米財務省、50年債の発行検討

米財務省、50年債の発行検討

米国政府が急速に増える債務に対応するため、50〜100年にも及ぶ超長期国債の発行を検討している。

ムニューシン米財務長官は12日、米メディアCNBCとのインタビューで「来年頃に50年債を発行する案を非常に真剣に検討している」とし「超長期債であり、市場の需要があるとみている」と述べた。米国は過去1911年に50年満期の債券を発行したことがあるが、現在発行している国債のうち、有効期限が最も長い債券は30年債だ。

また、ニューヨークタイムズ(NYT)によると、ムニューシン長官は同日、ワシントンDCで開催されたフォーラムに参加し、「私たちは潜在的にポートフォリオを拡大することを追求している」とし「適切な需要があれば、50年債を発行する」と改めて強調。続けて「もしこのような国債(50年満期)が成功すれば、100年債の発行も考慮する」と述べた。

このような発言が出た背景には、どんどん膨らんでいる米連邦政府の財政赤字がある。米財務省がこの日に発表した資料によると、連邦政府の今年度の財政赤字は1兆ドルを突破した。米連邦政府の年間財政赤字額が1兆ドルを超えたのは7年ぶりとなる。トランプ政権の減税政策と支出の増加により、財政赤字が予想よりも急速に増加しているとみられる。

専門家らは、米政府が超長期国債の発行を模索することは、急速に増える債務返済の負担を軽減するためと分析している。ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)はムニューシン長官の発言について、歴史的な低い政策金利が続いている状況で、低金利で資金を借入しようとする狙いとみている。

Copyright ©The financialnewsjapan. All rights reserved.

関連記事

ピックアップ記事

  1. 中国の経済成長率が史上最低水準に低下した。中国の景気減速速度が速くなり、今年の経済成長率が6%前半で…
  2. BTS(防弾少年団)の所属事務所ビッグヒットエンターテインメントは18日、ソウル・江南区にBTSのポ…
  3. グローバル・ブロックチェーン・仮想通貨プロジェクト「リブラ(Libra)」を主導するフェイスブックの…
  4. 約2週後に迫った英国のEU脱退(ブレグジット)をめぐり、英国と欧州連合(EU)が劇的に新しい脱退協定…
  5. 米動画配信大手ネットフリックスが今年第3四半期に市場予想を上回る純利益を記録した。しかし新規加入者数…

おすすめ記事

  1. 今年6月に沖縄県那覇市で中国人観光客をAEDで助けた蔚山(ウルサン)消防本部職員に那覇市消防局長から…
  2. フェイスブックの仮想通貨リブラの同盟が急激に揺れ動いている。世界最大のオンライン決済企業のひとつ、ペ…
  3. 今年下半期に日本円の価値が世界各国の通貨の中で最も大幅に上昇するとの見通しだ。世界的な景気沈滞への憂…
  4. 韓国外交部は27日、声明を出し、「日本の防衛白書は、我々の固有の領土である独島(竹島)に対して領有権…
  5. 韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領の支持率が40%台前半に落ち込んだ。世論調査会社「リアルメーター…
ページ上部へ戻る