタビューで「来年頃に50年債を発行する案を非常に真剣に検討している」とし「超長期債であり、市場の需要があるとみている」と述べた。米国は過去1911年に50年満期の債券を発行したことがあるが、現在発行している国債のうち、有効期限が最も長い債券は30年債だ。

また、ニューヨークタイムズ(NYT)によると、ムニューシン長官は同日、ワシントンDCで開催されたフォーラムに参加し、「私たちは潜在的にポートフォリオを拡大することを追求している」とし「適切な需要があれば、50年債を発行する」と改めて強調。続けて「もしこのような国債(50年満期)が成功すれば、100年債の発行も考慮する」と述べた。

このような発言が出た背景には、どんどん膨らんでいる米連邦政府の財政赤字がある。米財務省がこの日に発表した資料によると、連邦政府の今年度の財政赤字は1兆ドルを突破した。米連邦政府の年間財政赤字額が1兆ドルを超えたのは7年ぶりとなる。トランプ政権の減税政策と支出の増加により、財政赤字が予想よりも急速に増加しているとみられる。

専門家らは、米政府が超長期国債の発行を模索することは、急速に増える債務返済の負担を軽減するためと分析している。ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)はムニューシン長官の発言について、歴史的な低い政策金利が続いている状況で、低金利で資金を借入しようとする狙いとみている。

Copyright ©The financialnewsjapan. All rights reserved.

関連記事

ピックアップ記事

  1. 韓国政府は、ビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)のような仮想通貨の取引収入に対する課税案作…
  2. gjsr
    来年の世界の株式市場は米国の「10年天下」が幕を下ろし、日本、韓国、ドイツ、中国などの新たな「10年…
  3. 写真はBTSのオフィシャルSNSから BTS(防弾少年団)が披露する新しい複合体験空間「BT…
  4. 米国のトランプ大統領が大陸間弾道ミサイルの実験を再開したとみられる北朝鮮に強力な警告のメッセージを送…
  5. 石油輸出国機構(OPEC)が総会で減産量をより増やすこと議論し、合意にほぼ達したことがわかった。5日…

おすすめ記事

  1. 日本のソフトバンクと韓国のNAVERが結んだ「テックフィン同盟」では、ブロックチェーン技術が統合会社…
  2. 中国がブロックチェーン・仮想通貨技術を元にした「デジタル人民元」発行の秒読み段階に入った。専門家らは…
  3. 韓国ゲーム物管理委員会のイ・ジェホン委員長がブロックチェーンゲームと関連して「歓迎する」との立場を明…
  4. 北朝鮮が国を挙げて観光産業育成に乗り出したなか、観光大国であるキューバ共和国がロールモデルになるかも…
  5. 韓国の海外旅行ガイドアプリ「トリプル」が今年12月第3週から来年年初までの約3週間登録された旅行日程…
ページ上部へ戻る