“大麻密輸容疑”のCJグループ長男に懲役5年求刑

CJグループ長男のイ・ソンホ(29)氏。写真はCJグループのサイトから

“大麻密輸容疑”のCJグループ長男に懲役5年求刑

韓国検察が7日、大麻密搬入および使用容疑で拘束起訴されたCJグループ長男に懲役5年を求刑した。

検察側は裁判でCJグループ長男のイ・ソンホ(29)氏について「大麻買収にとどまらず、国内に大麻を密輸した。密輸した大麻の量が相当で、事案が重大である」と述べた。また米国で大麻を使用したことも指摘した。証拠としてイ氏が大麻を買う際に売り側と交わした内容が盛り込まれた携帯電話の記録などを裁判所に提出した。

一方でイ氏側の弁護人は「イ氏が検察庁を自ら訪ねて拘束捜査を要求するなど、心から反省している点を考慮してほしい」と伝えた。この日の法廷に立ったイ氏は最後弁論で、「誤った行動で取り返しのつかない大きなミスを犯した」とし減刑を求めた。

イ氏は9月1日、仁川国際空港を通じて液状大麻カートリッジ20個、大麻キャンディー37個、大麻ゼリー130個などを密搬入しようとした摘発された。また出張先の米ロサンゼルス(LA)などで大麻を数回使用した疑いも受けている。

イ氏の宣告公判は10月24日に開かれる予定だ。

Copyright ©The financialnewsjapan. All rights reserved.

関連記事

ピックアップ記事

  1. 写真はバイデン候補のツイッタから 米国大統領選挙が2週後に迫った状況で、民主党のジョー・バイデン候…
  2. 中国経済が新型コロナショックを乗り越えV字回復へ向かっている。不振を抜け出せなかった消費が元に戻り…
  3. 韓国行政安全部は16日、OECD(経済協力開発機構)が初めて実施した「デジタル政府評価」で韓国政府が…
  4. 米中摩擦の間で、BTSが予想外の災難に見舞われた。 中国のネットユーザーらは「BTSが好きなら売国…
  5. 米テスラのイーロン·マスク最高経営者(CEO)が、今年創立以来初めて、年間50万台を超える自動車を…

おすすめ記事

  1. -コロナ19状況下、オフラインからオンラインマーケティングにシフト 済州経済通商振興院東京通商代表…
  2. 世界で新型コロナウイルス感染症による死亡者はこれまで約100万人。世界各国が防疫に力を入れているが、…
  3. 済州経済通商振興院(院長:文寬永)がコロナ19によるパンデミック(世界的大流行)の中でも、オンライ…
  4. 韓国の昨年の出生数が最低水準の30万人台序盤に下がった事で、合計出生率も0.92人まで下落した。この…
  5. −S&P500、ダウ平均株価も上昇で終了−アップル時価総額2兆ドル、テスラ株2000ドル突…
ページ上部へ戻る
Translate »