米、仮想通貨の納税ガイドライン改正案公開

米、仮想通貨の納税ガイドライン改正案公開

■米国税庁、5年ぶりに仮想通貨の納税ガイドライン改正へ
米国税庁(IRS)が改正された仮想通貨の納税ガイドラインを公開した。改正案は過去2014年以来、5年ぶりだ。

9日(現地時間)、ビットコインエクスチェンジガイドによると、改正された納税ガイドラインにはハードフォークによる仮想通貨の資産変動、エアドロップや所得などの新しい状況に応じた課税基準が含まれている。

国税庁長のチャールズ・レティグ氏は今年5月に米国会に送った書簡で「新たな市場環境にふさわしい仮想通貨の納税改正案を準備している」とし「原則として、所得があるところに課税するという方針は変わらない」と明らかにした。

■ユニセフ、仮想通貨ファンドを披露
国連児童基金であるユニセフ(UNICEF)が仮想通貨ファンドを披露した。9日(現地時間)にコインテレグラフが報じた。

ユニセフの仮想通貨ファンドはイーサリアム財団との協力を通じて運営され、仮想通貨だけで運営と投資が行われる。ユニセフのヘンリエッタ・フォーレ事務局長は「デジタル経済と通貨は次世代の生活を変化させる可能性を秘めている。ユニセフの仮想通貨ファンドが人道主義と仮想通貨開発事業に寄与するだろう」と述べた。

国連機関で仮想通貨ファンドを設立したのはユニセフが初めてだ。

Copyright ©The financialnewsjapan. All rights reserved.

関連記事

ピックアップ記事

  1. 世界保健機関(WHO)は13日(現地時間)、新型コロナウイリス新規患者が19日、全世界で30万79…
  2. 孫正義会長率いるソフトバンクグループ(SBG)が半導体企業アームを米エヌビディアに売却する。…
  3. 北朝鮮の金正恩国務委員長が米国のドナルド・トランプ大統領に送った親書で、2人の友情を「魔法の力」と表…
  4. ソウルなどの首都圏地域を対象にした韓国政府のソーシャルディスタンス強化措置が更に延長される事となり、…
  5. ビットコイン(BTC)が1日で700ドルも急落した。特に今回の急落の背景として、韓国最大の仮想資産取…

おすすめ記事

  1. 済州経済通商振興院(院長:文寬永)がコロナ19によるパンデミック(世界的大流行)の中でも、オンライ…
  2. 韓国の昨年の出生数が最低水準の30万人台序盤に下がった事で、合計出生率も0.92人まで下落した。この…
  3. −S&P500、ダウ平均株価も上昇で終了−アップル時価総額2兆ドル、テスラ株2000ドル突…
  4. 米国のドナルド・トランプ大統領がマスクをするのが「愛国」だとツイートし、マスク着用推進に動いた。…
  5. 世界の新型コロナウイルスの累積感染者数が1000万人を超え、感染再拡大の恐怖が現実化している。ワクチ…
ページ上部へ戻る
Translate »