グーグル中国再参入?バイドゥ「勝つ準備はできている」

グーグル中国再参入?バイドゥ「勝つ準備はできている」

中国本土への復帰を狙っているグーグルに対し、中国検索エンジンの最大手バイドゥ(百度)が自信を示した。

バイドゥの最高経営責任者(CEO)であるロビン・リー氏は7日(現地時間)、自身のSNSに「グーグル(Google)が中国に再参入しても競争で勝つ準備はできている」と投稿した。また「両社が対決を繰り広げる場合、バイドゥが再び勝つだろう」とし、「(グローバル競争でも)現在、中国企業の能力も高く、自信も持っている」と付け加えた。

グーグルは2010年、中国政府の検閲強化に反発し、中国から撤退した。しかし、中国の検閲規制に合わせた検索エンジンとクラウドのサービスを開発し、中国再参入を計画しているというニュースが報道された。同報道の影響でバイドゥの株価は7.7%も急落した。マスコミなどでは、株式市場の警戒感が高まることを懸念したバイドゥのCEOが急いで鎮火に乗り出したと見ている。

関連記事

ピックアップ記事

  1. アンニョンハセヨ。 去年から自粛生活が続くなかで家にいる間に韓国ドラマに、はまった方が多いそうです…
  2. −「アップルと自動運転車の開発協議を進めていない」−現代自動車・KIA・現代モービス、公式に発表−…
  3. 軍部に監禁されたアウンサンスーチー国家顧問 今月1日、クーデターでミャンマー政府を掌握した軍部指導…
  4. - inno.N胃食道逆流疾患新薬ケイキャップ錠、中国許可審査着手- 2015年に中国ロシン(Lu…
  5. イメージはゲームストップの公式Twitterより。 米株式市場で最近、機関投資家らに対抗してゲーム…

おすすめ記事

  1. 趙善玉料理研究院の韓国語料理教室案内 最近、本当に韓国のテレビで料理番組やタレントさん達がいろいろ…
  2. 養子となって僅か10ヶ月、養父母による虐待で死亡したジョンインちゃん(養子縁組後の名前:アン・ユル…
  3. 韓国で初めて猫の新型コロナウイルス感染事例が発生した。写真は本社DB −「人への感染事例は無い」 …
  4. ニューヨーク・タイムズに掲載されたキムチの広告。写真は徐敬德教授が提供。 韓国誠信女子大の徐敬德教…
  5. −年末年始を前に特段の対策が必要−ソウル市、5人以上の集合禁止方針決まる 新型コロナウイルス…
ページ上部へ戻る
Translate »